「ピーマン」の美味しい調理法をマスターして、子どもの好き嫌いを克服しよう!

 ピーマンの肉詰めや青椒肉絲、天ぷらや鉄板焼きなど、料理の主役にもなれるピーマンは、和食、洋食、中華など、どんな料理にも合うので、常備しておきたい野菜だ。ピーマンを使った調理法を覚えておけば、メニューに困った時にすぐに役立つに違いない。

生活・健康 オリーブオイルをひとまわし
子どもの好き嫌いをなくす【ピーマン】の美味しい調理法
  • 子どもの好き嫌いをなくす【ピーマン】の美味しい調理法

オリジナルサイトで読む >

ピーマンの肉詰めや青椒肉絲、天ぷらや鉄板焼きなど、料理の主役にもなれるピーマンは、和食、洋食、中華など、どんな料理にも合うので、常備しておきたい野菜だ。ピーマンを使った調理法を覚えておけば、メニューに困った時にすぐに役立つに違いない。

1. 調理法1:炒める

ピーマン炒めの醍醐味は、なんといっても青椒肉絲(チンジャオロースー)。細切りにした牛肉や豚肉とピーマンの組み合わせは最強。ごはんが何杯でも進むテッパンのおかずだ。作り方はちょっと複雑だが、コツさえ覚えればかんたんに作ることができる。時間がある時に挑戦してみよう。

【豚肉で作る青椒肉絲】

1. 豚もも肉の薄切りを細く切り、醤油、酒、こしょうを揉みこんで下味をつける。なじんできたら片栗粉を入れて、さらに混ぜる。
2. ピーマンと筍を細切りにする。
3. 醤油、酒、オイスターソース、砂糖を合わせたタレを用意する。
4. フライパンに油をひき、1の肉をほぐしながら手早く炒める。
5. 2を加え、熱が通ったら3の調味料を入れて混ぜ合わせればできあがり。炒めすぎると片栗粉が焦げやすいので注意する。

2. 調理法2:焼く

縦に大きめに切ったピーマンを焼いて、おかか醤油で食べるだけで旨い。炒める時と違って、焦げ目が香ばしく、日本酒が欲しくなる
1品だ。作り方は簡単。

【焼きピーマンのお浸し】

1. ピーマンを縦半分に切り、種とヘタを取り除く。
2. 胡麻油と塩をまぶす。
3. グリル(オーブントースターでも可)にアルミホイルを敷き、ピーマンを並べて焼き目がつくまで焼く。
4. 同量の醤油とみりんを合わせて水で薄め、削り節を入れて電子レンジで軽く加熱する。
5. 3のピーマンを4に浸して少し時間をおいたらできあがり。好みでラー油を入れてもよい。バーベキューなど、炭火で焼くと、なお旨い。

3. 調理法3:和える

サラダに生のピーマンの細切りを入れることがあるが、ピーマンは加熱すると和え物に向く。熱を加えることでピーマンの甘さが増すので、和風の味つけに合う。細切りだと食べやすくていいが、縦に8等分くらいにすると食べごたえがあり、満腹感も得られる。

まずはピーマンを切ってから加熱する。電子レンジだと2~3分。熱湯で1分ほどゆがいてもよい。ここまで下拵えができていれば、味付けはお好みで。定番のおかか醤油や塩昆布以外にも、いろいろとアレンジできる。

【梅おかか和え】

梅干をたたいて麺つゆと胡麻油でのばして和え、最後にかつお節を混ぜる。

【ごまドレッシング和え】

市販の胡麻ドレッシング、すり胡麻、七味唐辛子で和える。

【ツナマヨ和え】

ツナ缶とマヨネーズで和える。黒こしょうを加えると旨い。

結論

子どもが嫌いな野菜の上位にいつもランクインするピーマン。嫌いな理由は独特の苦さらしいが、大人になるとこの苦さこそが旨いと感じるようになる。家庭菜園をしている人ならわかるだろうが、とれたてのツヤツヤのピーマンは肉質が柔らかく甘い。調理法によってはやみつき料理に変身するので、いろいろなワザを覚えてピーマン料理の達人になろう。

野菜の高騰に備えて庭先やベランダで始めるピーマンの栽培投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部
監修者:
管理栄養士 出口美輪子(でぐちみわこ)

子どもの好き嫌いをなくす【ピーマン】の美味しい調理法

《オリーブオイルをひとまわし編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)