花粉症大丈夫?花粉症を緩和する方法をチェック

 そろそろ花粉症の季節だが、どのような花粉症対策を行っているだろうか?昨今は効果的なマスクやメガネ、スプレーなどさまざまな製品が登場してきており、特にマスクとメガネは対策の基本だ。花粉症対策グッズについて、効果的な使い方をまとめる。

生活・健康 オリーブオイルをひとまわし
花粉症大丈夫?花粉症を緩和する方法を、今一度確認しておこう。
  • 花粉症大丈夫?花粉症を緩和する方法を、今一度確認しておこう。

オリジナルサイトで読む >

そろそろ花粉症の季節だが、どのような花粉症対策を行っているだろうか?昨今は効果的なマスクやメガネ、スプレーなどさまざまな製品が登場してきており、特にマスクとメガネは対策の基本だ。今回改めて花粉症対策グッズについて、効果的な使い方をまとめたので、ぜひ参考にしてほしい。

1. 花粉を防ぐのにマスクやメガネはどれほどの効果があるのか?

花粉症対策といえば、薬の服用や、外出を控えたり、花粉の多そうな場所を避けるといった対策も効果的だが、やはり手軽で効果的とされているのは、マスクやメガネの着用だろう。

特に、マスクは誰でも気軽に着けやすいことから、たくさんの花粉対策用の物が販売されてもいるが、果たしてどのくらい効果があるのかをご存知だろうか?また、正しい使い方を心がけているだろうか?何事にも正しい方法というものがあるが、マスクにおいてもそれは存在するのだ。あなたはもちろんのこと、お子さんを含めた家族全体の問題であるので、詳しく知っておくべきだろう。

まず、そもそものマスク装着の効果としては、環境省のデータによると3割から8割程度の花粉を抑えることができるようだ。もちろん、よりよいマスクを使用すればさらなる効果が期待できることだろう。といっても、当然正しくマスクを装着できていることが前提なので、あらためて装着方法を見ていこう。

最も重要になるのは顔とマスクの間に隙間を作らないことであり、鼻から顎までをきちんと覆うことだ。したがって、マスクのワイヤーなどをきちんと自分の顔にフィットさせることが重要であり、そもそも顔にあったサイズや形の物を選ぶのも重要だと言えるだろう。

2. 花粉を水に分解するものや防菌成分入のスプレー塗布も効果的

正しくマスクを装着することで、大きな効果が見込めると言っても数割程は吸引していることになるのも事実だ。症状が重いなら、少しでも花粉を吸引しないことで症状の緩和を目指したいところだろう。そこでおすすめなのが、特に対策を施したマスクの使用やスプレーを併用することだ。ここでは、水に分解するものや防菌機能のあるものなどをご紹介しよう。

アレルゲンを分解する機能のあるもの

単純に花粉の侵入を防ぐことに終わらず、花粉そのものを分解して無害な水などに変えてしまおうというコンセプトのマスクなどもある。当たり前だが、侵入を完全に防ぐことは難しいので、合理的な選択肢だと言えるだろう。

原理としては、酸化チタンなどの花粉やカビ、ハウスダストといったアレルゲンのタンパク質を水などに分解できる触媒を使用していることで、種々の症状緩和に期待できるというわけだ。

マスクの上から使えるスプレー

マスクはもちろん、女性がメイクをしていても問題なく使用できるスプレーを使用するのも効果的だ。原理としては、銀イオンなどによる反発力や被膜を形成することで、花粉の付着を防ぎ、花粉の他にもPM2.5をはじめとした微粒子にも効果が期待できるのがありがたい。

3. 花粉症対策メガネについてとマスクをした時にくもらせない方法

ここまでマスクを中心にして、花粉の侵入を防ぐ方法や原理を紹介してきたが、マスクで対策できるのは口と鼻だけだ。主要な症状としては、くしゃみや鼻水があげられるのはもちろんのことだが、目のかゆみや涙も同じくらい辛い症状だ。

その目の対策としてはやはりメガネが優秀になる。具体的な効果としては、実は一般的な視力矯正用のメガネでも実に40%程度を防ぐことができ、花粉対策が施されつつも普通のメガネの見た目に近づけているタイプだと65%程度もカットできるとされている。

よりゴーグルのように目から外気を遮断できるようなものであれば、さらなる効果が期待できるし、普段メガネをかけている人用に後付で花粉対策のパーツをつけられる商品も販売されているなど、選択肢も多い。

いつもはコンタクトという場合でも、症状が出る季節はこれらの製品を活用することを考えたほうがいいだろう。しかし、先に紹介したマスクとメガネを併用すると、くもってしまうという問題が発生しがちだ。

せっかくの対策も他の問題が出てきてしまっては満足度が下がってしまうので、簡単にできるくもり対策もご紹介していこう。

結論から言うと、ノーズパッドやくもり止めを使うのがおすすめだ。というのも、マスクから呼気がもれるのは当たり前で、完全にくもらないようにマスクで調節するのは困難だからだ。

特にくもり止めは料理や食事中などにも高い効果が期待でき、通年で使っていけるのでおすすめだ。

結論

辛い花粉症だが、マスクやメガネを使用することで原因となる花粉を大幅に防ぐことができるのを紹介した。あなたはもちろんのことだが、小さなお子さんがいるなら、少しでも発症させないように、ぜひとも今回の情報を活かして対策してあげてほしい。

投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部

花粉症大丈夫?花粉症を緩和する方法を、今一度確認しておこう。

《オリーブオイルをひとまわし編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)