サクッとした食感は「アレ」が決め手!家庭で美味しい天ぷらを楽しむ裏技

 サクッとした食感の美味しい天ぷら。家庭で楽しむ際は、ほとんどの家庭の冷蔵庫にあるであろう「アレ」を使うだけで簡単に再現できるという。美味しい天ぷらをつくるための裏技を紹介する。

生活・健康 オリーブオイルをひとまわし
あれを入れるだけ?サクサク天ぷらを家で楽しむ裏技!
  • あれを入れるだけ?サクサク天ぷらを家で楽しむ裏技!

オリジナルサイトで読む >

天ぷらは、野菜や魚介類などに衣を付けて揚げる料理。大人はもちろん子どもも大好きな天ぷらは、晩ごはんのメニューとしても人気だ。しかしこの天ぷら、家庭で作ると「ベチャッとしてしまった」「衣が分厚くなってしまった」などの失敗が起こりやすい。そこで今回は、サクサク&カリッとした美味しい天ぷらの作り方を伝授しよう!

1. 基本の天ぷらの作り方!

まずは、天ぷらの作り方の基本をおさえておこう。天ぷらを作るうえでポイントとなるのが衣作りだ。まず、ボウルに卵と冷水を入れて混ぜ合わせる。冷水を使うと衣がサラッと仕上がり、サクサクの天ぷらを揚げることができるのだ。

その後、卵水に薄力粉を加えて菜箸で軽く混ぜよう。あまり混ぜすぎず、薄力粉が少し残るくらいにとどめておくのがコツだ。ちなみに、薄力粉を先にふるっておくとより天ぷらを美味しく仕上げることができる。

衣ができたら、次は食材を油で揚げていく。揚げる前に、食材についた水分をキッチンペーパーでよくふき取っておかないとべチャッとした天ぷらになってしまうので注意しよう。その後、薄力粉を食材にまぶしてから、衣にくぐらせ油で揚げていく。油の中に一気に食材を入れると、油の温度が急激に下がってしまう。食材は少量ずつ入れていくのが基本の作り方だ。油の適温は食材によって変わる。

基本的な油の温度

低温(150~160)...れんこんやさつまいもなど、火の通りにくい食材。ししとうや大葉など、色みを出したい食材。
中温(170~180)...その他の野菜やかき揚げなど。
高温(180~190)...短時間で揚げたい魚介類など。

こちらを参考にして油の温度を管理してみよう。油に浮かぶ泡の大きさが小さくなり、食材が浮きあがってきたら天ぷらの揚げあがりのサインだ。

2. マヨネーズを使用したサクサク天ぷらの作り方!

先ほど、天ぷら作りのポイントのひとつが衣の作り方であると触れた。この衣を簡単に作ってサクサクの天ぷらに仕上げる方法を紹介しよう。それは、卵の代わりにマヨネーズを使用する方法だ。

食材についた水分は、天ぷらをべチャッとさせてしまう原因となる。しかし、卵の代わりにマヨネーズを使用すると、乳化した植物油が衣内に分散され、衣内の水分を残すことなくサクッと仕上げることができるのだ。

天ぷらの衣に使う卵には、衣をふわっと膨らませたり風味をプラスしたりする役割がある。卵が原料であるマヨネーズなら、その役割も果たすことができる。とても簡単に取り入れることができる作り方なので、ぜひ試してみてほしい。

3. ここもポイント!天ぷらを揚げる順番

天ぷらには、食材によって揚げる順番があることをご存知だろうか。作り方とともに揚げる順番も意識すると仕上がりに差が出てくるので、ぜひマスターしておいてほしい。

先に揚げるといい食材は、すぐに火が通るものやアクが少ない食材だ。たとえば、ししとうやまいたけ、しいたけ、大葉などの柔らかい野菜類。このような食材から揚げていくと油が汚れにくくなる。

油には食材のにおいが移るので、基本的にはにおいの少ない野菜類から揚げていくのが理想だ。しかし、揚げるのに時間がかかるれんこんやさつまいもなどの根菜類は、最後に回すようにしよう。肉よりも魚介類をあとに。内臓のある小魚よりも火の通りやすいえびやいかを先に。

このように揚げる順番に工夫を取り入れると、より美味しい天ぷらができあがる。作り方と一緒に揚げる順番も頭に入れておこう。

4. 裏ワザ!オーブントースターで作る揚げない天ぷら

「天ぷらを作りたいけど、作り方が難しい」「油のあと始末が面倒...」という人もいるだろう。そんな人に試してみてほしいのが、裏ワザ・揚げない天ぷらの作り方だ。油を使わずにオーブントースターで作ることができるので非常に手軽で忙しいときにも便利な作り方である。

ここでは、その裏ワザを使ったちくわの磯辺揚げ風の天ぷらの作り方を紹介しよう。斜め半分にカットしたちくわに、マヨネーズ、水、天ぷら粉、青のりで作った衣を絡ませる。そのあとオーブントースターで8~10分程加熱したら裏ワザ・ちくわの磯部揚げの完成だ。作り方が簡単なので、お弁当のおかずにも重宝しそうである。

結論

一見難易度が高そうな天ぷらも、作り方のコツをマスターすれば家庭で美味しく楽しむことができる。プロ顔負けの天ぷらを作って、家族をアッ!と驚かせてみてはいかがだろう。妻や子どもからの株が急上昇するはずだ。

日本が誇る料理・天ぷらの語源は海外の言葉から?投稿者:
オリーブオイルをひとまわし編集部
監修者:
管理栄養士 黒沼祐美(くろぬまゆみ)

あれを入れるだけ?サクサク天ぷらを家で楽しむ裏技!

《オリーブオイルをひとまわし編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)