SAPIX中学部「書く」×「話す」オンライン・レッスン導入「アウトプット」を徹底強化

 高校入試においても「聞く」「読む」「書く」「話す」の英語4技能強化が広がっていく中で、どう対策を練ると良いのだろうか。SAPIX中学部で英語を担当する當山淳氏に話を聞いた。

教育・受験 中学生
SAPIX中学部 英語教科長 當山淳氏
  • SAPIX中学部 英語教科長 當山淳氏
  • SAPIX中学部 英語教科長 當山淳氏
  • SAPIX中学部とBTがコラボした思考力を育む英語オンライン・レッスンの流れと特長。復習用ツールでは、リスニング、シャドーイング、オーバーラッピング、ディクテーションの4つの練習ができる
  • SAPIX中学部とBTがコラボした思考力を育む英語オンライン・レッスンのサンプル問題
  • SAPIX中学部 英語教科長 當山淳氏
 2020年度から本格的に動き出す教育改革は、高校入試にも変化をもたらしている。大阪府や福井県の公立高校入試における民間検定試験の活用、東京都立高校における「東京都中学校英語スピーキングテスト(仮称)」導入など、高校入試においても「聞く」「読む」「書く」「話す」の英語4技能強化が広がっていく中で、どう対策を練ると良いのだろうか。SAPIX中学部で英語を担当する當山淳氏に話を聞いた。

日本の英語教育の変化



--小学生の英語教科化、都立高校入試での英語スピーキングテストの導入が予定されていますが、日本の英語教育の変化にはどのような背景があるのでしょうか。

 環境が変わってきている点が一番大きな変化だと思います。訪日外国人や留学生の増加、外国人労働者の活用、英語を公用語化する企業の増加など、日本で英語を使う機会は今後ますます増加するものと予想されます。また、インターネットの整備により地球の裏側ともリアルタイムで話せるようになるなど、言語学習がボーダレス化しています。高校や大学、社会に出てからも英語の需要が増してくるでしょう。これからは、「英語ができる人が有利」というよりは「英語ができない人が不利」といった時代が来るのではと予測しています。

--新学習指導要領ではどのような変化がありますか。

 すでに2回行われている大学入学共通テストの試行調査からは、単語数の増加や速読力が求められることが伺えます。現行のセンター入試では知識や技能を求められていましたが、大学入学共通テストでは、思考力や表現力を見るテストになっていると感じました。英検®などの外部試験を受ける必要があるというのも「書く」「話す」力を測るためだと予想できます。

 次期学習指導要領では外国語活動が小3・小4から始まり、小5・小6では教科化されます。小学校英語では600~700単語を学び、過去形や動名詞まで学ぶことになります。これは現在の中1~中2で学習する文法事項です。中学では1,600~1,800語、高校では1,800~2,500語を学ぶことになります。中学校では使役動詞や仮定法など、現在の高校レベルの文法が求められます。

--今後、重要視される英語の学力はどのようなところでしょうか。また、どのように変わったのでしょうか。

 特徴としては全体的にレベルアップしたことと、4技能のバランスをとること、この2つがポイントだと思います。4技能のバランスをとるために「話す」「書く」を強化するように焦点があてられていますが、残りの「読む」「聞く」もレベルの高いものが要求されます。具体的に言えば、英字新聞を読んでその場で意見交換ができるといったことが高3までの目標になっています。

思考力が問われる高校入試の英語



--高校入試の変化を教えてください。

 たとえば大阪府では、2017年から英検®とTOEFLなどの資格試験を一般入試で利用できる制度を導入しています。ほかの私立高でも推薦入試ではこれまでも使われていましたが、一般入試でも対象とする高校が増えてきました。そして2021年度の中学3年生からは、都立高校入試でスピーキングテストが必須になっていきます。大きな変化の流れにあるといえるでしょう。

--ほかに大きな変化はありますか。

 特に語彙の難化が顕著です。読解問題や英作文の題材も「環境問題」や「日本文化の紹介」など、英語力だけでなく思考力や表現力が問われるものになっていきます。以前だと対話文をただ日本語訳すれば解ける問題も多かったのですが、そういった単純なものは減っていく傾向にあります。また、英作文はスピーキング力が求められているな、と感じるものが増えています。今年の都立日比谷高校の入試では、イラストを1枚見て、その状況を説明しなさいという問題が出ました。

SAPIX中学部 英語教科長 當山淳氏SAPIX中学部 英語教科長 當山淳氏

 都立高校入試の自校作成問題の英作文で使用する単語は、20単語~80単語と開きがありますが、問題の内容としては「その場で考える力」が求められているなと思うものが多かったです。埼玉県の公立高校入試では「小学生から情報リテラシーを学ぶ必要があるか」について自分の意見を英語で述べよ、という問題が出されています。試験当日までに得てきた知識にプラスアルファで、何が求められているのかを考えたり分析したりして、自分の意見を表明することが求められています。

インプットからアウトプットの順に鍛える



--難しいですね。高校入試までにどういった力を鍛えれば良いでしょうか。

 インプットからアウトプット、という順序で鍛えていくのが良いでしょう。「読む」「聞く」という練習なしに「書く」「話す」という力を身に付けるのは不可能です。単語の意味や発音の基礎をしっかり学習して、そのうえでアウトプットの練習をしなければなりません。「bus」と「bath」や「right」と「light」など、発音の違いをしっかり身に付けて話さないといけないと思います。日本人は良くも悪くも間違いを恐れます。外国人と話すときに一度で通じなかったとき、日本人は「相手が聞き取れなかった」と思うのではなく、「自分の英語が間違っていたのではないか」と思って黙ってしまうことが多いのです。

--たしかにそうかもしれません。

 海外に1年ぐらいしか滞在していない方が、現地のスーパーやレストランで、英語を専門で指導している私よりも流暢に英語を話しているのを聞いたことがあります。日本でしっかりとした語彙と文法を身に付けたうえで、経験をたくさんもつことが重要だと痛感しました。

--それですと帰国生は有利ですね。

 そうですね。帰国生は「型」を知っていますから。自分の意見を伝えたいときに「こういう定型文にのせていけば使える」という型を知ることは大切です。「私の意見では~」を「in my opinion」とすぐに言えるかどうか、「in other words~」などのよく使われる型を覚えていくことと、慣れるための機会をもつことが重要だと思います。

 また、正しい発音も大切です。SAPIX中学部ではMyET(マイイーティー)という、発音を評価するアプリを取り入れていて、小5から中3まで使っています。SAPIXの教材に掲載されている単語や例文に対応していて、自分の発音をチェックすることができます。例文を聴いて発音することもできますし、英文を読んで発音することもできますし、その両方もできます。

SAPIX中学部の新しいアウトプット強化対策



--アウトプットの学習について教えてください。

 英作文の授業では、中学1年生では英訳を、中学2年生では自由英作文をしています。「中学校で一番楽しいことはなんですか?」「日曜日の一番好きな過ごし方はなんですか?」などの質問に答えてもらい、添削をします。アウトプットの上達には添削が欠かせません。

 そして、2020年度の4月から新たに開始するのが、中学3年生のライティングとスピーキングの練習を強化する学習です。オンラインサービスのBestTeacher(以下、BT)とコラボした新メソッドで、「書く」「話す」というアウトプットの力を、4技能を伸ばしながら磨きます。

--中学3年生の本科生はBTとのコラボでどのように学んでいくのでしょうか。

 スマホやタブレットなどのオンライン学習で完結するサービスで、ライティングとスピーキングを同時に学んでアウトプットを強化します。まず所定の画面で確認し、課題に沿って話したい内容を英作文しタイピングをしていきます。習得した「型」や語彙を生かしてライティングをしていくことになります。

 ネイティブの先生による添削を受けて戻ってきた文章には、修正した理由の説明が書かれています。そうして出来上がった文章をリスニングしたりディクテーションしたりして復習をしていきます。その後、ネイティブの先生とカメラを通じてオンライン上で対面して、顔を見ながらスピーキングの練習をする、という流れで学んでいきます。私も利用していますが、ライティングの練習はスマホで通勤途中に行っています。ライティングの添削まで対応するオンラインレッスンはBTだけではないかと思います。

SAPIX中学部とBTがコラボした思考力を育む英語オンライン・レッスンの流れと特長。復習用ツールでは、リスニング、シャドーイング、オーバーラッピング、ディクテーションの4つの練習ができるSAPIX中学部とBTがコラボした思考力を育む英語オンライン・レッスンの流れと特長。復習用ツールでは、リスニング、シャドーイング、オーバーラッピング、ディクテーションの4つの練習ができる

--ネイティブの先生たちは日本在住の方ですか。

 英語圏を中心に世界50か国以上、世界中にいる外国人の先生です。社会人経験や指導経験など豊富な人材を厳しい審査によって採用しています。先生たちはとてもフレンドリーで褒め上手です。「perfect!」と言ってくれますし、話題が見つからないときは先生のほうから「こんな話題はどう?」と、どんどん質問してくれます。先生は予約時に選択可能で、好きな時間にいつでも受講できます。ずっと同じ先生からレッスンを受けることも可能ですし、いろいろな先生と話してみたい場合はほかの先生からレッスンを受けることもできます。

--アウトプットの練習には最適ですね。

 そうですね。都立の例題を参考にしたオリジナル問題を意図的に入れています。英検®やTOEICなど外部試験の類題や、高校入試に使えそうな問題ももちろん加えています。BTのさらに良いところは、Weblio辞書とリンクしていることです。単語を打ち込むとすぐに検索できて、参考になる例文も出てきます。自分で作りあげた文章は覚えやすいので、英作文に生かしやすいと思います。ライティングの学習にはうってつけだと思います。

SAPIX中学部とBTがコラボした思考力を育む英語オンライン・レッスンのサンプル問題SAPIX中学部とBTがコラボした思考力を育む英語オンライン・レッスンのサンプル問題

 現在の中学3年間の学習では対応が難しいレベルの入試を行っている都立トップ校もありますし、さらに難しくなる可能性もあります。都立でも私立でも、そういう高校がもっと増えてくる可能性もあります。アウトプットに限らず、小学5年生から新学習指導要領や受験に向けて段階的に対応できるSAPIX中学部の英語学習メソッドは、自信をもってお勧めできます。

思考力を育む英語オンライン・レッスン



--最後に、英語力を伸ばすためのアドバイスをお願いします。

 英語は言語なので、数をこなして、毎日触れることが重要です。話さないとやはり話せなくなってきますので、毎日続けることがとても大切です。また、4技能をバランスよく鍛えていくことが重要です。あるひとつの技能が突出するということはまずありません。「聞く力」をつけるためには「読む力」がないといけないし、「読む力」がないと「話す力」もつきません。今までの日本の英語学習は「読む」「聞く」に集中して、「書く」「話す」が不足していたわけです。その反省点を修正して、生徒にとって有利な勉強にしていこうというのが今回の教育改革の肝なのです。生徒たちにとって教育改革はプラスにしかなりません。不安になる必要は一切ないと常に伝えています。親世代は英語を勉強してもいざ海外に行ったら「まったく話せない」ということがありましたが、日本にいながら思考力を育む英語オンライン・レッスンを活用することで、毎日英語力を磨くことができます。それは日本にいながら海外の即戦力になるかもしれないということです。ぜひ英語を使う日常を自分でつくって、臆さず繰り返し勉強してほしいと思います。

--ありがとうございました。

 SAPIX中学部の中3本科生が家庭学習のツールのひとつとして活用できる、BTとコラボした思考力を育む英語オンラインレッスン。これからの教育改革に向けて英語学習に力を入れる生徒にとって、強い味方になるのではないだろうか。

 SAPIXでは11月に現在高校生のSAPIX中学部卒業生を迎えたイベント、「SAPIXフォーラム2019 ー高校生に学ぶ合格メソッドー」を実施。会場にBTの体験ブースを設置する。

SAPIXフォーラム2019 ー高校生に学ぶ合格メソッドー


日時:2019年11月4日(月・振)[男子]早慶高/[女子]難関校<進学校・早慶高>
   2019年11月23日(土・祝)[男子]難関進学校
対象:高校受験をお考えの小学5年生から中学2年生とその保護者の方
場所:SAPIX代々木ホール

「SAPIXフォーラム2019」の詳細・お申込みはこちら
 また、資料請求された方を対象に、最新の英語教育情報が満載の情報誌、「SQUARE×Y-SAPIX Journal 特別編集号」を無料進呈中。詳細・資料請求はこちらから。

※英検®は、公益財団法人 日本英語検定協会の登録商標です。
《土居雅美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)