【大学入学共通テスト2022】(1日目1/15)東進が分析スタート、地理歴史・公民から

 2022年度大学入学共通テスト(旧センター試験)の1日目。東進は、1月15日午前9時30分より試験が行われた地理歴史・公民の科目別の全体概観(速報)の掲載を開始した。

教育・受験 高校生
【大学入学共通テスト2022】(1日目1/15)東進が分析スタート、地理歴史・公民から
  • 【大学入学共通テスト2022】(1日目1/15)東進が分析スタート、地理歴史・公民から
 2022年度(令和4年度)大学入学共通テスト(旧センター試験、以下、共通テスト)1日目が1月15日に行われている。1日目には、地理歴史(世界史A/世界史B/日本史A/日本史B/地理A/地理B)、公民(現代社会/倫理/政治・経済/倫理、政治・経済)、国語、外国語(英語・ドイツ語・フランス語・中国語・韓国語:筆記/英語:リスニング)の試験が実施される。

 東進は、午前9時30分より試験が行われた地理歴史・公民の科目別の全体概観(速報)の掲載を開始した。

 「日本史B」は「大問数、設問数、マーク数に変化なし。第6問は鉄道の歴史とその役割が題材」、「世界史B」は「昨年同様、資料等を読み取りつつ世界史的な知識を連動させないと解答にたどり着けない「思考力」を問う問題が多かった」、「地理B」は「大問数、設問数は昨年から変化なし。マーク数は1つ減少」、「倫理」は「大問数、マーク数に変化なし。設問数は1増加」、「倫理、政治・経済」は「大問数に変化なし。設問数は増加、マーク数は減少」などとしている。

 東進のほか、データネット(ベネッセ・駿台)、河合塾、代々木ゼミナールなども問題分析を行っている。

大学入学共通テスト2022 特集
大学受験2022 特集
《編集部》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top