【大学入学共通テスト2022】(1日目1/15)データネットが分析スタート、地理歴史・公民から

 ベネッセ・駿台による「データネット2022」は、午前9時30分より試験が行われた大学入学共通テスト(旧センター試験)の地理歴史・公民の問題講評をスタートした。

教育・受験 高校生
 ベネッセ・駿台による「データネット2022」は、午前9時30分より試験が行われた地理歴史・公民の問題分析と講評の掲載を開始した。
  •  ベネッセ・駿台による「データネット2022」は、午前9時30分より試験が行われた地理歴史・公民の問題分析と講評の掲載を開始した。
 2022年度(令和4年度)大学入学共通テスト(旧センター試験、以下、共通テスト)1日目が1月15日に行われている。1日目には、地理歴史(世界史A/世界史B/日本史A/日本史B/地理A/地理B)、公民(現代社会/倫理/政治・経済/倫理、政治・経済)、国語、外国語(英語・ドイツ語・フランス語・中国語・韓国語:筆記/英語:リスニング)の試験が実施される。

 ベネッセ・駿台による「データネット2022」は、午前9時30分より試験が行われた地理歴史・公民の問題分析と講評の掲載を開始した。科目別に構成や出題量などについて掲載している。なお、下記は午後0時30分現在の情報。

 「世界史B」は「世界の人口の推移の表と文章を組み合わせて考える問題が出題され、思考力が問われた」、「日本史B」は「史料文が増加、現代的テーマや調べ学習の切り口からの出題が継続された」、「地理B」は「第2問は環境問題的な観点で資源の利用について出題。分野を横断した理解が求められた」などと分析している。

 SNS上で難化したとの声も多かった日本史Bの難易度については「昨年並」との分析。

 ベネッセ・駿台は、共通テスト2日目が終了する1月16日夜には、予想平均点も発表する予定だ。

 データネット(ベネッセ・駿台)のほか、東進、河合塾、代々木ゼミナールなども問題分析を行っており、順次公開される見込み。

大学入学共通テスト2022 特集
大学受験 特集
《編集部》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top