節電を緩和してほしいもの、1位は「鉄道の本数削減」 5枚目の写真・画像

 マクロミルは15日、群馬県、栃木県、茨城県、埼玉県、東京都、千葉県、神奈川県、山梨県の20才以上の男女に、「節電に関する調査」を実施した結果を公表した。調査期間は7日〜8日で有効回答数は500名。

生活・健康 交通・クルマ
どのような節電をしているか どのような節電をしているか
どのような節電をしているか どのような節電をしているか

特集

page top