【2023年最新】ビジネス実務法務検定のおすすめ通信講座ランキング|主要8社を徹底比較

ビジネス実務法務の受験者数を確認してみると、ここ数年で受験者数に大きな変動はないため、ビジネス実務法務の資格の需要は減っていないと判断できます。特に2020年に落ち込んだ受験者数は、どの級も2021年には大幅に増えているため、今後も確実に資格の需要は伸びていくでしょう。

実施年度受験者数
20191級453人
20192級12,552人
20193級21,061人
20201級372人
20202級6,890人
20203級9,372人
20211級458人
20212級8,282人
20213級14,279人
参考:東京商工会議所|ビジネス実務法務検定試験 試験結果

そんな中、ビジネス実務法務検定の講座を始める会社と取り上げるメディアも急増しています。

しかし「サービスや情報が増えれば増えるほど、どれを選んで良いのかわからなくなってしまう」という意見が当サイトに多く寄せられるのが現実…。

今、このページを見ていただいている方を含め、せっかく学習意欲が高いにも関わらず、”初めの一歩”を踏み出せない方を一人でも減らすため!

当ページでは次のようなポイントに絞って、わかりやすく解説していきます。

・重要な3つの選び方に沿ってポイントを徹底比較
・「独学でも合格できるのか?」など、あるあるのお悩みを解決
・おすすめは評価が高いTOP4に絞って詳しく解説
(それ以外のサービスに関しても簡潔に調査結果をまとめています)

スキマ時間が5分あればビジネス実務法務検定の講座について理解できるよう、わかりやすい形式で調査データをまとめました!

まずは大本命の「おすすめランキング」から見ていきましょう。

目次

ビジネス実務法務検定のおすすめ通信講座ランキングTOP8

それでは早速、気になるランキングを見ていきましょう。

今回のランキングでは、数あるビジネス実務法務検定のおすすめ通信講座8社から以下のような調査を実施することで厳選しました。

【当ページで実施調査した項目】
受講費用の安さ
講義の質
教材の充実度
サポート体制
運営会社の信頼性

具体的には上記5つの項目において合計100点で評価してランキング化し、ご紹介しています。

1位:スタディング|アプリ1つだけで合格に近づけられる

出典:スタディング

【ランキング評価】

受講費用の安さ19/20(点)
講義の質19/20(点)
教材の充実度20/20(点)
サポート体制18/20(点)
運営会社の信頼性19/20(点)
総合得点95/100(点)

★評価項目の分析★

ー受講費用の安さー
ビジネス実務法務検定試験® 3級合格コース[2022年試験対応]4,378円(税込)
ー講義の質ー
Webだけで基礎学習から実力定着まで養うことができる
ー教材の充実度ー
テキストから問題集まで幅広く提供
ーサポート体制ー
無料セミナーを随時実施中
ー運営会社の信頼性ー
合格者の声が記載されている

評価内容を❒公式サイトで確認

1位のスタディングでは3級と2級の試験対策講座が開講されています。3級と2級をまとめて受講できるセットコースもありますが、どのコースも受講費用が安く気軽に挑戦しやすいところが魅力的です。テキストも問題集もWebで提供されるので、デバイスさえあれば好きな時間にどこにいても学習や問題を解くことができます。受講しようか迷っている方には、無料の講座セミナーも開催されているので、雰囲気を確かめて受講前のギャップを潰しておくことをおすすめします。

【まとめると…】
◎メリット
→3級コースは安価に挑戦できる
→デバイスがあればどこでも学習・演習を解ける
→無料セミナーで雰囲気を確かめられる

✗デメリット
→質問回答サービスがないためフィードバックを貰えない
→合格模試の解説講義がなく直前に不安が残る可能性も

スタディング公式サイトにて詳しいコース料金チェック可能

【ビジネス実務法務検定試験講座|3つの評価ポイント】

▽①問題集や復習機能が豊富で定着させやすい
スタディングはアプリで問題集を提供してくれますが、解いた問題のうち自分でチェックをつけた問題は横断して復習できる機能が付いています。一度解いた問題も効率良く復習できるシステムなので、手軽に自分の間違えた問題や迷いやすい問題の解き方を習得できます。

▽②勉強仲間を見つけることでモチベーションに繋げられる
スタディングには勉強仲間機能があります。同じ講座を受講しているユーザーと繋がることで、お互いの資格勉強のモチベーションアップに繋がります。相手の勉強内容にいいねを付けたり、分からないところは相談するといった活用方法もあります。

▽③講師による映像講義を倍速で何度も確認できる
講師が解説してくれる映像講義では丁寧に講義内容を説明してくれます。映像講義は受講期間中に何度でも再生して復習することができますが、再生機能の一つに倍速モードがあります。通常のスピードが倍速になることで、1回の講義をかなりスピーディに習得できます。一度受けた講義を倍速再生で頭に入るまで何度も聞くという方法で理解度を伸ばせます。

【スタディングの基本情報まとめ】

スクロールできます
コースごとの料金(税込)・ビジネス実務法務検定試験® 3級,2級セットコース[2022年試験対応]19,800円
・ビジネス実務法務検定試験® 2級合格コース[2022年試験対応]18,260円
・ビジネス実務法務検定試験® 3級合格コース[2022年試験対応]4,378円
カリキュラムの特徴・映像基礎とテキストで基礎を学ぶ
・学習フローで効率良く学べる
・問題横断復習機能で繰り返し復習
・問題集や模試で実践形式に慣れる
教材/テキスト・映像講座・テキスト(Web)
・スマート問題集
・テーマ別試験形式問題集
・合格模試(IBT/CBT試験)
eラーニング・あり
合格率/実績・合格者の声記載あり
サポート体制・無料セミナーを実施中
・学習レポートで進捗状況を可視化
・同じ受講生と繋がれる勉強仲間機能
・映像講義のダウンロードでオフラインでも視聴可能
お得なキャンペーン・全講座受講費用10%オフクーポンプレゼント

2位:LEC東京リーガルマインド|予備校のように試験対策ができる

出典:LEC東京リーガルマインド

【ランキング評価】

受講費用の安さ18/20(点)
講義の質20/20(点)
教材の充実度17/20(点)
サポート体制19/20(点)
運営会社の信頼性16/20(点)
総合得点90/100(点)

★評価項目の分析★

ー受講費用の安さー
ビジネス実務法務検定試験®3級スマート合格講座(Web) 10,000円(税込)
ー講義の質ー
法律知識の習得より試験に効率良く合格できるよう特化した講座
ー教材の充実度ー
現役司法書士による映像講義
ーサポート体制ー
映像講義は何度でも視聴できる環境
ー運営会社の信頼性ー
法律系資格で多数合格者輩出

評価内容を❒公式サイトで確認

2位のLECでは3級と2級の試験対策ができる講座が開講しており、3級・2級セットコースもあります。Web版とDVD版で受講費用が変わりますが、デバイスで簡単に学習しやすいWeb版がおすすめです。講座では現役の司法書士が分かりやすく試験対策を解説してくれます。この講座では法務関係の基礎知識から教えてくれるのではなく、とにかくビジネス実務法務検定の合格を目指した試験のコツや解き方パターンなどをメインに解説し、問題への応用力を強化できます。

【まとめると…】
◎メリット
→現役司法書士がわかりやすく試験対策を解説
→基礎知識ではなく試験の解き方に特化して応用力を強化
→法律関係の資格講座でトップレベルの企業

✗デメリット
→基礎知識がない場合は講座に付いていけない
→テキストや教材は自分で用意する必要がある

LEC公式サイトにて詳しいコース料金チェック可能

【ビジネス実務法務検定試験講座|3つの評価ポイント】

▽①試験の解き方を身につけられる
こちらの講座では試験に合格するためのコツとして覚えておきたい解き方を学べます。既にビジネス法務の知識はありながらも、試験対策が出来ないという方におすすめの講座です。LEC東京リーガルマインドは法律関係の資格取得に強い企業なので、専門講師による解説は心強いです。

▽②映像講義はDLして何度でも復習可能
映像講義は映像自体もDLして何度でも再生することができます。また、DLファイルであればオフライン環境でも気にせず学習できるところがポイントです。映像もしっかり付いているので、講師の解説と板書を確認しながらより理解を深めることができます。

▽③試験対策に的を絞り比較的安価な受講費用
試験対策に的を絞ったシンプルな講座なので、他講座に比べると比較的安価に受講することができます。コスパ良く試験に合格したいという方はスマート合格パックでまとめて2級・3級を取るという手段もおすすめです。

【LECの基本情報まとめ】

スクロールできます
コースごとの料金(税込)・ビジネス実務法務検定試験®3級スマート合格講座(Web) 10,000円
・ビジネス実務法務検定試験®3級スマート合格講座(DVD) 13,000円
・ビジネス実務法務検定試験®2級スマート合格講座(Web) 24,000円
・ビジネス実務法務検定試験®2級スマート合格講座(DVD) 28,000円
・ビジネス実務法務検定試験®3・2級スマート合格パック(Web) 30,000円
・ビジネス実務法務検定試験®3・2級スマート合格パック(DVD) 36,000円
カリキュラムの特徴・映像講義で試験の解く力をつける
教材/テキスト・映像講義
・問題集などは受講前に購入が必要
eラーニング・あり
合格率/実績・記載無し
サポート体制・映像講義をDLして視聴可能
お得なキャンペーン・退職者、離職者応援割引 受講費用20%オフ

3位:TAC|3級から1級まで試験対策を万全にできる

出典:資格の学校TAC

【ランキング評価】

受講費用の安さ16/20(点)
講義の質17/20(点)
教材の充実度18/20(点)
サポート体制19/20(点)
運営会社の信頼性17/20(点)
総合得点87/100(点)

★評価項目の分析★

ー受講費用の安さー
3級合格本科生 28,000円(税込)
ー講義の質ー
Webテストの結果を成績表/添削付きで確認できる
ー教材の充実度ー
オリジナルテキストやテストを提供
ーサポート体制ー
質問メール/カード機能で疑問を解消できる
ー運営会社の信頼性ー
合格者の声が記載されている

評価内容を❒公式サイトで確認

3位のTACでは3級から1級までの試験対策が開講しています。それぞれ随時開催中のコースですが、中には直前試験対策に取り組める開催期間が限定されたコースも多数用意されています。TACオリジナルの教材を元に講義を進めますが、テキストは紙、デジタルどちらでも利用することができます。また、講師に質問したい場合はメールまたは質問カードを使うと丁寧な回答をもらえます。オリジナルのWebテストで更に自分の理解力を試すことができるので、着実に合格まで近づけられます。

【まとめると…】
◎メリット
→オリジナルテキストは紙、デジタルどちらでも利用できる
→質問をメールまたはカードで講師、スタッフに送れる
→Webテストで自分の理解度を更に伸ばせる

✗デメリット
→どのコースは受講費用が高め
→映像講義でダウンロードできるのは音声のみ

TAC公式サイトにて詳しいコース料金チェック可能

【ビジネス実務法務検定試験講座|3つの評価ポイント】

▽①3級、2級受講者は成績表で自分の理解度を客観的に知れる
3級と2級コースを受講している方はWebテストの回答について成績表が送られます。他の受講者の正答率や自分の解答を知ることで、客観的に受講生の中での自分の立ち位置を知ることができます。特に初めて試験を受ける方にとっては試験前に弱点を知れるいいきっかけになります。

▽②1級受講者は答案添削で弱点を掴める
1級コースを受講している方はWebテストの回答について個別に答案添削をもらうことができます。具体的に自分の弱点がどこかを添削で知れるので、試験直前にどこを対策するべきか把握しやすいです。

▽③期間限定で開催されているコースも利用して更に合格の可能性を高められる
開催期間が限定されているコースには「ヤマ当て講義」や「直前予想模試」など、実際に開講されている時期に開催される試験の出題内容をTACが想定した問題が集められています。回によって傾向も変わるため、直前予想模試で万全の対策をしておくこともおすすめです。

【TACの基本情報まとめ】

スクロールできます
コースごとの料金(税込)・3,2級ダブル合格本科生 70,000円
・3,2級ステップ合格本科生 72,000円
・3級合格本科生 28,000円
・2級合格総合本科生 59,000円
・2級合格本科生 49,000円
・1級合格総合本科生 138,000円※その他期間限定開催コースあり
カリキュラムの特徴・映像講義とテキストで知識を深める
・3級,2級は成績表で自分の立ち位置を把握できる
・1級では講師による答案添削指導で弱点をつかむ
教材/テキスト・映像講義
・オリジナルテキスト(紙・デジタル)
・Webテスト
・1級論証集セレクト100
eラーニング・あり
合格率/実績・合格者の声記載あり
サポート体制・無料セミナーを毎月実施
・質問メール/カード機能
・映像講義の音声DLで繰り返し受講
お得なキャンペーン・特になし

4位:伊藤塾|法律系専門学校で初学者にもわかりやすい解説

出典:伊藤塾

【ランキング評価】

受講費用の安さ17/20(点)
講義の質17/20(点)
教材の充実度18/20(点)
サポート体制17/20(点)
運営会社の信頼性15/20(点)
総合得点84/100(点)

★評価項目の分析★

ー受講費用の安さー
3級合格講座 4,800円(税込)
ー講義の質ー
法律資格系専門学校だからこそわかりやすいカリキュラムと講義
ー教材の充実度ー
オプションであればオリジナルのデジタルテキストを確認できる
ーサポート体制ー
学習ツールでスケジュールを管理できる
ー運営会社の信頼性ー
合格者の声を一部確認できる

評価内容を❒公式サイトで確認

伊藤塾は法律に関する資格の講座を多く開講している専門学校です。専門講師も経験の深い方が集まっており、初心者にも分かりやすいカリキュラムと講義を展開してくれます。通常コースでは指定の教材を自分で用意する必要がありますが、今後展開予定のデラックスエディションを申し込むと、オリジナルテキストを展開してもらえます。受講費用もトップレベルに安価なので、法律の基礎から試験対策までしっかり理解したい方におすすめの講座です。

【まとめると…】
◎メリット
→経験のある講師だからこそ間違えやすいポイントをまとめてくれる
→オリジナルテキストで理解度を更に深める
→受講費用がかなり安いため気軽に始めやすい

✗デメリット
→分かりやすい講座なので1級対策講座がないのが残念
→デラックスエディション以外の受講生は教材を用意する必要がある

伊藤塾公式サイトにて詳しいコース料金チェック可能

【ビジネス実務法務検定試験講座|3つの評価ポイント】

▽①試験対策の回答暗記型でないため基礎をしっかりと理解できる
他講座だと試験に合格する目的のみに絞って回答やコツを暗記していく形式を取る講座もありますが、伊藤塾では試験合格だけでなく、合格した後も資格を活用できるよう、法律の基礎から初心者でも理解できるよう丁寧に解説してくれます。

▽②デラックスエディションでデジタルテキストと問題集を利用できる
デラックスエディションというオプションコースは後日詳細が展開されますが、このコースではテキストと問題集を用意してくれるので、自分で調達する必要はないです。教材はいずれもデジタルで提供されるため、外出中でも学習を進めることができるのが魅力的です。

▽③デラックスエディションで学習スケジュールを管理できる
デラックスエディションのコースにはもう一つスケジュール機能があります。自分の進捗を把握したうえで、次に進むカリキュラムが分かるので、資格を初めて取得する方でも効率の良い学習を進められやすいです。

【伊藤塾の基本情報まとめ】

スクロールできます
コースごとの料金(税込)・2級,3級合格講座パック 11,600円
・3級合格講座 9,800円
・3級合格講座 4,800円
カリキュラムの特徴・暗記ではなく法律の基礎から理解できる講義
教材/テキスト・指定の教材を各自で購入
・オプション購入(デラックスエディション)の場合
:ビジネス実務法務検定試験®学習ツール(デジタルテキスト、デジタル問題集)
eラーニング・あり
合格率/実績・合格者の声を一部確認できる
サポート体制・デラックスエディションの学習ツールはスケジュール管理機能あり
お得なキャンペーン・受講生割引で20%オフ

5位:オンスク.jp

出典:オンスク.jp

【オンスク.jpの基本情報まとめ】

スクロールできます
コースごとの料金(税込)・ウケホーダイ-ライト 1,078円/月
・ウケホーダイ-スタンダード 1,628円/月
カリキュラム・講師経験豊富な先生による基礎から応用までをカバーした講義内容
教材/テキスト・映像講義
・講義スライド
・オリジナル問題
eラーニング・あり
合格率/実績・記載無し
サポート体制・試験対策に役立つ記事あり
お得なキャンペーン・特に無し

【おすすめTOP4に入らなかった理由】

オンスク.jpはビジネス・法務系の資格などを効率良く取得できるサブスクサービスです。月額の受け放題プランであれば複数の講座を受講できます。ビジネス実務法務検定は2級、3級の対策講座が展開されているので、月額約1,000円で資格を取得できるまでサポートしてもらえます。ただ、1級に対応していないこと・試験合格まで毎月費用が発生する点でTOP5から外れてしまいました。

❒オンスク.jpの公式サイトを確認

6位:産業能率大学

【産業能率大学の基本情報まとめ】

スクロールできます
コースごとの料金(税込)・ビジネス実務法務検定試験(R)3級通信講座 20,420円
・ビジネス実務法務検定試験(R)3級通信講座 25,660円
カリキュラムビジネス実務法務検定試験の公式講座として理解しやすい内容
教材/テキスト・テキスト・模擬問題
・ライセンス
・スクウェア
・添削課題
eラーニング・あり
合格率/実績・記載無し
サポート体制・コンピュータ採点型添削あり
お得なキャンペーン・特に無し

【おすすめTOP4に入らなかった理由】

産業能率大学の講座はビジネス実務法務検定を主催している東京商工会議所が公式講座として指定しています。そのため、主催団体が講座の内容を確認して「試験対策として十分である」と判断していることが分かる信頼出来る講座です。ただ他講座より受講費用が高いという理由からTOP5から外れてしまいました。

❒産業能率大学の公式サイトを確認

7位:東京商工会議所

【東京商工会議所の基本情報まとめ】

スクロールできます
コースごとの料金(税込)・1級コース 30,900円
・2級コース 25,620円
・3級コース 20,420円
カリキュラム・公式テキストをもとに知識ゼロでも習得できる
教材/テキスト・オリジナルテキスト
・過去問題
・添削課題
eラーニング・なし
合格率/実績・記載無し
サポート体制・1級は講師添削、2/3級はコンピュータ添削あり
お得なキャンペーン・特に無し

【おすすめTOP4に入らなかった理由】

ビジネス実務法務検定を主催している東京商工会議所も公式講座を開講しています。公式テキストも提供してもらい、添削課題もあるので万全な状態で試験に臨むことができます。ただ、公式講座とはいえ他講座と比べると受講費用が高いことと、テキストや問題集は支給されますがeラーニングに対応していないこと、これら2つの理由からTOP5から外れてしまいました。

❒東京商工会議所の公式サイトを確認

8位:SMART合格講座

【SMART合格講座の基本情報まとめ】

スクロールできます
コースごとの料金(税込)・ビジネス実務法務検定試験Ⓡ 3級 SMART合格講座 15,400円
・ビジネス実務法務検定試験Ⓡ 2級 SMART合格講座 19,800円
カリキュラム・基礎知識の解説から一問一答形式の出題の狙い、解説まで講義で教えてくれる
教材/テキスト・映像講義(基礎導入、回答解説)
・一問一答問題演習
eラーニング・あり
合格率/実績・記載無し
サポート体制・音声ダウンロード機能あり
・映像講義無料視聴あり
お得なキャンペーン・「オンラインDe・資格キャンペーン」で受講費用5,500円引き

【おすすめTOP4に入らなかった理由】

SMART合格講座ではキャンペーンを実施しているため、通常の受講費用より安く申し込むことができます。スマホ1つがあれば映像講義での基礎知識の習得から問題演習の解説まで教えてくれるので、スキマ時間にも理解しやすいです。ただ、映像講義のDLは音声ファイルのみなので、オフラインでの復習が少しやりづらい点からTOP5から漏れてしまいました。

❒SMART合格講座の公式サイトを確認

【比較表付き】ビジネス実務法務検定の講座を選ぶポイント

ここまでで、おすすめのビジネス実務法務検定の講座を8社紹介してきましたが「この中から選ぶとなるとイマイチ難しい…」と感じた方がいるでしょう。

そこで、ここからは基本情報を元に、ビジネス実務法務検定の講座を選ぶ上で重要なポイントごとに内容を比較していきたいと思います。

「使用教材」「講義の質」「問題演習方法」この3つのポイントごとに比較した結果を載せているので、参考にしてみてください。

選び方①使用教材(テキスト、アプリなど)を比較する

名前の通り法律に関する資格のため、使用する教材はとても重要です。教材の豊富さや提供方法によって自分の法律への知識の広がりや応用問題への対応力も変わるといっても過言ではありません。

今回の講座だと使用教材を提供しておらず、指定教材を購入する必要があるものもあります。比較してみると、1位のスタディングではオリジナルのテキスト・問題集だけでなく、テーマ別問題集も提供してくれています。

また、教材は全てアプリで提供されるので、持ち運ぶ必要なくスキマ時間に学習を進められます。今回紹介した講座の中では、教材の豊富さやアプリでの提供という利便性の良さから一番おすすめできる講座にしました。

選び方②講義の質を比較する

選ぶ講座によって講義の方向性は大きく変わります。例えば、基礎知識は既に理解している前提で、試験対策としてコツや回答をひたすら暗記してもらう講義もあれば、法律を知らない初心者にも分かりやすく導入部分を解説してくれる講義などタイプは様々です。

今回の講座を比較してみると、2位のLECでは試験対策に的を絞ったシンプルな講座で、4位の伊藤塾は基礎をしっかり理解してもらう講座と対照的です。

もちろんどの講座にもメリットがありますが、法律の知識がない初心者の方にも取ってもらいたい資格なので、今回は4位の伊藤塾が一番おすすめしたい講座です。

選び方③問題演習方法(過去問、オリジナルなど)を比較する

試験対策講座では問題演習を提供してくれたり、指定の問題集について解説してくれる講座もあります。どんな問題演習に取り組むかで、効率よく試験に合格できるかが変わってきます。

過去問を解く形式だと、これまでの出題傾向を直感的に把握することができます。オリジナル問題を解く形式では、自分が受験する回に出題されると予想できる問題に事前に取り組めます。

今回紹介した講座の中だと、3位のTACではオリジナルWebテストを展開していて、更に成績表や答案添削で自分の理解度を客観的に知ることができるおすすめの講座です。

ビジネス実務法務検定は独学でも合格できる?通信講座とどちらがおすすめ?

「ビジネス実務法務検定」は以下のような流れで学習を進めていくことで、効率よく合格を目指して勉強できるでしょう。

①出題範囲の基礎知識を習得する
②学習した範囲を問題集で復習する
③一通り学習した後、弱点を重点に繰り返し学習する
④問題集で理解力を仕上げる
⑤予想模試で合格までの可能性を近づける

しかし、独学で学習していくにあたっては、多くの問題が生じることも…。

「結局通信講座に頼ることになってしまった…」という声も、当サイトでは多く聞きます。

そこでなぜビジネス実務法務検定は、独学での合格が難しいのか?を分析して、3つの理由にまとめました。

難しい理由①2級から専門性の高い内容になる

3級は身近なことに関する問題も多いため、比較的初心者の方でも合格しやすいです。

ただ2級からは専門性の高い内容になるため、独学で理解して合格を目指すのはハードルが高くなります。

テキストも多いですが、実際の用語や解説を独学だけで理解するのは難しいです。

難しい理由②1級は論述方式の回答になる

3級と2級はマークシート選択式の問題ですが、1級では論述方式の回答が必要になります。

その場合、どんな回答が正解になりやすいか?自分の回答は正解になるか?を理解出来ていないと1級の独学での合格はかなり厳しいです。

専門講師による1級試験の対策方法と予想問題の解答解説で更に理解度を深めた方が効率良く合格に近づけられます。

難しい理由③開催回数が少なくモチベーションを保ちづらい

ビジネス実務法務検定は年に何回も開催されている試験ではありません。

3級と2級は年2回、1級は年1回しかチャンスがありません。そうなると、自分が次に受験したい日程が分かっていても、そこまでの対策は最大でも1年必要になります。

試験に臨むまでのスケジュールの立て方はもちろんのこと、それまでにモチベーションを保つというのが独学では難しいです。

初めは独学で頑張り、挫折しそうになった場合は通信講座を利用するというのもOKです。ただし、お金と時間を節約して合格したい場合は最初から通信講座の利用がベストでしょう。

【2023年最新情報】試験内容や日程について

【合格率】

3級実受験者数合格者数合格率
第52回7,307人5,866人80.3%
第51回6,261人5,427人86.7%
第50回7,818人6,714人85.9%
第49回6,461人5,639人87.3%
第48回9,372人7,097人75.7%
2級実受験者数合格者数合格率
第52回5,549人2,807人50.6%
第51回4,249人2,246人52.9%
第50回4,733人2,977人62.9%
第49回3,549人2,426人68.4%
第48回6,890人2,990人43.4%
1級実受験者数合格者数合格率
第51回実施なし実施なし実施なし
第50回458人97人21.2%
第49回実施なし実施なし実施なし
第48回372人46人12.4%

合格率は2019年と2020年では各級大きな差がなく、やはり級が上がるにつれて難易度も上がるため、合格率は3級→2級→1級の順に厳しい数字になっています。ただ、2021年の合格率は前2年に比べどの級も格段と上昇しているのが特徴です。

2021年は合格率がこれまでに比べて大幅に上昇しているため、2022年は更に合格率が伸びることは中々ないでしょう。ただし、2021年同等の合格率になるよう試験内容が調整される可能性はあるので、過去問の厳しい問題演習で力を付けておくと安心です。

【試験内容】

スクロールできます
試験方式試験形式・時間受験場所受験料
3級IBT方式多肢選択式・90分自宅または会社など7,700円
3級CBT方式多肢選択式・90分全国のテストセンター5,500円
2級IBT方式多肢選択式・90分自宅または会社など7,700円+2,200円(CBT利用料)
2級CBT方式多肢選択式・90分全国のテストセンター5,500円+2,200円(CBT利用料)
1級CBT方式(統一試験)論述形式・共通問題:90分選択問題:90分全国のテストセンター9,900円+2,200円(CBT利用料)

【受験資格】

・3級~1級すべて、受験資格に制限なし
3級を合格せずに2級を受けることや、2級を合格せずに1級を受けることも可能です。また、3級と2級は併願受験することもできます。

【次回の試験日程】

試験方式次回申込期間試験期間
3級IBT・CBT方式共通第53回5月19日(金)~5月30日(火)6月23日(金)~7月10日(月)
2級IBT・CBT方式共通第53回9月22日(金)~10月3日(火)10月27日(金)~11月13日(月)
1級CBT方式第54回11月7日(火)~11月14日(火)12月10日(日)

【気をつけないと危険!】ビジネス実務法務検定の注意点

最後に、ビジネス実務法務検定を受けるにあたっての注意すべきポイントをまとめておきます。

注意①一夜漬けで試験に臨むのは危険!

既に法律に関する知識がある方の中では、一夜漬けで問題集に取り組めば試験に合格できるという方もいらっしゃいます。

ただ、全員が一夜漬けでも合格出来るとは限りません。そのため、受験したい試験日の前日に対策を始めるのは得策とは言えません。数ヶ月前から取り組んで万全の状態で試験を受けましょう。

注意②IBT方式の場合は受験前の準備に注意

ビジネス実務法務検定では3級と2級の場合、IBT方式とCBT方式いずれかで受験することができます。

IBT方式は自宅や会社で受験することができるので、新型コロナウイルス対策だけでなく、自然災害や交通状況に左右されずに試験に臨めるのは大きなメリットです。

その代わりパソコンなど必要な機材は自分で用意する必要があります。また、試験中はパソコンのカメラを通して試験監督が監視するので、カメラも配慮して用意しなければいけません。

注意③CBT方式の場合は受験費用が高く場所も限られる

ビジネス実務法務検定の3級から1級まで受けることができるCBT方式はこれまで統一で行われていた受験方式です。全国各地にあるテストセンターに出向いて受験します。

テストセンターは全国各地にあるとは言え場所も限られていますし、試験時間に間に合うように当日準備する必要があります。また、受験費用にプラス2,200円が必要になるので、当日忘れないように持って行きましょう。

【総括】ビジネス実務法務検定のまとめ

このページでは、数ある通信講座の中からビジネス実務法務検定におすすめのサービスを厳選してまとめました。

最後にもう一度ランキング内容や選び方について、まとめておきます。

★ランキングTOP3

1位:スタディング(総合95点)

【3つの評価ポイント】
▽問題集や復習機能が豊富で定着させやすい
▽勉強仲間を見つけることでモチベーションに繋げられる
▽講師による映像講義を倍速で何度も確認できる

2位:LEC(総合90点)

【3つの評価ポイント】
▽試験の解き方を身につけられる
▽映像講義はDLして何度でも復習可能
▽試験対策に的を絞り比較的安価な受講費用

3位:TAC(総合87点)

【3つの評価ポイント】
▽3級、2級受講者は成績表で自分の理解度を客観的に知れる
▽1級受講者は答案添削で弱点を掴める
▽期間限定で開催されているコースも利用して更に合格の可能性を高められる

ランキング部分に戻る

また、調査結果から「基本情報技術者試験の講座はこんな選び方をすると良いのでは?」と感じたポイントで比較した結果は次の通りでした。

ー選ぶポイントに沿って比較した結果ー

①使用教材で比較した結果
→「スタディング」が最適
②講義の質で比較した結果
→「LEC」が最適
③問題演習方法で比較した結果
→「TAC」が最適

とは言え、どの講座にするのか決めるのは自分自身です。まずは各公式サイトをチェックして、資料請求もしてみてください。

ちなみに「BrushUP学び(https://www.brush-up.jp)」というサイトであれば、資料を一括請求することもできるので、覚えておきましょう。

目次
閉じる