ITエンジニアの平均年収は?年齢・職種別の給料や年収を上げる方法も解説

ITエンジニアの平均年収や年収を上げる方法を解説

マイナビ・リクルート等のプロモーションを含みます

※当サイトは広告掲載ポリシーを遵守しております。ランキングやサービスの評価に関して、利害関係が影響することはございません。

ITエンジニアは経験を積むほど高収入を目指せる職業とも言われています。特にIT人材が不足している現在、ITエンジニアの市場価値は高く、スキルが上がるほど年収もアップします。

実際に経済産業省のデータを見ても、年収1,000万以上を十分に目指せることがわかります。しかし一方で、「給料が安い」「年収が上がらない」という口コミがあるのも事実です。

そこで今回は、ITエンジニアの平均年収について、年代・職種別にまとめました。ITエンジニアの年収を上げる方法も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

ITエンジニアの平均年収の相場は?年齢・職種別に解説

ITエンジニアの平均年収の相場は?年代・職種別に解説

まずは、ITエンジニアの平均年収の相場を年代・職種別に解説します。フリーランスや未経験から挑戦する場合の平均年収についても紹介するため、自分のスキルに合わせてチェックしてください。

【年齢別】ITエンジニアの平均年収

dodaが調査した平均年収ランキングによると、ITエンジニアの平均年収は442万円です。全職種合計の平均年収403万円と比較して、ITエンジニアは高い水準といえます。

年齢別の平均年収の推移は以下の通りです。

ITエンジニアの年代別年収グラフ
dodaの平均年収ランキングをもとに作成
20代ITエンジニア約367万円
30代ITエンジニア約495万円
40代ITエンジニア約621万円
50代ITエンジニア約694万円

ITエンジニアの平均年収は年齢を重ねるにつれて段階的に上がる傾向です。特に、経験が豊富になる40代以上の平均年収は600万円を超えています。

スキルや技術を磨くことでITエンジニアは年収アップが見込めるといえるでしょう。

【職種別】ITエンジニアの平均年収

次は、dodaが調査した平均年収ランキングをもとに職種別のITエンジニアの平均年収を紹介します。

ITエンジニアの職種別年収グラフ
dodaの平均年収ランキングをもとに作成
プロジェクトマネジャー686万円
プリセールス594万円
ITコンサルタント590万円
IT戦略/システム企画587万円
研究開発549万円
データサイエンティスト513万円
システム開発/運用463万円
セキュリティエンジニア457万円
サーバーエンジニア453万円
パッケージ導入/システム導入441万円
ネットワークエンジニア436万円
制御系ソフトウェア開発428万円
アプリ系エンジニア426万円
Webサービスエンジニア417万円
SE/プログラマ413万円
データベースエンジニア403万円
デバッグ/テスター376万円
運用/監視/保守364万円

ひとことにITエンジニアといっても、職種によって平均年収が大きく異なるところが特徴です。最高・最低の職種を比較すると約300万円もの差があります。

ITエンジニアの管理を行うプロジェクトマネージャーが最も平均年収が高いという結果でした。続いて、営業を技術面でサポートするプリセールスや、顧客の悩みを解決に導くITコンサルタントがランクインしています。

システム開発やセキュリティエンジニア、サーバーエンジニアなど、専門性が求められるエンジニア職種は年収が上がる傾向です。一方、未経験でも挑戦しやすいデバッグ/テスターや、運用/監視/保守に関わるエンジニアは平均年収が低いことがわかります。

【フリーランス】ITエンジニアの平均年収

会社員として働く以外にも、フリーランスとして活躍する人が多いところがITエンジニアの特徴です。

フリーランス協会のフリーランス白書2023で、8割近くのフリーランスエンジニアが400万円以上の年収を得ているという結果があります。半数以上が400万円に満たない職種があるなか、ITエンジニアは比較的安定した収入を得られるようです。

技術力は求められますが、フリーランスとして働くことで、ITエンジニアは十分に高年収を狙えるといえるでしょう。

未経験からITエンジニアに挑戦する場合の平均年収

経済産業省の調査結果によると、新人・初心者レベルの平均年収は約437万円です。完全に未経験となるとさらに低くなると想定され、300〜400万円程度が相場の企業が多いといえるでしょう。

年収は企業によって異なりますが、未経験からITエンジニアになる場合、一般社員と同じ程度のケースが多いようです。ITエンジニア未経験の人が年収を上げたい場合は、まずは実務を通してスキルを身に着けましょう。

ITエンジニアで年収1,000万円は目指せる?

ITエンジニアで年収1,000万円は目指せる?

ITエンジニアで年収1,000万円は十分に目指せます。

dodaの平均年収ランキングからわかるITエンジニアの年収分布は以下の通りです。

ITエンジニアの年収分布グラフ
dodaの平均年収ランキングをもとに作成
300万円未満15.4%
300万~400万円未満31.3%
400万~500万円未満23.2%
500万~600万円未満13.1%
600万~700万円未満7.5%
700万~800万円未満3.9%
800万~900万円未満2.4%
900万~1000万円未満1.2%
1000万円以上2.1%

ITエンジニアの平均年収は300~500万円が半数を占めていますが、1,000万円以上の人もいます。

経済産業省の調査結果によると、ITエンジニアとしてのスキルが社内での指導者・幹部レベルになると平均年収が1,000万円近くになることがわかります。割合は低いものの、ITエンジニアとしてのスキルがあれば年収1,000万円は夢ではありません。

年収が高いITエンジニアはこんな人!特徴5選

年収が高いITエンジニアはこんな人!特徴5選

年収が高いITエンジニアには共通する特徴があります。ITエンジニアで高年収を目指すために、まずは見本となるITエンジニア像をイメージしましょう。

豊富な経験・スキルを持っている

ITエンジニアとして高い年収を得るためには、豊富な経験やスキルが欠かせません。専門的な技術を磨いてスペシャリストとして働いている人は、経験の質が高く貴重な存在のため、高年収になりやすい傾向です。

ITエンジニアのスキルを評価する目安として、情報処理推進機構が公開しているITスキル標準(ITSS)があります。スキルをもとに以下のようなレベルが設定されています。

レベル1最低限必要な基礎知識を持っている
レベル2指導のもと要求された作業ができる
基本的知識・技能を持っている
レベル3要求された作業をすべて独力で遂行できる
応用的知識・技能をもっている
レベル4ハイレベルのプレーヤー
業務上の課題の発見と解決をリードする
レベル5ハイエンドプレーヤー
ビジネスを創造してリードする
レベル6国内のハイエンドプレーヤー
社内外でビジネスを創造してリードする
市場でもプロフェッショナルとしての経験と実績を有している
レベル7世界で通用するプレーヤー
社内外ビジネスを創造しリードする
市場全体でも先進的なサービス開拓などの経験と実績を有している

レベル1〜7まであり、人事考課で取り入れているIT企業もあります。技術を習得してスキルを磨くことで、高い年収が期待できるでしょう。

対応できる業務範囲が広い

幅広い業務範囲に対応できるITエンジニアも年収が高くなる傾向です。一般的にフルスタックエンジニアと呼ばれ、マルチにエンジニア業務ができる人のことを指します。

フロントエンド、バックエンドのプログラミングをはじめ、サーバー構築やインフラ管理ができるなど、幅広い業務をこなせる人は重宝されます。さまざまな言語を扱える場合、さらに仕事の範囲が広がるでしょう。

フルスタックエンジニアはひとりでさまざまな業務に対応できるため、企業から評価されて高年収も期待できます。

マネジメント能力がある

年収が高い人の多くは、マネジメント能力を持っています。

ITエンジニアから挑戦できるマネジメント能力が活かせる職種は、プロジェクトマネージャーやリーダーなどです。チームをまとめて目標達成に導く役割があるため、コミュニケーション能力や問題解決力など、幅広いスキルが求められます。

ITエンジニアとしては優れていてもマネジメントは苦手な人も多く、マネジメント能力がある人は貴重な存在です。そのため、マネジメント能力があるITエンジニアは評価されて年収が高くなる傾向があります。

向上心がある

向上心がある人は高い年収を狙いやすいといえます。

IT業界は日々進化しているため、新しい知識の習得やアウトプット、現場で求められるスキルを身につけることが大切です。スキルアップを怠る人もいるなかで、向上心を持って自分の価値を高めようとする人は年収アップが期待できます。

ITエンジニアはほかの職種と比較して年収が高い傾向ですが、スキル次第でさらなる年収アップが可能です。現状に満足せずに、自分の能力を磨き続けられる人は年収が上がりやすいでしょう。

大手や業界トップなど資金のある企業で働いている

年収が高いITエンジニアは、資金力がある企業で働いているケースが多いです。

Googleや楽天、アクセンチュア、キーエンス、リクルートなど、大手や業界トップなどの企業は業績が良く、資金があります。そのため、優秀なITエンジニアに高い報酬を支払える環境が整っています。また、ボーナスや評価制度が整っていて、スキル次第で更に年収アップが期待できるところもポイントです。

このように、年収が高いITエンジニアになるためには、技術やスキルだけでなく働く環境も重要といえます。

ITエンジニアの年収を上げる5つの方法

ITエンジニアの年収を上げる5つの方法

年収が高い人の特徴をもとに、ITエンジニアが年収を上げるための5つの方法を紹介します。ポイントを押さえることで年収アップが期待できるため、ぜひチェックしてみてください。

ニーズが高い言語を習得する

ITエンジニアとして年収を上げるために、ニーズが高い言語を習得することが大切です。職種で平均年収の差が出るのはもちろんですが、使用する言語によっても年収が変わります。そのため、年収にこだわりたい人は習得する言語のニーズをチェックしておくことが大切です。

paizaの調査によると、平均年収が高い言語はGo・TypeScript・Scala・Kotlin・Rudy・Pythonなどです。特に基礎知識を保有しているITエンジニアが少ないと、平均年収も高くなる傾向にあります。

ニーズがある言語を扱える人材を求めている企業は多いため、年収も高くなる傾向です。未経験の人や新しく言語を学びたい人は、今後も需要がある言語を選べば働き口に困ることもなくなるため安心できます。

さまざまな領域の業務に関わる

さまざまな領域の業務に関わり、対応できる業務範囲を広げることも年収の上げ方のひとつです。マルチスキルがあるITエンジニアになれば企業から重宝される存在になり、年収アップも見込めます。

まずは基本的なエンジニア業務に携わり、基本的スキルを身につけることが大切です。その後、サーバー構築やシステム設計、さらにシステムの企画、要件設定など業務の幅を広げましょう。

勤務先でほかの業務に関われない場合、自分でアプリやシステムを作り上げることもひとつの方法です。開発の流れを経験できるだけでなく、実績にもなり技術を学ぶ機会にもなるでしょう。

キャリアアップを目指す

スキルを活かせる職種へキャリアアップすることも、ITエンジニアの年収を上げるために効果的です。ITエンジニアのなかで最も平均年収が高いのはプロジェクトマネージャー。続くプロジェクトリーダーも高年収が期待できます。

勤務先で経験を積み、ITエンジニアからプロジェクトマネージャー・リーダーにキャリアアップするのがよくあるルートです。もしくは、転職活動でマネジメントするポジションに挑戦する方法もあります。エンジニア業務にこだわらずに年収アップを目指したい人はぜひチェックしてみてください。

フリーランスに挑戦する

スキルに自信がある人はフリーランスに挑戦することで年収アップが見込めます。フリーランスのITエンジニアになるメリットは以下の通りです。

  • スキルを活かして高い報酬の仕事を選べる
  • 目標年収に合わせて仕事量を調整できる
  • スキルアップのスピードを上げられる

フリーランスのITエンジニアとして実力があれば、高単価の案件が取得できて年収アップにつながります。また、目標の年収に合わせて業務量を自分で調整できるため、がんばり次第で年収アップが期待できるでしょう。

さらに、さまざまな案件に関わっている場合、会社員として経験する以上のプロジェクトに関わるためスキルを習得するスピードアップに役立ちます。身に着けたスキルを活かして更に良い案件の受注も目指せるところがポイントです。

一方、フリーランスのITエンジニアにはデメリットもあります。スキルがなければ案件を受注できずに収入がままらないケースもあるため、注意が必要です。スキルを身に着けていてフリーランスに向いていると感じた場合、検討してみるとよいでしょう。

年収が上がる企業へ転職する

ITエンジニアのスキルや経験を活かして、年収が上がる企業へ転職することも選択肢のひとつです。

同じ業務にも関わらず、企業によって年収が違うことはよくあることです。大手企業や業界上位などは資金力があり、ITエンジニアに高い報酬を支払えるため、高い年収が期待できます。

また、スキルをもとに転職活動すれば年収アップが期待できるところもポイントです。実力を評価してくれる企業と出会うことで収入アップにつながっているといえるでしょう。

ただし、目的がない転職活動には注意が必要です。やみくもに転職活動しても年収が下がったり、キャリアアップにつながらない可能性があります。そのため、希望の年収や働き方を明確にして転職活動をすることが大切です。

ITエンジニアの年収アップに役立つ転職エージェント

ITエンジニアのスキルを活かして転職で年収アップを目指すためには、IT業界に強い転職エージェントを活用するのがおすすめです。

IT転職エージェントでは専任のキャリアアドバイザーが担当してくれ、希望に合う求人紹介や書類添削、面接対策が無料で利用できます。また、企業との年収交渉も変わりに行ってくれるため、ひとりで転職活動をするより年収アップを叶えやすいところも魅力です。

ここでは、年収アップしたいITエンジニアに役立つ転職エージェントの例を紹介します。自分に合いそうかチェックしてみてください。

マイナビIT AGENTは利用者の約7割が年収アップを実現

マイナビIT AGENT
出典:マイナビIT AGENT

「マイナビIT AGENT」は、マイナビが運営する転職エージェントで、ITエンジニアに特化しています。利用したエンジニアの約7割が、転職前と比較して年収アップできた実績があるところがポイントです。

経験やスキルをキャリアアドバイザーがヒアリングして、希望に合う求人を紹介してくれます。同じ職種での年収アップ事例もあり、自分のスキルを評価してくれる企業を知る機会になるでしょう。

レバテックキャリアはキャリアアップしたい人向けのサポートが充実

レバテックキャリア
出典:レバテックキャリア

「レバテックキャリア」は、個別相談会などキャリアアップしたい人向けのサポートが充実しているIT転職エージェントです。身に着けているスキルが年収アップに活かせるか相談できるため、転職活動をすべきなのかわからない段階の人でも利用しやすいでしょう。

求人検索では、開発言語やフレームワーク、データベースから絞り込みができ、すでに経験している業務で年収が上がる企業を見つけられます。IT転職を専門にしているため、業務内容など条件にこだわって働き方を選びたい人にもおすすめです。

リクルートエージェントITは高年収のエンジニア求人が豊富

リクルートエージェントIT
出典:リクルートエージェントIT

「リクルートエージェントIT」は、転職業界大手のリクルートが運営する転職エージェントです。

求人数に強みがあり、700万円以上のエンジニア求人も多数保有しています。多くの候補から希望に合う求人を見つけたい人におすすめです。

IT業界の業務経験があるキャリアアドバイザーが担当してくれるため、要望や悩みが伝わりやすいでしょう。企業との年収交渉も代わりに行ってくれるため、年収アップしたい人はチェックしてみてください。

【まとめ】ITエンジニアのスキルを磨けば年収アップも目指せる

ITエンジニアはスキルを磨けば十分に年収アップできます。ITエンジニアとして年収アップを目指すためには、以下のポイントを押さえて行動することが大切です。

  • ニーズが高い言語を習得する
  • さまざまな領域の業務に関わる
  • キャリアアップを目指す
  • フリーランスに挑戦する
  • 年収が上がる企業へ転職する

今の勤務先や転職先でスキルを磨くことで、年収アップできる可能性が上がります。最適なスキルの磨き方は人それぞれ違うため、キャリアプランや性格などを考慮して自分に合った方法を選びましょう。

目次