助産師におすすめの転職サイト・エージェント10選!選び方や注意点も

助産師におすすめの転職サイト・エージェントの選び方や注意点を解説

厚生労働省の「令和4年賃金構造基本統計調査」によると、助産師の平均年収は約584万円です。夜勤やオンコール対応があるため、一般的な年収よりも高い傾向にあります。

ただし働き方や施設形態によって、忙しさや大変さが異なります。そのため年収アップだけでなく、ワークライフバランスなどの理由から、転職する助産師が多いのも事実です。

そこで今回は、助産師におすすめの転職サイトを徹底比較しました!人気サイトごとにメリット・デメリットをまとめ、求人数や口コミなどの違いを紹介しています。

また転職に失敗しない選び方や、助産師に強い転職サイトのおすすめの使い方にも触れています。登録前に内容を確認しておくことで、転職の成功率がグッと上がるでしょう。

いま転職活動をしている助産師はもちろん、転職するか迷っている助産師も、ぜひここで紹介するおすすめを参考にしてみてください。

目次

助産師におすすめの転職サイト・エージェントを比較

レバウェル看護は助産師のリアルな口コミがわかる転職サイト

レバウェル看護
出典:レバウェル看護
公開求人数
2024年時点
約1,000件(「助産師」で検索)
対応エリア北海道、青森、秋田、岩手、福島、山形、宮城、茨城、栃木、埼玉、山梨、群馬、神奈川、千葉、東京、長野、静岡、新潟、富山、石川、愛知、岐阜、福井、三重、滋賀、和歌山、京都、奈良、大阪、兵庫、岡山、広島、島根、鳥取、山口、香川、愛媛、徳島、高知、福岡、大分、佐賀、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄
運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
おすすめポイント
  • 助産師向けの求人情報がLINEやメールに届く
  • 全国の助産師向けの求人を多数保有
  • 入職した助産師のリアルな声が聞ける

レバウェル看護は、助産師をはじめとした看護職に特化した転職サイトです。

転職サイトごとに面談方法は異なりますが、レバウェル看護は、電話やLINEでの問い合わせに対応しています。スキマ時間に転職活動をしたい方にもおすすめです。

全国の求人を保有しているため、Iターン転職やUターン転職を検討している方でも安心して相談できます。またお役立ち情報として、助産師が中心となって働く「助産師外来」についての記事を公開しているのも特徴です。

対応するキャリアアドバイザーも看護師・助産師転職に詳しいため、ライフイベントを踏まえた相談ができます。経験豊富な担当者からアドバイスを受けたい助産師におすすめの転職サイトです。

ナース人材バンクはスキマ時間に転職活動を進めやすい転職サイト

ナース人材バンク
出典:ナース人材バンク
公開求人数
2024年時点
約300件(フリーワード「助産師」で検索)
対応エリア北海道、青森、秋田、岩手、福島、山形、宮城、茨城、栃木、埼玉、山梨、群馬、神奈川、千葉、東京、長野、静岡、新潟、富山、石川、愛知、岐阜、福井、三重、滋賀、和歌山、京都、奈良、大阪、兵庫、岡山、広島、島根、鳥取、山口、香川、愛媛、徳島、高知、福岡、大分、佐賀、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄
運営会社株式会社エス・エム・エス
おすすめポイント
  • 年間利用者数が10万件以上と多くの方の転職をサポートしている
  • LINEでやり取り可能
  • コラム内の「WEB上病院見学」が閲覧できる

転職サイトのナース人材バンクは、年間利用者数が10万件以上と、多くの方の転職をサポートしています。看護師の求人はもちろんのこと、助産師向けの求人も紹介可能です。

求人紹介は電話やメール、LINEが利用できるため、忙しい在職中の転職活動でもスキマ時間で転職先を探せます。

また公式サイトにある「WEB上病院見学」は、病院見学に行けない方におすすめです。Web上で職場環境や一日のスケジュールなど実際の職場環境を知ることで、転職後のギャップを減らせるでしょう。

マイナビ看護師は大手が運営する転職サイトで助産師も安心

マイナビ看護師
出典:マイナビ看護師
公開求人数
2024年時点
約600件(「助産師」で検索)
対応エリア北海道、青森、秋田、岩手、福島、山形、宮城、茨城、栃木、埼玉、山梨、群馬、神奈川、千葉、東京、長野、静岡、新潟、富山、石川、愛知、岐阜、福井、三重、滋賀、和歌山、京都、奈良、大阪、兵庫、岡山、広島、島根、鳥取、山口、香川、愛媛、徳島、高知、福岡、大分、佐賀、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄
運営会社株式会社マイナビ
おすすめポイント
  • 全国17箇所で相談可能
  • 助産師の「これから」を一緒に考えてくれる
  • 転職活動の進め方が選べる

マイナビ看護師は、大手の転職支援サービス、「株式会社マイナビ」が運営する転職サイトです。助産師や保健師、ケアマネージャーなどの求人も取り扱っています。

全国各地の約17箇所に相談会場を設けているため、近くの事業所を選んで面談できます。来社が難しい利用者は、スケジュール調整がしやすいWEB面談が良いでしょう。

またマイナビ看護師では、転職活動の進め方も選べます。すぐに転職を成功させたい人には「スピード転職」、じっくり転職先を選びたい人には「じっくり転職」がおすすめです。

自分のペースで転職したい助産師は、ぜひチェックしてみてください。

看護roo!は検索機能が優秀で助産師も使いやすい転職サイト

看護roo!
出典:看護roo!
公開求人数
2024年時点
約1,000件(「助産師」で検索)
対応エリア北海道、青森、秋田、岩手、福島、山形、宮城、茨城、栃木、埼玉、山梨、群馬、神奈川、千葉、東京、長野、静岡、新潟、富山、石川、愛知、岐阜、福井、三重、滋賀、和歌山、京都、奈良、大阪、兵庫、岡山、広島、島根、鳥取、山口、香川、愛媛、徳島、高知、福岡、大分、佐賀、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄
運営会社株式会社クイック
おすすめポイント
  • 助産師向けの求人を探しやすい
  • 病院見学の申し込みメールの書き方も確認できる
  • 転職活動に役立つコンテンツがある

看護師roo!は、助産師向けの求人を探しやすい転職サイトです。休みの傾向や職場環境といったこだわり条件を指定して検索できます。

特化型転職サイトということもあり、病院見学の申し込みメールや、お礼状の書き方を学べる転職ガイドが利用できるのも特徴です。

また公式サイト内には、自分の転職希望条件の優先度がわからない方に向けた「転職の希望条件こだわり診断」や、業務内容の向き不向きを調べられる「性格からわかる職場診断」などのお役立ちコンテンツが用意されています。

今後のキャリアに悩んでいる助産師にもおすすめできる転職サイトなので、ぜひ一度チェックしてみてください。

ナースではたらこは助産師向けの自己PR例文が掲載されている転職サイト

ナースではたらこ
出典:ナースではたらこ
公開求人数
2024年時点
約150件(「助産師」で検索)
対応エリア北海道、青森、秋田、岩手、福島、山形、宮城、茨城、栃木、埼玉、山梨、群馬、神奈川、千葉、東京、長野、静岡、新潟、富山、石川、愛知、岐阜、福井、三重、滋賀、和歌山、京都、奈良、大阪、兵庫、岡山、広島、島根、鳥取、山口、香川、愛媛、徳島、高知、福岡、大分、佐賀、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄
運営会社ディップ株式会社
おすすめポイント
  • 転職理由や自己PRの例文が掲載されている
  • 職場や転職の悩み相談をサイト内で公開
  • 非公開求人を多数保有

ナースではたらこは、業界に精通したキャリアアドバイザーからサポートを受けられる転職サイトです。

サイト内にはお役立ちコンテンツとして、助産師資格の取得要件や仕事内容などが掲載されています。看護業界の年収や働き方も分かりやすくまとめているため、転職活動の参考になるでしょう。

また、転職理由や施設形態ごとの自己PR例文が掲載されているのも魅力です。助産師の応募書類の書き方が分からない方や、アピールが苦手といった方も重宝するでしょう。

サイト内には、転職の悩みを解決に導く「お悩み相談室」があります。さまざまな悩みをQ&A方式で紹介しているため、自分の悩みに近い記事を選んで閲覧可能です。

助産師の転職に関する悩みがある方は転職サイト内の記事を一度読むことをおすすめします。

看護師ワーカーは助産師として転職した後のビジョンも検討できる

看護師ワーカー
出典:看護師ワーカー
公開求人数
2024年時点
約200件(「助産師」で検索)
対応エリア北海道、青森、秋田、岩手、福島、山形、宮城、茨城、栃木、埼玉、山梨、群馬、神奈川、千葉、東京、長野、静岡、新潟、富山、石川、愛知、岐阜、福井、三重、滋賀、和歌山、京都、奈良、大阪、兵庫、岡山、広島、島根、鳥取、山口、香川、愛媛、徳島、高知、福岡、大分、佐賀、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄
運営会社株式会社トライト
おすすめポイント
  • 非公開求人を豊富に取り扱っている
  • 利用者の口コミをチェックできる
  • 入職後にアフターフォローも行っている

看護師ワーカーは、豊富な非公開求人を保有しているのが魅力の転職エージェントです。

求人検索では、働き方はもちろん、賞与の回数や活躍する年齢まで絞れるため、自分の希望にあった職場が探せます。

求人ページにある、実際に転職した人の口コミを参考にすることで、転職後のビジョンをリアルに想像できるのもメリットのひとつです。

入職後のアフターフォローも行っているため、ミスマッチがあった場合も相談できます。最後まで利用者のサポートに徹しているため、安心して利用できる転職サイトです。

看護プロは関東・東海エリアを中心に助産師の求人を探している方におすすめ

看護プロ
出典:看護プロ
公開求人数
2024年時点
約200件(「助産師」で検索)
対応エリア関東・東海エリア
運営会社株式会社ローザス
おすすめポイント
  • 入社前に内部情報を知れる
  • 施設ごとに面接対策を実施
  • アフターフォローをしてくれる

看護プロは、関東・東海地方を中心に求人紹介をしている転職サイトです。転職サイトの担当者は、病院ごとの内部情報を事細かに把握しており、転職後のミスマッチが少なくなるよう配慮しています。

また、看護プロは転職ノウハウとして「転職相談日記」を公開中です。看護プロを実際に利用した方の相談内容を忠実に再現しています。

年代別やブランクからの復帰など、利用者の活動状況に近い境遇の記事を読めば、転職活動を進める際の参考になるでしょう。

転職サイトを利用して入社した方はアフターフォローが受けられます。転職後にもサポートをしてもらいたい方におすすめの転職サイトです。

MCナースネットは働き方に合わせた特集が魅力の転職サイト

MCナースネット
出典:MCナースネット
公開求人数
2024年時点
約100件(「助産師」で検索)
対応エリア北海道、青森、秋田、岩手、福島、山形、宮城、茨城、栃木、埼玉、山梨、群馬、神奈川、千葉、東京、長野、静岡、新潟、富山、石川、愛知、岐阜、福井、三重、滋賀、和歌山、京都、奈良、大阪、兵庫、岡山、広島、島根、鳥取、山口、香川、愛媛、徳島、高知、福岡、大分、佐賀、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄
運営会社株式会社 メディカル・コンシェルジュ
おすすめポイント
  • 特集を多数組んでおり、希望の求人が探しやすい
  • 施設別の業務内容を公開している
  • 初回勤務後までサポートしている

MCナースネットは、多数のセミナーや特集が魅力の転職サイトです。医療分野に役立つセミナーや出張相談会など無料で開催しています。気になるものがあれば、積極的に参加してみましょう。

「扶養内での勤務」「寮完備の勤務先」など、利用者が希望する働き方に合わせた特集があるのも魅力です。気軽に探し始めたい方は、特集を活用すると求人を探しやすいでしょう。

また、MCナースは全国25箇所に拠点があります。住んでいる地域に近い拠点で相談ができるのがメリットです。IターンやUターンでの転職を考えている方も、安心して利用できます。

初回勤務後に担当者からフォローも入るため、手厚いサポートを希望する方におすすめの転職サイトです。

スマイルナースは細かく条件を指定して求人検索したい助産師におすすめ

スマイルナース
出典:スマイルナース
公開求人数
2024年時点
約500件(「助産師」で検索)
対応エリア北海道、青森、秋田、岩手、福島、山形、宮城、茨城、栃木、埼玉、山梨、群馬、神奈川、千葉、東京、長野、静岡、新潟、富山、石川、愛知、岐阜、福井、三重、滋賀、和歌山、京都、奈良、大阪、兵庫、岡山、広島、島根、鳥取、山口、香川、愛媛、徳島、高知、福岡、大分、佐賀、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄
運営会社クラシス株式会社
おすすめポイント
  • 複数の条件を検索できる
  • 働き方や勤務先ごとに特集がある
  • 面接や就業初日には担当コーディネーターが同行

スマイルナースは、求人を詳細検索できる、看護師、保健師、助産師向けの転職サイトです。助産師の求人を検索したい場合、雇用形態、施設形態、診療科目、特徴など、希望条件にチェックを入れます。希望条件は複数選択可能です。

公式サイトでは、忙しくてなかなか求人を見る暇がないといった方向けに、素早く求人を閲覧できるよう特集を組んでいます。まずは簡単に下調べしたい方におすすめです。

またスマイルナースでは、病院見学や面接にも転職サイトの担当者が同行してくれます。ひとりで心細い方や、質問するのが苦手な方には心強いでしょう。

気になった求人で希望に合わない部分があれば、担当コーディネーターに相談して交渉してもらうことも可能です。利用者が満足できる転職活動になるよう、親身になってサポートしています。

ナースパワーは地方に転職をしたいと考えている助産師におすすめ

ナースパワー
出典:ナースパワー
公開求人数
2024年時点
約300件(「助産師」で検索)
対応エリア北海道、青森、秋田、岩手、福島、山形、宮城、茨城、栃木、埼玉、山梨、群馬、神奈川、千葉、東京、長野、静岡、新潟、富山、石川、愛知、岐阜、福井、三重、滋賀、和歌山、京都、奈良、大阪、兵庫、岡山、広島、島根、鳥取、山口、香川、愛媛、徳島、高知、福岡、大分、佐賀、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄
運営会社株式会社ナースパワー人材センター
おすすめポイント
  • 創立38年の老舗のサービス
  • 出張相談会をしている
  • LINEで相談可能

ナースパワーは、創立38年の老舗の転職サイトです。拠点が全国に19箇所にあり、引っ越し先で転職先を探したい方や、実家に帰って転職したい方にも転職先が探しやすくなっています。

面談方法が選べるのも魅力のひとつ。対面で面談を行うだけでなく、出張相談会やSkype・ZOOMなどでも対応可能です。海外在住の方や拠点から離れた地域に住んでいる方でも転職について気軽に相談できます。

パートや派遣勤務だけでなく、働くママさんのための求人特集があるのもスマイルナースならではです。女性は、ライフステージが変化すると不安を抱く方も少なくありません。

両立のしやすさ、保育園の有無など、働く環境が整った求人を紹介しています。家事や育児をしながら仕事をしたいと考えている方におすすめの転職サイトです。

助産師の転職事情

助産師の転職事情

助産師の転職先

助産師の転職先はさまざまありますが、医療機関で働いている人がほとんどです。

日本看護協会が令和元年に発表した「看護統計資料」によると、助産師の転職先の60.9%は病院が占めています。次に多いのが診療所で24.5%、助産院が5.6%です。

医療機関以外にも、行政機関や看護師学校養成所、研究機関などで働いている方もいました。行政機関では乳幼児健診や新生児訪問、健康相談など助産師の知識を活かした働き方ができます。

勤務先によって、携わる業務内容も異なります。自分の働きたい仕事内容を考慮して、転職先を検討すると良いでしょう。

助産師の転職理由

助産師の転職理由には、以下のようなものがあります。

仕事の責任が大きい助産師は、お母さんと赤ちゃん両方の命を預かります。
仕事の責任は重く、重大なミスを起こす前に辞めたいと考える方も少なくありません。
体力面に負担がかかる助産師の仕事は、出産に合わせて臨機応変さが求められます。
夜勤やオンコールなどの対応も欠かせません。
勤務先が人手不足だった場合、勤務時間外に呼び出されることもあり、体力的に負担を感じる方もいるようです。
職場環境が合わない夜勤や残業の起きやすい助産師の仕事では、プライベートが両立できず不満を感じることもあるでしょう。
労働環境は自分では変えづらいため、転職を考えるきっかけのひとつです。
間関係が複雑助産師に関わらず、人間関係で悩む人は少なくありません。
助産師として働きたいけれど、職場の人間関係がうまくいかず、転職する方もいるでしょう。
精神的な負担が大きいお産はいつも順調に進むわけではありません。
新たな命の誕生に立ち会える反面、悲しい場面に立ち会うこともあるでしょう。
「もっと自分に技術があったら」などと考え精神的な負担に耐えられず、辞めてしまう人もいます。

助産師の平均年収

厚生労働省の「令和4年賃金構造基本統計調査」によると、助産師の平均年収は、約584万円です。

助産師の仕事は出産に影響を受けるため、夜勤やオンコール対応が多くなることも年収が高くなる要因といえるでしょう。以下で年齢別の年収を紹介します。

20~24歳約410万円
25~29歳約496万円
30~34歳約537万円
35~39歳約562万円
40~44歳約644万円
45~49歳約637万円
50~54歳約698万円
55~59歳約593万円
60~64歳約511万円

年齢によっても年収に差があり、40代〜50代が600万円前後と最も高くなっています。年収が高い職場へ転職したいと考える方は、病院の規模や業務内容を見極めて検討することが大切です。

助産師の平均年齢

令和4年賃金構造基本統計調査の結果」によると、助産師として働いている方の平均年齢は43.2歳です。20代後半から40代後半の方が多く働いているといった結果でした。

また厚生労働省の統計資料をみても、特に多いのが20代後半で15.3%です。知識や経験が増え、体力的にも問題なく働ける方が多いため、即戦力が欲しいと考える病院や施設は少なくありません。。

また、助産師の転職サイトでは日勤のみや、パート・アルバイトの求人も多くあり、生活スタイルに合わせた働き方で検索可能です。出産や育児が落ち着いた方も働きやすい環境が整っているため、幅広い年代の助産師が活躍しています。

助産師におすすめの転職サイトの選び方

助産師におすすめの転職サイトの選び方

1、助産師転職に詳しいサイトを選ぶ

助産師に転職するなら、助産師に強い転職サイトを利用するのがおすすめです。一般的な転職サイトと比較して、助産師向けの求人を多く取り扱っています。

また助産師業界に精通したキャリアアドバイザーが、転職サポートをしてくれる点もメリットのひとつです。近年の転職市場や、応募先の情報なども教えてもらえるでしょう。

転職相談をするときも、助産師の仕事を理解してくれている担当者なら、きっと話しやすいはずです。職場の悩みやキャリアプランなど、親身になって聞いてくれますよ。

2、助産師向け転職サイトの求人数を比較する

助産師の求人は、一般向けの求人と比較して少なく、簡単に転職できるわけではありません。

そのため取り扱っている求人数が多いほど、選択の幅が広がります。また自分の希望条件に合う企業も、見つけやすくなるはずです。

助産師向けの転職サイトのなかでも、公開求人数が多いのは「KJB検査技師人材バンク」でした。非公開求人も用意されており、幅広い企業の中から選べます。

料金もかからないので、登録しておけば、転職活動を有利に進められるでしょう。もし助産師に強い転職サイトを選ぶときに迷ったら、参考にしてみてください。

3、どのエリアの助産師求人が多いかを確認

助産師向けの転職サイトによっては、東京・名古屋・大阪・福岡など、一部地域に特化している場合もあります。

そのエリアで働くなら問題ありませんが、もし違う場合は、求人が見つからないかもしれません。そのため希望する勤務地でも、求人数をチェックしておくことが大切です。

公式サイトで地域別に検索すれば、大まかな件数を確認できます。また路線・最寄駅で絞り込める場合もあるので、一緒に検索してみてください。

4、助産師求人の絞り込み機能をチェック

求人の絞り込み機能は、助産師向けの転職サイトによって異なります。施設形態や業務内容で検索できると便利です。

またこだわり条件やフリーワードでも探せるか、確認しておきましょう。残業少なめ・日勤のみ・土日休みなど、自分の希望で検索できれば、求人を見つけやすいはずです。

地域の
絞り込み検索
都道府県
市区町村
路線(最寄駅)など
勤務形態の
絞り込み検索
常勤(夜勤あり)
常勤(日勤のみ)
夜勤専従 
非常勤など
診療科目の
絞り込み検索
病院 
クリニック 
介護施設
訪問看護 
検診センターなど
こだわり条件の
絞り込み検索
残業少なめ
高給与
日勤のみ
土日休み
車通勤可
ブランクOK
託児所あり
駅から徒歩圏内など

5、助産師の転職サポートが充実したサイトを選ぶ

助産師に詳しい転職サイトに登録すると、転職支援をしてもらえます。具体的なサポート内容は、転職相談・非公開求人の紹介・履歴書添削・面接対策・給与交渉などです。

そのため転職回数が少ない人や、転職活動が不安な人でも安心でしょう。働きながらの転職でも、効率よく動けるはずです。

また転職サイトによっては、土日や遅い時間まで対応してくれたり、転職後のアフターフォローが充実していたりします。そのため、自分が使いやすい助産師向けの転職サイトを探すのがおすすめです。

助産師向け転職サイトのサポート例
  • 求人の紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接日の調整
  • 年収交渉
  • 入職日の調整

助産師に強い転職サイトのおすすめの使い方

助産師に強い転職サイトのおすすめの使い方

転職サイトは複数登録する|より希望条件にマッチする求人を探せる

助産師に詳しい転職サイトを利用するなら、複数サイトに登録することをおすすめします。助産師向けの転職サイトによって得意な分野が異なったり、取り扱っている求人が違う可能性もあるためです。

また転職サイトを利用する際は、担当者との相性も重要になります。複数の助産師向け転職サイトに登録しておけば、担当者との相性が良くない場合でも、転職活動に遅れが出ないでしょう。

検索機能で情報収集|自分が働きたいエリアの求人をチェック

理想の転職を成功させるためには、まずは助産師向けの転職サイトに用意されている検索機能で、情報収集をおこないましょう。公開されている求人であれば、登録なしでも閲覧できます。

また助産師に強い転職サイトによっては、こだわり条件・診療科目などからも詳しく検索できます。自分が働きたいエリアに、どのような求人があるのか、事前にチェックしておくと便利です。

スカウト機能も利用|効率よく転職活動を進められる

助産師向けの転職サイトによっては、メールアドレスを登録しておくことで、スカウトメールを受け取れます。自分のスキルや経験を、高く評価してくれる法人も見つかるかもしれません。

スカウトメールだけに頼るのはよくありませんが、自分の力だけで求人を探すよりも、効率よく転職活動ができるでしょう。助産師に詳しい転職サイトに登録したら、合わせてメール設定をしておくことをおすすめします。

希望条件は遠慮せず伝えよう|できる限り詳細に伝えることが大事

エージェント型の助産師向け転職サイトを利用する場合、希望条件をしっかり伝えることが、転職を成功させる秘訣です。

「土日休みがいい」「年収アップを目指したい」など、転職先に求める条件はできる限り詳細に伝えましょう。細かい要望を伝えておくことで、自分の理想に近い求人を紹介してもらえますよ。

合わないと思ったら担当変更も|基本的に変更はいつでもできる

助産師向けの転職サイトを利用していると、「連絡がしつこい」「転職を急かしてくる」など、キャリアアドバイザーとの相性が良くないと感じることも稀にあります。

相性が悪いと転職活動に遅れが出たり、転職後に後悔したりする可能性も考えられます。基本的に担当変更はできるので、合わないと思ったら変更をお願いしてみてください。

ただし、キャリアアドバイザーが少ない転職サイトだと、変更できないと言われるケースもあります。その場合は、ほかの助産師に強い転職サイトを利用しましょう。

助産師に強い転職サイトの利用の流れ

助産師に強い転職サイトの利用の流れ

まずは助産師求人をチェック|公開求人なら登録しなくてもOK

まずは公式サイトから、どんな助産師の求人があるかを探してみましょう。助産師向けの転職サイトによっては、公開求人が掲載されており、会員登録しなくても確認できます。

そのため「すぐに今の職場をやめない」という人も、一度チェックしてみてください。自分のこだわり条件に合わせて、助産師の求人を検索できますよ。

気になる転職サイトに登録|無料でサポートを受けられる

もし気になる助産師向けの転職サイトがあれば、ぜひ登録してみましょう。入力するのにかかる時間は数分程度で、手数料なども一切かからないので安心してください。

登録後は、キャリアアドバイザーと面談を行います。希望条件をヒアリングしながら、非公開の求人も紹介してもらえるので、こだわりたいポイントを事前に決めておくことが重要です。

応募・面接に向けて準備|対策もしっかりしてくれる

サポート体制の充実した助産師向け転職サイトであれば、履歴書・職務経歴書の添削などもしてくれます。書き方がわからない人でも、書類選考の通過率がグッと上がるでしょう。

また面接対策をしてくれる点も、助産師に強い転職サイトのメリットのひとつです。面接で聞かれやすい質問や、回答例も教えてくれるので、不安な人は聞いておきましょう。

内定・入職日の調整|入職後のフォローが充実しているところも

内定をもらえたら、入職に向けて準備を進めます。退職までのサポートや入職時期の調整も、キャリアアドバイザーが対応してくれるので、お願いしておくと良いでしょう。

また助産師に強い転職サイトによっては、入職後でも気軽に連絡できるところがあります。フォロー体制が整っている助産師向けの転職サイトを選べば、入職後も安心して働けるはずです。

助産師向け転職サイトのおすすめ比較まとめ

今回は、おすすめの助産師に強い転職サイト・転職エージェントを比較しました。

助産師向けの転職サイトを利用すれば、自分に合ったおすすめ求人を探せます。しかし求人数や特徴は、転職サイトごとに異なるので注意が必要です。

おすすめの助産師向け転職サイトを選ぶ際には、ぜひここで紹介した内容を参考にしてみてください。

目次