【2022年】宅建士は就職しやすい?資格取得の実態を完全解説!

「できる限り収入が高くて安定した企業に就職したい」
「転職とかしなくてもいいような企業に入社したい」

みなさんは以上のような希望を持っているのではないでしょうか。

しかし最近の日本の企業は、収入が低く海外に買収されたり、倒産したりして不安定です。できる限り安定した企業で高収入を得たいと考えている人は多いと思います。

そのため資格勉強に力を入れている学生も多く、大学では人気の資格を取る人が続出しています。

今回は人気資格の一つである、宅建と宅建を得ることによって就職に影響を与えるのか解説します。

今後就活を控えている人や宅建資格の取得を考えている人は必見の記事です。

目次

そもそも宅建とは?どんな仕事内容?

そもそも宅建とは、宅地建物取引士の略で宅地建物取引業法に基づき定められている国家資格者のことをいいます。

不動産会社が取り扱う建物の売買や交換、契約などの取引に対して、購入者の利益の保護や構成な取引事務を行うための専門家です。

専門家が必要な理由は、購入するものが非常に高価で購入者が知らない法律や知識が多いためです。

知識や経験を提供することで、不当な契約を防ぎ損害を出さないようにします。

不動産を取り扱う人になるには、必須の資格といえます。

宅建の業務内容について

宅建にはさまざまな業務があります。たとえば以下のとおりです。

  • 土地や建物の売り出しをしたい人の手助けをする
  • 土地や建物の購入をしたい人、借りたい人の要望にあった不動産を探し、紹介する
  • 土地や建物の売主・買主の仲介をし、契約までの段取り、契約のサポートを行う
  • マンションやアパートの管理
  • 不動産や資産の運用アドバイス、コンサルティング
  • 土地を貸したい人と借りたい人のマッチング
  • 土地や建物をデベロッパーへ売却

他にも土地や建物の書類手続きや営業も存在します。

宅建には独占業務がある

宅建には独占業務があります。

独占業務は以下のとおりです。

  • 重要事項の説明
  • 重要事項説明書への記名押印
  • 契約書への記名押印

土地や建物の売買や賃貸の取引時に重要事項を説明しなければなりません。また重要事項への押印や記名も宅建士が担当する業務です。

資格を持っていない人がこれらの業務を担当すると、最悪の場合罰則があります。

宅建の資格は就職で有利になるのか?

結論からいいますと、宅建の資格を取得すれば就職は一部の業界で有利になります。具体的には不動産業界や建設業界、金融業界が挙げられます。

理由は不動産の取引が多く、取引に欠かせない契約書や重要事項の契約書作成ができるからです。そのため建物や不動産に興味がある方には、おすすめの資格といえます。

とは言え「なぜこのような結論にいたるのか?」疑問に感じますし、信用できる情報ではありません。具体的には以下3つのような根拠があります。

理由①銀行や金融業界は不動産資格を持っている人が少ないもしくは知識がない

銀行や証券、リース企業で不動産関連の資格を持っている人は少ないです。理由は、金融業界で勤務している人は、金融関連の資格取得で忙しいからです。

そのときに宅建士を取得すれば、不動産の取引で必要なリースやローンの取引に参加できます。また金融業界には不動産に関する知識がなく、不動産価値の上下や今後の将来性しか把握できません。

しかし宅建士であれば、それぞれの建物や賃貸の契約を素早く把握でき、金融商品の需要を見抜けます。

理由②法律で宅建士が各企業に必要だから

宅建士の資格は不動産業界では必ず必要な資格です。不動産業者では各事務所の従業員5人につき1人以上の宅建士を雇わなければなりません。

法令を遵守できなければ、それぞれの事業所では不動産の取引ができなくなります。そのため、どの不動産事業所でも宅建士の資格は必要です。

宅建士の設置義務と独占業務があるため宅建士の需要はなくなることはありません。

理由③新卒で持っていると有利に働く

宅建士は新卒には就職で有利になります。大手不動産企業に就職するときに資格を取得していると、選考が有利になります。

ほかにも大手建設企業も不動産の取引で宅建士が必要なため、資格保有者は必要な人材です。

今後就活で不動産業界を検討している人は、ぜひ資格取得を検討しましょう。

不動産会社への就職は宅建士資格が必須?

結論からいいますと、不動産会社に就職するために宅建士は不要です。

そもそも全員が宅建士を持つ必要はない

宅建士は就職に有利になるだけで、必須ではありません。多くの学生は宅建士を持たずに入社しています。

つまり宅建士がなくても不動産業界に就職でき、あとから取得する方法もあります。

不動産会社に入社するときに別の資格でも入社できる

企業を運営するにあたって多くの資格やスキルが必要です。たとえば経理では簿記2級が最低でも必要です。

他には法律関連の知識やスキルがなければ取引が難しいときもあります。

そもそも資格の有無で就職の判断に大きな影響を与えない

就職活動では資格の有無で内定を決めません。

資格があれば、有利になるだけで別の部分が良くなければ採用されません。

不動産以外だと、宅建取得で活躍できる就職先はどこ?

宅建資格が不動産以外で活躍できる業界は以下のとおりです。

  • 金融
  • 銀行
  • 大手企業

就職先①金融

金融業界では宅建資格を求めている企業が一部あります。

不動産価格や不動産にかかわる金融商品をローンとして組むときに、同時に保険も契約するからです。

つまり不動産の取引を宅建士に任せて、金融企業は金融商品を同時に顧客に販売できます。

就職先②銀行

ローンを組むときに宅建の資格が有効に使えます。

理由は不動産や土地などの売買のときにローンを組む人がいるからです。

不動産の価値やとき価格の変化や需要を正確に把握でき、ローンを正確に見積もれます。

就職先③大手企業

大手建設業界では宅建士の需要があります。建設に必要な知識や重要な書類の作成はもちろん、テナント契約するときの書類作成、建物の賃貸管理まで可能だからです。

建物を建てるだけでなく、管理や賃貸としてビジネスができれば大きな収益源になります。

そのため宅建を持っていれば、特定の場所で活躍することも夢ではありません。

【ケース別】宅建の資格取得で有利になる可能性

しかし宅建を持っていても、すでに大学を卒業してしまった方やまだ高校生で宅建を検討している方もいるのではないでしょうか。

またメリットを紹介されても具体的なシーンを思い浮かべられない人も一定数いるのもわかります。

そのためそれぞれのケースに分けて資格取得が有利になるかどうか解説します。

【ケース1】宅建の資格があれば未経験でも就職できる?

宅建の資格があっても未経験の場合、希望する仕事内容によって就職ができません。たとえば建築業の場合、建築関連に直接最初から関わるのは難しいです。

理由としては、経験もない人に大きな業務を任せられないからです。反対に事務やバックオフィスで契約書の書類作成などはできます。

その後経験を積んでから、現場や大きい仕事を担当できます。

【ケース2】宅建の資格があれば新卒・高卒で有利になる?

結論からいいますと、不動産業界や金融業界、建築業界では宅建の資格があれば就職が有利です。

とくに不動産業界では必ず確保しなければならない人材のため、常に募集があります。今持っていなくても就活までに取得すれば、安定して仕事を得られます。

また宅建資格取得者は、平均給与よりも高くなるため、就職活動の切り札として活用可能です。

男性・女性で有利さは出るのか?問題

男性・女性で有利・不利はありません。

理由は性別で能力が変わることはなく、経験年数で大きく年収が変わるからです。

しかし基本的に男性の方が年収が高く、理由は管理職になる人が多いことや宅建を取得しても女性が資格を活かせる企業が少ないことが挙げられます。

また金融関連では女性が働くのは難しいところもあり、男性の方が年収が高いのが実情です。

【ちなみに…】40代・50代からでも宅建を勉強して役立つ?

40代や50代で宅建を取得しても多くの方には役に立ちません。宅建が役に立つのは不動産業界や金融業界など経験がある人のみになります。

未経験で取得しても評価されず、転職や再就職でも活用できません。40代や50代は即戦力が求められるため、資格に期待しすぎるのはよくないです。

ただし副業のような感覚で、副収入を得る場合は活用できます。アルバイトとして宅建資格保有者を募集していることもあるため、一度募集を確認してみましょう。

目次
閉じる