3.11 震災・復興 子ども支援・に関するニュースまとめ一覧

東日本大震災被災地の小中学生対象、SoftBank東北絆CUP 画像
生活・健康

東日本大震災被災地の小中学生対象、SoftBank東北絆CUP

 ソフトバンクは2019年3月29日、東日本大震災の被災地の子どもたちを応援する「SoftBank東北絆CUP 2019」の日程・会場を発表した。岩手県・宮城県・福島県の小中学生を対象に、参加者を募集している。

母子避難者に対する高速道路無料化措置を1年延長へ…原発事故から8年 画像
生活・健康

母子避難者に対する高速道路無料化措置を1年延長へ…原発事故から8年

国土交通省は、原発事故による母子避難者に対する高速道路の無料措置期間を2020年3月31日まで延長すると発表した。

家族の再会を支援、母子避難者は高速道路無料…2019年3月末まで延長 画像
生活・健康

家族の再会を支援、母子避難者は高速道路無料…2019年3月末まで延長

 国土交通省は2018年3月2日、福島第一原発事故による母子避難者に対する高速道路の無料措置期間を2019年3月31日まで延長すると発表した。

東北3県「すこやカラダ大作戦」4年目も継続、子どもの健康を推進 画像
生活・健康

東北3県「すこやカラダ大作戦」4年目も継続、子どもの健康を推進

 小野薬品工業とスポーツ・コミュニティ・アンド・インテリジェンス機構は、スポーツやカラダを動かす楽しさを伝える3ヶ年プロジェクト「すこやカラダ大作戦」の継続を決定した。

TOMODACHI Honda、全国へ拡大…高校生リーダーシップ育成プログラム 画像
教育業界ニュース

TOMODACHI Honda、全国へ拡大…高校生リーダーシップ育成プログラム

 ホンダとTOMODACHIイニシアチブは2月9日、全国の高校生を対象とした「TOMODACHI Hondaグローバル・リーダーシップ・プログラム」を設立したと発表した。

「子どもたちに元気や笑顔を」田中将大・楽天選手が仙台で支援 画像
生活・健康

「子どもたちに元気や笑顔を」田中将大・楽天選手が仙台で支援

 ニューヨーク・ヤンキースに所属する田中将大をはじめ、東北楽天ゴールデンイーグルスの辛島航、則本昂大、釜田佳直、松井裕樹、藤平尚真が仙台市の小学校にて2018年1月24日(水)、交流イベントを開催した。

被災校を支援「チャリティー年賀状」2018、若者デザイン全144種類 画像
教育・受験

被災校を支援「チャリティー年賀状」2018、若者デザイン全144種類

 博報堂アイ・スタジオは、全国の学生と宮城県気仙沼市立唐桑中学校の生徒がデザインした2018年のお正月向け「チャリティー年賀状」全144点の販売を開始した。CONNECTITが運営する「ネットで年賀状」と「スマホで年賀状」で、2018年1月4日まで購入できる。

駅舎デザインを投票で決めよう、大槌駅が総選挙開催8/11・12 画像
生活・健康

駅舎デザインを投票で決めよう、大槌駅が総選挙開催8/11・12

 盛(さかり)駅(大船渡市)~釜石駅(釜石市)間の南リアス線と、宮古駅(宮古市)~久慈駅(久慈市)間の北リアス線からなる岩手県の三陸鉄道は、8月11・12日、大槌(おおつち)駅デザイン総選挙を開催する。

「楽しかった!」の笑顔、小野薬品×SCIXが健康支援…すこやカラダ大作戦 画像
生活・健康

「楽しかった!」の笑顔、小野薬品×SCIXが健康支援…すこやカラダ大作戦

 小野薬品工業(小野薬品)とスポーツ・コミュニティ・アンド・インテリジェンス機構(SCIX)は、4月~6月まで計3回に渡り、6歳から9歳の子どもを対象に岩手県大船渡市にて元気な「カラダづくり」を推進する「すこやカラダ大作戦 in いわて」を開催した。

マツダ、被災中高生のフランス行きホームステイを支援…ルマン見学も 画像
教育・受験

マツダ、被災中高生のフランス行きホームステイを支援…ルマン見学も

 マツダは6月13日、東日本大震災被災児童自立支援プロジェクト「サポート・アワー・キッズ」の趣旨に賛同し、被災した中学生および高校生9名のフランスでのホームステイを支援すると発表した。

高校生百貨店、丸井錦糸町に期間限定オープン3/18-20 画像
教育・受験

高校生百貨店、丸井錦糸町に期間限定オープン3/18-20

 丸井錦糸町店は、3月18日から20日までの3日間限定で、かぎかっこPROJECTによる「高校生百貨店」を開催する。宮城県石巻・女川・東松島市の商品を、地元の高校生が販売する。開催場所は丸井錦糸町の1階。

【春休み2017】朝小、災害研究最前線を取材する小学生記者募集 画像
教育イベント

【春休み2017】朝小、災害研究最前線を取材する小学生記者募集

 朝日小学生新聞が、東日本大震災の被災地や災害研究の最前線を取材し、新聞にまとめる小学生を、保護者とペアで募集する。応募者多数の場合は東北地方在住者を優先したうえで抽選。新中学生も参加できる。

高校生の渡米をソフトバンクGらが後押し、プログラム参加者募集 画像
教育イベント

高校生の渡米をソフトバンクGらが後押し、プログラム参加者募集

 米日カウンシル―ジャパン TOMODACHIイニシアチブ(TOMODACHI)とソフトバンクグループは2月1日、「TOMODACHIサマー2017 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」の参加者の募集を開始した。同プログラムは2012年よりスタートし、今年で6年目。

東日本大震災から6年「進学と就職を考える」、聖学院が冊子配布 画像
教育・受験

東日本大震災から6年「進学と就職を考える」、聖学院が冊子配布

 聖学院大学の人間福祉学部こども心理学科は1月23日、東日本大震災に関わる家族や教師などの支援者に向けた冊子「子どもの心にそっと寄り添う―第六集 進学と就職を考える―」を発行する。希望者に無料で郵送する。初版は5,000冊。

【センター試験2017】東日本大震災に関わる検定料等免除、申請は1/27まで 画像
教育・受験

【センター試験2017】東日本大震災に関わる検定料等免除、申請は1/27まで

 大学入試センターは12月9日、東日本大震災で被災した平成29年度(2017年度)大学入試センター試験志願者の検定料等免除について発表した。免除対象者は、検定料および成績通知手数料が免除される。

いじめのない学校生活の実現をめざして…聖学院大が10/10にシンポ 画像
教育・受験

いじめのない学校生活の実現をめざして…聖学院大が10/10にシンポ

 聖学院大学は10月10日にシンポジウム「いじめのない学校生活の実現をめざして」を開催する。同大の人間福祉学科長をはじめとする専門の教員が、いじめとその周辺の問題を多面的にとらえて講演を行う。受講料無料で事前申込み不要。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
Page 1 of 6
page top