子ども調査に関するニュースまとめ一覧(20 ページ目)

妖怪ウォッチ3位、3年ぶりの1位は?子どもの好きなキャラ 画像
趣味・娯楽

妖怪ウォッチ3位、3年ぶりの1位は?子どもの好きなキャラ

 バンダイは6月22日、子どもの好きなキャラクターに関する意識調査の結果を公表した。男女総合1位には3年ぶりに「それいけ!アンパンマン」、2位には初めてTOP3入りとなる「ドラえもん」がランクインした。

小学生、6人に1人が便秘状態…半数以上が「学校でしない」 画像
生活・健康

小学生、6人に1人が便秘状態…半数以上が「学校でしない」

 小学生の6人に1人が便秘状態にあることが6月19日、日本トイレ研究所の調査結果からわかった。小学校のトイレでは、人目などを気にして排便を我慢する傾向が強く、半数以上の小学生が「学校のトイレでうんちをしない」と回答した。

情報教育授業の教材、中学校教諭「満足していない」42% 画像
教育・受験

情報教育授業の教材、中学校教諭「満足していない」42%

 中高生の約7割がインターネット利用時にURLを意識しておらず、教諭の35.6%がドメイン名を授業で教えていないことが、日本レジストリサービス(JPRS)の調査から明らかになった。また、中学校教諭の約4割が「情報教育」の授業で使う教材に満足していなかった。

犯罪の誘惑に負けない子、育てるために大切なこと…警視庁 画像
生活・健康

犯罪の誘惑に負けない子、育てるために大切なこと…警視庁

 警視庁は6月15日、犯罪の誘惑に負けない子を育てるためのヒントを探る「犯罪の誘惑に負けない子を育てるために」を公開した。子どもと保護者との強い絆から、他者を思いやる心を育むことが子どもの規範意識に関係してくるという。

先進国の子ども、5人に1人が相対的貧困…日本の格差は下から10番目 画像
生活・健康

先進国の子ども、5人に1人が相対的貧困…日本の格差は下から10番目

 ユニセフ(国連児童基金)は6月15日、報告書「未来を築く:先進国の子どもたちと持続可能な開発目標(SDGs)」を発表した。先進国では子どもの5人に1人が相対的貧困状態にあるという。日本は、子どもの貧困・格差において厳しい状況にあることがわかった。

日本語指導が必要な子ども…日本籍9,612人、外国籍3万4,335人 画像
教育・受験

日本語指導が必要な子ども…日本籍9,612人、外国籍3万4,335人

 文部科学省は6月13日、「日本語指導が必要な児童生徒の受入状況等に関する調査(平成28年度)」の結果を公表。日本語指導が必要な児童生徒は、外国籍が3万4,335人、日本国籍が9,612人。いずれも前回調査より増加した。

子どもの前向きな将来像、カギは「居場所の多さ」 画像
生活・健康

子どもの前向きな将来像、カギは「居場所の多さ」

 自分の居場所と感じる場が多い若者の方が、生活の充実度が高く、前向きな将来像を描く傾向にあることが、内閣府「平成29年版 子供・若者白書(旧青少年白書)」からわかった。

英語「役立つ」中学入学で3割減、課題は小中接続 画像
教育・受験

英語「役立つ」中学入学で3割減、課題は小中接続

 ベネッセホールディングスの社内シンクタンク「ベネッセ教育総合研究所」は6月13日、全国の中学1年生1,170人を対象に行った調査「中1生の英語学習に関する調査」の結果を発表した。

高校の中退防止、カギは高1の1学期 画像
教育・受験

高校の中退防止、カギは高1の1学期

 国立教育政策研究所は6月7日、高校中退者と非中退者の高校3年間における意識の変容を比較分析した調査報告書を公表。両者間で有意差があった項目などをまとめており、高1の1学期での働きかけが中退防止のポイントとなることなどわかった。

お父さんよりお母さん、子どもの価値観は20年で変化…博報堂 画像
生活・健康

お父さんよりお母さん、子どもの価値観は20年で変化…博報堂

 博報堂生活総合研究所は6月8日、「こども20年変化」調査結果の速報を発表。1997年からの10年ごとの調査から、豊かさの実感や幸福度が高く、母親への尊敬度合いが上昇、新商品や流行への興味は低下しつつも興味のある情報への取得は積極的という姿が浮かびあがってきた。

高校生の朝食、ご飯がパンに勝利…男子を中心に支持じわり 画像
生活・健康

高校生の朝食、ご飯がパンに勝利…男子を中心に支持じわり

 高校生の朝食は「パン」より「ご飯」――。農林中央金庫の調査によると、東京近郊に住む高校生が普段食べている朝食はご飯がもっともも多く、パンを押さえて初めてトップに躍り出た。男子生徒を中心にご飯が支持を集めた。

おこづかいのもらい方、15年前から大きく変化 画像
生活・健康

おこづかいのもらい方、15年前から大きく変化

 毎月決まった金額のおこづかいをもらう中高生は、15年前より大きく減少していることが、リサーチ・アンド・ディベロプメントの調査結果からわかった。平均金額も減っており、高校生は1,500円以上の減少がみられた。

将来の子どもの職業、母親の4割「高い技術力が必要な専門職」希望 画像
教育・受験

将来の子どもの職業、母親の4割「高い技術力が必要な専門職」希望

 将来、子どもに就いてほしい仕事について、4割以上の母親が高い技術を持った専門職に就いてほしいと考えていることが、「Gakken Tech Program」のアンケート調査からわかった。また、8割近くが「ITやプログラミングに関する知識が必要」と答えている。

中高生の半数以上が電子マネーを利用、おこづかいとは別枠? 画像
生活・健康

中高生の半数以上が電子マネーを利用、おこづかいとは別枠?

 中高生の56.8%が電子マネーを店での買い物の支払いに使っていることが、リサーチ・アンド・ディベロプメントの調査により明らかになった。中高生は、「なるべく電子マネーは利用しない」という意識が大人よりも強いこともわかった。

0-9歳の子ども39.2%がネット利用、8割は動画を視聴 画像
デジタル生活

0-9歳の子ども39.2%がネット利用、8割は動画を視聴

 内閣府は5月19日、「低年齢層の子どものインターネット利用環境実態調査」の調査結果を公表した。これによるといずれかの機器でインターネットを利用する子どもは39.2%にのぼり、利用状況は85.4%が動画視聴との回答が得られた。

乳幼児の虫歯、健康格差が成長とともに拡大…東北大ら研究グループ 画像
生活・健康

乳幼児の虫歯、健康格差が成長とともに拡大…東北大ら研究グループ

 乳幼児の「虫歯の健康格差」は、成長とともに拡大する傾向にあることが5月19日、東北大学などの研究グループによって明らかになった。格差の縮小には、乳幼児健診や幼稚園・保育園などでの対策が有効だという。

  1. 先頭
  2. 10
  3. 15
  4. 16
  5. 17
  6. 18
  7. 19
  8. 20
  9. 21
  10. 22
  11. 23
  12. 24
  13. 25
  14. 30
  15. 40
  16. 50
  17. 最後
Page 20 of 78
page top