【2024年4月最新】安いオンライン家庭教師おすすめランキング|14社を徹底比較

学年別でオンライン学習をしている割合を見てみると、小・中・高どの学年においても半数以上がオンライン学習を何らかの場所で行っていることが分かりました。

さらに、オンライン学習をしている場所は「塾の授業・指導」が最も多い55.6%という回答でした。

塾や家庭教師などを利用しているうち半数以上が学習をオンラインで行っていることが分かります。

近年の感染症対策の影響もあり、家庭教師をオンラインで利用しようとする動きは少なくありません。

オンライン家庭教師をするメリットは密の空間を避けてコロナウイルス感染を防ぐというだけでなく、教師の自宅までの通勤時間を省略できることで授業時間が幅広く取れたり、家庭教師を迎え入れるための準備や片付けをする手間もかからないところがあります。

そんな中、オンライン家庭教師を始める会社と取り上げるメディアも急増しています。

しかし「サービスや情報が増えれば増えるほど、どれを選んで良いのかわからなくなってしまう」という意見が当サイトに多く寄せられるのが現実…。

今、このページを見ていただいている方を含め、初めの”一歩”を踏み出せない方を一人でも減らすため!

当ページでは次のようなポイントに絞って、わかりやすく解説していきます。

・重要な3つの選び方に沿ってポイントを徹底比較
・受験生がオンライン家庭教師を利用するメリットはあるのか?
・おすすめは評価が高いTOP5つに絞って詳しく解説

まずは大本命の「安いオンライン家庭教師ランキングTOP14」から見ていきましょう。

目次

コスパ抜群の安いオンライン家庭教師おすすめランキングTOP14

今回のランキングでは、数あるオンライン家庭教師に以下のような調査を実施することで厳選しました。

具体的には、合計25点で評価してランキング化しています。

実施調査した項目
受講費用
対応科目
カリキュラム
サポート体制
管理機能

それでは一つひとつオンライン家庭教師の特徴を見ていきましょう!

家庭教師の銀河|24時間フィードバックに対応できるよう映像授業を提供

出典:家庭教師の銀河

【ランキング評価】

  • 受講費用
    5
  • 対応科目
    5
  • カリキュラム
    5
  • サポート体制
    5
  • 管理機能
    4

受講費用
対応科目
カリキュラム
サポート体制
管理機能
総合評価24/25点

★教材の分析★

ー受講費用の安さー
1,375円:30分1コマ

ー教え方の質ー
兄弟同時指導も可能

ー教材の充実度ー
オリジナルテキストも販売中

ーサポート体制ー
LINE,電話でのサポートあり

ー運営会社の信頼性ー
会員の教師・サービス満足度98%

家庭教師の銀河では、小学生から高校生の生徒まで一律の料金に設定しています。

そのため学年が上がっても受講費用が増えることなく、ずっと利用し続けても家計への影響は広がりません。

兄弟がいる場合は同時間内に指導が可能であれば兄弟の受講費用が無料になります。

また、1コマから追加していく制度なので、月によって指導回数を増やしたり減らしたり調整しても、その回数に応じた受講費用の支払いで済むのがご家庭にとっては嬉しいサービスです。

【まとめると…】

メリット
小学生~高校生まで学年が上がっても料金は変わらない
兄弟同時指導で指導料は無料
回数制で都合に合わせた料金設定ができる

デメリット
中学受験コースがない
学生教師の所属大学に偏りがあり、人数が少なめ

【オンライン家庭教師|3つの評価ポイント】

①24時間フィードバックに対応できるよう映像授業を提供
授業時の指導だけで学習時間が足りないという場合は、家庭教師の銀河が提供している映像授業を視聴することもできます。
理解が伸びていない部分を映像授業で補いつつ、分からなかったところは次の授業で確認するといった進め方も可能です。

②キャンペーンが豊富で家計にやさしい
家庭教師の銀河ではキャンペーンが豊富に用意されているので、うまく活用することで受講費用をお得にできます。
とくに兄弟がいるご家庭にとっては、3人までであれば同時授業で受講費用は1人分なので、かなりお得ですよね。

③スタッフによるアフターフォローは満足度98%
スタッフから電話やLINEによる学習状況のフォローがあるため、生徒・保護者からの満足度が高いサービスです。
分からないところはもちろん、保護者が指導内容や進路について不安に思うときはいつでもスタッフへ相談できます。

【基本情報まとめ】

コースごとの料金(税込)・22,000円:入会金
・1,375円:30分1コマ
サービスの特徴・回数制
・後払い式でスケジュールに合わせて月謝を調整
登録講師の規模・所属大学・講師人数:数百名程度
・主な所属大学:京都大学など
・社会人講師:在籍あり
オンライン授業の手段・独自システムを使ってリアルタイムに通話
サポート体制・スタッフからでの電話サポート
・LINEを使ったフォロー対応
受講コースの種類・中学生コース
・高校受験コース
・高校生コース
・大学入試コース
キャンペーン/保証制度・「ホームページを見た」で入学金50%オフ
・点数アップで銀河賞10,000円ゲット
・兄弟同時指導は無料
・ご紹介割引
・母子・父子家庭応援制度

メガスタ|質問サービスで授業がない日も教えてもらえる

出典:メガスタ

【ランキング評価】

  • 受講費用
    5
  • 対応科目
    5
  • カリキュラム
    5
  • サポート体制
    4
  • 管理機能
    4

受講費用
対応科目
カリキュラム
サポート体制
管理機能
総合評価23/25点

★教材の分析★

ー受講費用の安さー
5,456円〜5,896円:週1回80分コース(学生教師)

ー教え方の質ー
手元カメラと表情カメラで会話しながら添削できる

ー教材の充実度ー
通学先での使用教材・問題集を使用可能

ーサポート体制ー
24時間体制の「いつでも質問サービス」を実施

ー運営会社の信頼性ー
2007年から教育事業を開始しており授業満足度96.3%
(2021年9月~2022年8月に実施した14万2000回の授業で生徒評価5段階(満足・やや満足・普通・やや不満・不満)から「満足・やや満足」と回答した率)

メガスタはオンライン家庭教師での指導実績も長く、約35,000人の教師が登録されている大規模なサービスです。

生徒一人ひとりの成績や目標・希望の条件を元に教師をマッチングしてくれます。

オンラインでの利用方法は独自システムを採用していて、小学生が一人でも授業に参加しやすく直感的な操作が可能です。

授業では生徒・教師の表情と同時に生徒の手元も映され、生徒の書き込む内容を確認しながら教師が解説・添削をします。

授業はすべて独自AIが判断し、適切な指導内容を都度提案して授業を改善していく、サービスも授業の質も安心できるオンライン家庭教師です。

【まとめると…】

メリット
約35,000人の難関大生・プロ講師が在籍
小学生ひとりでも始めやすい独自システム
教師の授業はすべてAIが判断・改善提案

デメリット
機材の準備が必要(レンタルは有料)
オリジナル教材・問題集はない

【オンライン家庭教師|3つの評価ポイント】

①いつでも質問サービスがあれば学校の宿題も完璧
メガスタでは「いつでも質問サービス」というシステムが特徴的です。
回答が分からない問題をスマホで撮影して、連携LINEアカウントに投稿することで、最短5分・最長24時間以内に回答が返ってきます。
回答してくれるのは教員経験者や、予備校などでの指導経験が10年以上の教師です。
ただ答えを教えるのではなく、問題を解く際に参考になる動画を教えてくれたり解説をしてくれます。

②見守り安心サポートで保護者も安心
見守り安心サポートでは、教師が生徒の指導時の様子を報告する「指導レポート」、生徒が授業の評価をする「指導アンケート」が毎授業後に登録されます。
また、スタッフが月1回保護者へ学習面でのフォロー電話をかけてくれるのも特徴です。
毎回の授業の様子はハイライト動画として登録されるので、保護者も授業参観のように生徒の様子を確認できます。

③返金保証・成績保証で始めやすい
オンライン家庭教師を初めて利用する場合、オンラインによる指導でお子さんの成績が伸びるのか不安ですよね。
メガスタは返金・成績に関する2つの保証制度を用意しています。
「返金保証」は、万が一生徒がオンライン指導が合わず成績が伸びない場合や、システムの接続がうまくいかず改善の余地がない場合には入会金とそれまでの授業料が全額返金される仕組みです。
「成績保証」は指導科目の定期テストが前回のテストより点数が上がらなかった場合、1ヵ月分の追加授業を無料で利用できます。

【基本情報まとめ】

コースごとの料金(税込)・15,000円:入会金
・3,720円~:1時間あたり

<コース一覧>
【公立校対策】
・5,456円〜5,896円:週1回80分コース(学生教師)
・7,128円:週1回80分コース(大学院生・社会人教師)
・8,712円:週1回80分コース(若手プロ教師)
・10,692円〜13,508円:週1回80分コース(プロ教師)
・6,820円〜7,370円:週1回100分コース(学生教師)
・8,910円:週1回100分コース(大学院生・社会人教師)
・10,890円:週1回100分コース(若手プロ教師)
・13,365円〜16,885円:週1回100分コース(プロ教師)

【私立・国立校対策】
・5,984円〜6,424円:週1回80分コース(学生教師)
・7,480円:週1回80分コース(大学院生・社会人教師)
・8,712円:週1回80分コース(若手プロ教師)
・10,692円〜13,508円:週1回80分コース(プロ教師)
・7,480円〜8,030円:週1回100分コース(学生教師)
・9,350円:週1回100分コース(大学院生・社会人教師)
・10,890円:週1回100分コース(若手プロ教師)
・13,365円〜16,885円:週1回100分コース(プロ教師)
サービスの特徴・生徒一人ひとりに合わせた指導プランを用意
・教師の全指導をAIがチェック
・画面上に書き込む必要なし!紙とペンで授業を進められる
登録講師の規模・所属大学・講師人数:約35,000人
・主な所属大学:東京大学、京都大学など国立大学、立命館など私立大学
・社会人講師:在籍あり
オンライン授業の手段・独自システム上で教師とリアルタイムに会話
・顔と生徒の手元を同時にカメラで写してタイムレスに指導
サポート体制・24時間体制のいつでも質問サービス
・毎回の指導内容レポート送付
・生徒による指導アンケート、保護者評価で指導内容を都度調整
・毎月のフォローアップ連絡
・授業ハイライト動画を視聴可能
・パソコンなど必要器具のレンタルあり
・指導前の操作ガイダンスを実施
・LINEでの学習・進路相談の受付
受講コースの種類・公立校対策
・私立・国立校対策コース
キャンペーン/保証制度・返金保証制度
・成績保証制度

トライのオンライン個別指導塾│全国33万人の登録教師からお子さまに最適な教師を選定

出典:トライのオンライン個別指導塾

【ランキング評価】

  • 受講費用
    5
  • 対応科目
    5
  • カリキュラム
    4
  • サポート体制
    4
  • 管理機能
    4

受講費用
対応科目
カリキュラム
サポート体制
管理機能
総合評価22/25点

★教材の分析★

ー受講費用の安さー
カリキュラムによるが、最安で月額1万円台からスタート可能

ー教え方の質ー
難関大や有名私立大出身のプロ教師を含め、合格実績多数の33万人が在籍

ー教材の充実度ー
持ち込み教材に自由に対応可能、ない場合は無料教材も利用できる

ーサポート体制ー
教育データを活用した情報提供やAI学習分析で効率よくプランを調整

ー運営会社の信頼性ー
塾・家庭教師大手で120万人以上の生徒を指導した実績あり

全国に個別指導塾を展開する塾・家庭教師サービス大手のトライグループが手掛ける、オンラインサービスです。

全国各地の登録教師は33万人にものぼるため、オンラインでも質が高く幅広いご要望に対応できる教師を紹介してくれます。

コスパ良く使えるポイントは、演習問題と映像授業に追加費用が不要であること。

システム管理費や教材費といった授業料以外の費用も発生しないため、無駄なコストをかけることなくオンライン家庭教師を利用できますよ。

【まとめると…】

メリット
全国33万人の登録教師からぴったり合う教師を厳選してくれる
持ち込み教材OKだから、赤本や学校のワークでも授業ができる
入試対策コースも生徒1人ひとりの目標/志望校や現状の学力に合わせたカリキュラムを展開

デメリット
多くの登録教師の中からトライが厳選して紹介するので、相性のいい教師が見つかるまで時間がかかることも
具体的な受講費用は問い合わせるまで見積もりが分からない

【オンライン家庭教師|3つの評価ポイント】

①全国33万人の登録教師から最適な教師を選定してくれる
指導実績だけでなく、ITリテラシーやデジタル指導スキルのある教師が多数在籍しています。
その中から、お子さまに最適な教師を日本全国から選定できるのが大きな特徴です。

②無料オンラインセミナーで学習法や定期テスト対策までノウハウが分かる
無料オンラインセミナーを月に4回程度開催しているので、学習法に関する疑問を解決しやすい環境です。
定期テストから英検まで、幅広い試験対策について解説してくれたり、ここだから聞ける受験対策のノウハウまでお話してくれます。

③教育プランナーが合格までの学習カリキュラムをサポート
教育プランナーが必ず学習進捗をフォローしてくれるので、不安なことも相談しやすいです。
合格するまでの学習プランを作成してくれるほか、テストなどで結果が良くない時の軌道修正も対応してくれます。

【基本情報まとめ】

コースごとの料金10,000円~:月額料金
11,000円:入会金
サービスの特徴・教育プランナーと教師のWサポート
・5教科のテスト対策対応
・映像授業が無料で見放題
・30,000問以上の演習教材を無料で提供
登録講師の規模・所属大学・登録教師数:33万人
・主な所属大学:東大・京大をはじめとした国公立・私立大学
・社会人講師:あり
オンライン授業の手段・スマホ、タブレット、PCから接続
サポート体制・教育プランナーによる定期的な学習面談
・AI学習の提供・最新の教育、受験情報を定期配信
・無料オンラインセミナーの開講
・(有料)Wi-Fiなしでネット接続可能なタブレットの貸し出し
受講コースの種類【小学生向け】
・学校補習コース
・テスト対策コース
・中学入学準備コース
・中学受験対策コース
・難関中学受験対策コース

【中学生向けコース】
・定期テスト対策コース
・さかのぼり学習コース
・高校入試対策コース
・中高一貫校専門対策コース
・難関高校入試対策コース

【高校生向けコース】
・定期テスト対策コース
・大学入試対策コース
・内部進学、推薦対策コース
・総合型入試対策コース
・難関大学入試対策コース
・歯薬獣対策コース
・医学部対策コース

その他多数

4位:東進オンライン学校|実力講師による授業を受けられる

出典:東進オンライン学校

【ランキング評価】

  • 受講費用
    4
  • 対応科目
    5
  • カリキュラム
    4
  • サポート体制
    4
  • 管理機能
    4

受講費用
対応科目
カリキュラム
サポート体制
管理機能
総合評価21/25点

★教材の分析★

ー受講費用の安さー
26,136円〜:12か月一括払い

ー教え方の質ー
実績豊富な実力講師による授業を受けられる

ー教材の充実度ー
講師監修のオリジナルテキストを無料で利用可能

ーサポート体制ー
チャットサポートでお問い合わせに対応可能

ー運営会社の信頼性ー
予備校大手の東進運営で授業への満足度も高い

4位の東進オンラインでは、予備校大手の東進ハイスクールが学習カリキュラムを構築しているため、理解しておくべき単元をしっかりと定着させられます。

授業やテストは毎月日程が決まっているのですが、カレンダー形式でお子さんだけでも直感的にスケジュールが分かりやすいのが特徴です。

受講費用も比較的安価で、10日以内であれば全額返金が保証されているので、試してみる価値はあります。

【まとめると…】

メリット
授業・テストの日程はカレンダーで直感的に分かりやすい
受講費用は比較的安価

デメリット
サポート対応が少なめ
小学講座では、中学生の英語を先取りして学習できない

【オンライン|3つの評価ポイント】

①実績豊富な実力講師による授業を受けられる
授業がわかりやすく、自分のペースで繰り返し受講することが可能なので、「先取り学習」もどんどんはかどります。

②確認/月例テストで授業の理解度をのばす
映像授業とは別に、映像授業後に理解度を確認する確認テストと、月に1度今の理解度を総振り返りできる月例テストがあります。
一方的にテキストや映像授業で学ぶだけではないので、テストで復習していきながら楽しく学習を進めらるでしょう。

③未来発見講座は将来を考えるきっかけづくりに
小学講座で月に一度配信される未来発見講座では、ビジネス界のトップリーダーやスポーツ界などの著名人がインタビューに答えて、幼少期から今の職業を志すまでについて語ってくれます。
お子さんが将来の夢に向かって努力するきっかけづくりにもなる、有益な配信コンテンツです。

【基本情報まとめ】

コースごとの料金(税込)【小1・2向け】
・26,136円:12か月一括払い
・29,964円:毎月払い(年間)

【小3~6向け】
・39,336円:12か月一括払い
・45,144円:毎月払い(年間)

【中学生向け】
・35,760円:12か月一括払い
・41,040円:毎月払い(年間)
サービスの特徴【小1・2向け】&【小3~6向け】
・中学受験のベテラン塾四谷大塚が監修した映像授業・テキスト
・2学年分受講可能で先取り学習も
・確認テスト、月例テストで理解度を伸ばす
・仕事内容を紹介する「未来発見講座」

【中学生向け】
・AI学習機能
・30,000問以上の演習教材
・6,000本の映像授業
受講コースの種類・各学年ごとにコースあり
オンライン授業の手段・お手持ちのパソコン、タブレット、スマートフォンで映像授業をチェック
サポート体制・チャットでのお問い合わせ対応
合格率/実績・受講生の97.7%が「授業の内容がわかった」と回答
キャンペーン/保証制度・10日以内の解約は全額返金

5位:学研の家庭教師│教材は持ち込みだから無駄に購入しなくてもOK

出典:学研の家庭教師

【ランキング評価】

  • 受講費用
    4
  • 対応科目
    4
  • カリキュラム
    4
  • サポート体制
    4
  • 管理機能
    4

受講費用
対応科目
カリキュラム
サポート体制
管理機能
総合評価20/25点

★教材の分析★

ー受講費用の安さー
4,290円~:1コマ(60分)

ー教え方の質ー
難関中のテスト対策から現役大生による入試対策まで幅広いニーズに対応

ー教材の充実度ー
学校や自習で使用している教材を使用可能

ーサポート体制ー
オンライン授業と対面授業のハイブリッド受講が可能

ー運営会社の信頼性ー
教材制作で実績のある学研だからこそ、教育指導の体系が整っている

運営する学研グループは、戦後から学校教育機関に教材を届けてきた教育分野の大手企業です。

教材制作のノウハウを分かっているからこそ、オリジナルの教材を使用するのではなく、生徒が持ち込む教材を使って授業を進められます。

オンラインコースでは主にZoomを活用して授業を進めるため、複雑な学習システムを使う必要もなく、運営管理費などもかかりません。

必要であれば対面授業とのハイブリッド受講も可能なので、ご家庭のニーズに合わせたカリキュラム・受講方法で学習ができるでしょう。

【まとめると…】

メリット
持ち込み教材に対応してくれるから無駄な費用がかからない
独自システムがないから管理費用も不要
スマホやタブレットでも授業に参加できるから時間・場所を選ばない

デメリット
1コマあたりの授業料は他社に比べてやや高め
独自の学習システムがないから使いにくさも

【オンライン家庭教師|3つの評価ポイント】

①定期的なキャンペーンで入会金が0円になるチャンス
入学金がかかってしまう学研の家庭教師ですが、入会金が0円になるお得なキャンペーンを定期的に開催しています。
入会を迷っているなら、キャンペーン期間中に入っておくことで約25,000円もお得にできますよ。

②無駄な教材費が発生する心配なし!持ち込み教材でOK
授業料は他社に比べると高めに設定されていますが、ほかにかかる費用がないのでコスパはいいです。
学校で使っている指定教材が私立で使われているものでもOK。
私立学校に準拠したカリキュラムにも柔軟に対応してくれますよ。

③希望の講師じゃなくても交代にお金はかからない
希望の講師じゃないときは交代を申し出ることもできます。
交代にお金はかからないので、相性の合わない講師で無理に学習を続けるよりも、モチベーション高く家庭教師での学習を続けられるでしょう。

【基本情報まとめ】

コースごとの料金4,290円~:1コマ(60分)
24,200円:入会金
サービスの特徴・専任スタッフによる学習管理
・オーダーメイドカリキュラムを提案
登録講師の規模・所属大学・講師人数:12万人程度
・主な所属大学:名古屋大学、慶応義塾大学など
・社会人講師:あり
オンライン授業の手段・パソコン、タブレット、スマホで対応
・Zoomの使用を推奨
サポート体制・無料の講師交代
・テスト前の科目、授業回数追加
・進路相談対応
・欠席分の振替授業
受講コースの種類【オンラインコース対象】
・セレクト学生家庭教師コース
・レギュラーコース
・プロ家庭教師コース
キャンペーン/保証制度・感謝記念キャンペーン(初期費用24,200円が無料)

6位:インターネット家庭教師Netty|教材も無料で利用できる

出典:Netty

【ランキング評価】

  • 受講費用
    4
  • 対応科目
    5
  • カリキュラム
    4
  • サポート体制
    4
  • 管理機能
    3

受講費用
対応科目
カリキュラム
サポート体制
管理機能
総合評価20/25点

★教材の分析★

ー受講費用の安さー
8,800円:小学1・2年生 週1回50分×月4回

ー教え方の質ー
多岐に分かれたコースで一人ひとりにあった指導を

ー教材の充実度ー
オリジナルテキストを無料プレゼント中

ーサポート体制ー
スタッフがセットアップを無料サポート

ー運営会社の信頼性ー
多角的な教育事業を行う運営会社で指導力も安心

インターネット家庭教師Nettyでは、小学生から社会人までの生徒に合わせた目標設定ができるよう、多岐にわたるコースが用意されています。

ご家庭で選択されたコースと希望の目標などを踏まえた上で、生徒一人ひとりに合わせたカリキュラムを設定してくれるのが特徴です。

また、オリジナルテキストを無料でプレゼントしてもらえたり、必要機材もレンタルできるなど、家計にも優しいサポート対応があります。

授業は時間割で決められた中から選ぶ形式で、生徒側にもスケジュール管理の徹底を習慣づけられるでしょう。

【まとめると…】

メリット
コースが多くて自分に合った指導を受けやすい
1教科につき1テキスト無料で提供中
時間割制度でスケジュール管理を徹底

デメリット
ペンタブレットの準備が必要
学年が上がると受講料金が上がってしまう

【オンライン家庭教師|3つの評価ポイント】

①教師と学習プランナーによるWサポート体制
担当には教師だけでなく、学習プランナーがつきます。
学習プランナーは、家庭とコミュニケーションを取って状況をチェックし、必要に応じてカリキュラムを修正してくれます。
教師に言いづらい悩みや相談も学習プランナーに相談することが可能です。

②独自のオンライン授業システムは機能がたくさん
授業時に接続しているシステムでは、リアルタイムに対話できる機能だけでなく学習に便利な機能が用意されています。
ホワイトボード機能では、教師と生徒が共有して解説を書いたり添削ができます。
ハンディスキャナがあれば、紙媒体の教材をホワイトボードに写すことも可能です。
そのほかにも理解度を示せる理解ボタン機能や、第三者が授業の様子を閲覧できるモニタリング機能もあります。

③周辺機材は無料レンタル可能
オンライン授業を始める際に事前にパソコンやタブレットを準備しますが、それ以外にも、WEBカメラやヘッドセット、ペンタブレットが周辺機器として必要になります。
周辺機器がもともと家にない場合準備するために費用がかかってしまいますが、インターネット家庭教師Nettyではこれらの周辺機器を無料でレンタル可能です。

【基本情報まとめ】

コースごとの料金(税込)・22,000円:入会金

<小学生コース>
・8,800円:小学1・2年生 週1回50分×月4回
・12,100円:小学3・4年生 週1回50分×月4回
・13,200円:小学5・6年生 週1回50分×月4回

<中学受験コース>
・14,300円:中学受験1・2年生 週1回50分×月4回
・16,500円:中学受験3・4年生 週1回50分×月4回
・17,600円:中学受験5・6年生 週1回50分×月4回

<中学生コース>
・14,300円:中学1年生 週1回50分×月4回
・15,400円:中学2年生 週1回50分×月4回
・17,600円:中学3年生 週1回50分×月4回

<高校生コース>
・17,600円:高校1・2年生 週1回50分×月4回
・18,700円:高校3年生 週1回50分×月4回

<その他>
・17,000円:海外子女向けコース
・17,000円:社会人コース
サービスの特徴・時間割制度の導入によりスケジュール管理を徹底
・共有のホワイトボード・スキャン画像でメモや添削を確認できる
・教師は派遣前に専用プログラムを都度研修
登録講師の規模・所属大学・講師人数:約30,000人
・主な所属大学:東京大学、慶応大学、早稲田大学など
・社会人講師:在籍あり
オンライン授業の手段・お手持ちのパソコンなどを用いて教師とリアルタイムに会話
・使用機材にペンタブレットの準備を推奨
サポート体制・Webカメラ、ヘッドセットの無料レンタル
・スタートアップの遠隔サポート
受講コースの種類<小学生コース>
・勉強の習慣づけコース
・文章題克服コース
・読解力アップコース
・中学受験準備コース
・集中力アップコース
・漢検・数検コース
・英語入門コース
・私立小サポートコース

<中学受験コース>
・中学受験(Nettyオリジナル)コース
・中学受験(各進学塾併用)コース
・中学受験(過去問対策)コース
・中学受験(面接対策)コース
・中学受験(基礎から総復習対策)コース
・中学受験(志望校対策)コース
・中学受験(難関校対策)コース

<中学生コース>
・進学塾サポートコース
・志望校別過去問対策コース
・苦手一科目集中コース
・読解力・論証力養成コース
・文章問題・図形克服コース
・一行問題特訓コース
・社会・理科得点力アップコース
・苦手科目克服コース
・定期テスト対策コース
・志望校別受験対策コース
・部活両立コース
・勉強のやり方・習慣づけコース
・進学塾フォローコース
・英検・漢検・数検コース
・文法・長文読解克服コース

<高校生コース>
・苦手科目克服コース
・定期テスト対策コース
・志望校別受験対策コース
・部活両立コース
・赤点対策コース
・AO・小論文対策コース
・センター入試対策コース
・難関国立私立対策コース

<不登校サポートコース>
・不登校サポートコース
・不登校サポート(苦手科目克服)コース
・不登校サポート(基礎固め)コース
・不登校サポート(勉強の習慣づけ)コース
・不登校サポート(勉強のやり方)コース
・不登校サポート(心のケア)コース

<社会人コース>
・短大・大学・大学院入試をする社会人の方のフォロー
・高卒認定試験(大検)から大学受験までをフォロー
・志望校別受験対策コース
・TOEIC・TOEFL等、各種資格試験対策
キャンペーン/保証制度・無料体験授業の参加で入会金が0円
・テキスト1冊プレゼント

7位:オンライン家庭教師Wam|小中学生は自主学習の習慣づけをサポート

出典:Wam

【ランキング評価】

  • 受講費用
    4
  • 対応科目
    4
  • カリキュラム
    4
  • サポート体制
    4
  • 管理機能
    3

受講費用
対応科目
カリキュラム
サポート体制
管理機能
総合評価19/25点

★教材の分析★

ー受講費用の安さー
4,900円~:小学1~3年

ー教え方の質ー
教育改革にも対応したオンライン教室も用意

ー教材の充実度ー
オリジナルテキストも購入可能

ーサポート体制ー
教育アドバイザーが保護者・生徒の学習に関する悩みを解決

ー運営会社の信頼性ー
多くの受講生・保護者から満足度の高い声あり

オンライン家庭教師Wamでは、iPadを使って生徒と教師がオンライン授業を行います。

そのためリビングや保護者の傍でも授業を受けることが可能です。

コースは多数揃っていて、中高一貫校の受験・定期テスト対策もあります。

また、小学校の教育改革に合わせて、プログラミング教室もオンラインで開講しています。

高校生は医学部受験を臨む生徒専用にカリキュラムを用意したコースもあるので、進路の選択肢を増やしたい方におすすめのオンライン家庭教師です。

【まとめると…】

メリット
学習状況を分析して常にカリキュラムを見直し
オンラインでのプログラミング学習も可能
医学部受験対策も対応したコースあり

デメリット
iPadと純正機器を準備する必要がある
紙媒体の教材に関する質問が困難

【オンライン家庭教師|3つの評価ポイント】

①オンライン自習室を活用できる
オンライン家庭教師Wamではオンライン自習室が開講されているのが特徴です。
自習の様子をカメラで生徒たちが共有し合い、まるで自習室にいるかのような雰囲気で学習できます。
ルームマスターが見回る制度や、自習内容のレポート・スタッフへの自習室内での質疑応答にも対応しています。

②キャンペーンが多く用意されている
授業料は学年が上がるごとに上がっていきますが、高校3年生でも最安10,400円と比較的安価な受講費用です。
それだけでなく、入学金や初月の月謝が0円になるキャンペーンや、兄弟姉妹も受講すると入会がお得になるキャンペーンも用意されています。

③受験対策は適性検査にも対応している
中学受験から高校・大学受験対策までコースで選択できますが、私立校の受験で出題されやすい適性検査にも対応しています。
適性検査も合格に重要な要素ですが、独学や学習塾などではなかなか対策がしづらいです。
大切な受験を不安なく臨めるよう、全力でバックアップしてくれます。

【基本情報まとめ】

コースごとの料金(税込)<40分コース>週1回×月4回
・4,900円~:小学1~3年
・6,400円~:小学4~6年
・7,600円~:中学1・2年
・8,400円~:中学3年
・9,200円~:高校1年
・9,600円~:高校2年
・10,400円~:高校3年

<90分コース>週1回×月4回
・9.800円~:小学1~3年
・12,800円~:小学4~6年
・15,200円~:中学1・2年
・16,800円~:中学3年
・18,400円~:高校1年
・19,200円~:高校2年
・20,800円~:高校3年

別途入学費用あり(料金は問い合わせが必要)
サービスの特徴・生徒一人ひとりに合わせたカリキュラムを設定
・映像講義とマンツーマン指導を受けられる
・オンライン自習室で集中力アップ
登録講師の規模・所属大学・講師人数:不明(数名~数十名程度)
・主な所属大学:東京大学、北海道大学など
・社会人講師:在籍あり
オンライン授業の手段・iPadを使い独自アプリで教師とリアルタイムに会話
・タブレットに書き込んだ内容を教師が直接添削可能
サポート体制・定期的なテレビ通話面談の実施
・LINEでの学習・進路相談の受付
受講コースの種類<小学生コース>
・小学生コース
・英語小学生英語強化コース
・英語中学英語準備コース
・英語英検特訓コース
・算数徹底反復!計算力強化コース
・算数じっくり考える!文章問題強化コース
・国語思考力の源!文章問題強化コース
・国語表現力を鍛える!読解力強化コース
・国語すべての学習の基礎 作文力養成コース
・公立中高一貫校受験対策コース
・国・私立受験対策コース
・各種検定対策コース
・他塾フォローコース

<中学受験コース>
・中学受験コース

<中学生コース>
・公立トップ高受験対策
・難関公立高受験対策
・難関私立校受験対策
・中学総復習コース
・入試対策中1・2スタートコース
・定期試験対策
・学校の予習・復習対策
・内申点アップ対策
・部活動両立プラン
・自学習慣養成

<高校生コース>
・高校生コース

<医学部受験コース>
・医学部受験コース

<不登校コース>
・不登校サポート
キャンペーン/保証制度・キャンペーン(1ヶ月分月謝無料)
・お試しキャンペーン
・入会金0円キャンペーン
・兄弟姉妹紹介

8位:オンライン家庭教師e-Live|教師から勉強法を伝授してもらえる

出典:e-Live

【ランキング評価】

  • 受講費用
    4
  • 対応科目
    4
  • カリキュラム
    4
  • サポート体制
    3
  • 管理機能
    4

受講費用
対応科目
カリキュラム
サポート体制
管理機能
総合評価19/25点

★教材の分析★

ー受講費用の安さー
4,400円:週1回30分×月4回

ー教え方の質ー
e-Liveの元教え子が教師のため質が高い

ー教材の充実度ー
学校の使用教材での授業がメイン

ーサポート体制ー
3人のサポートチームが生徒と保護者をサポート

ー運営会社の信頼性ー
オンライン家庭教師歴15年の経験・実績あり

オンライン家庭教師e-Liveでは、登録教師はe-Liveの元教え子またはその紹介者のみです。

オンライン家庭教師を受けた経験のある教師が多いので、オンラインだからこそ分かりやすく伝わる授業を受けられます。

独自システムは録画機能があるので、生徒は授業を後から振り返ることが可能です。

さらにオンライン自習室や季節講習に参加して、他受講生とモチベーションを高めあいながら自主学習を進められる環境が整っています。

【まとめると…】

メリット
録画機能で授業の様子を後から復習に活用できる
オンライン自習室で集中力を持続
季節講習や模試もオンラインで開催

デメリット
講師ランクによって受講料金が変動しやすい
教師数が少ないので希望条件に合わない可能性あり

【オンライン家庭教師|3つの評価ポイント】

①生徒1人につき、教師・担当・副担当の3人がサポートチームを結成
オンライン家庭教師e-Liveでは、生徒1人に3人のスタッフがサポートチームとして付きます。
教師に分からないところを質問するだけでなく、保護者や生徒と進路や学習状況について担当・副担当がサポートやフォローをしてくれます。

②東大生の小・中学生からの勉強法を伝授
e-Liveには東大生も在籍していて、彼らの学生時代から心がけていたテスト対策やノートの取り方まで、東大受験に導いた独自の学習法を教師から生徒に伝授してくれます。
東大志望だけでなく大学受験に臨みたい小学生から高校生までの生徒にはとっておきの情報です。

③小論文・志望理由書の書き方対策も映像講義で
高校生の大学受験対策では、小論文や志望理由書の書き方を映像講義で学べます。
また、学習後は自分の文章についてAIが独自判断をしてアドバイスを届けてくれます。

【基本情報まとめ】

コースごとの料金(税込)【講師ランク:C(関東学院など)】
<小学生>
・4,400円:週1回30分×月4回
・8,800円:週1回60分×月4回

<中学生>
・6,600円:週1回30分×月4回
・13,200円:週1回60分×月4回

【講師ランク:B(静大、信州大など)】
<小学生>
・6,600円:週1回30分×月4回
・13,200円:週1回60分×月4回

<中学生>
・8,800円:週1回30分×月4回
・17,600円:週1回60分×月4回

【講師ランク:A(阪大、慶応など)】
<小学生>
・8,800円:週1回30分×月4回
・17,600円:週1回60分×月4回

<中学生>
・11,000円:週1回30分×月4回
・22,000円:週1回60分×月4回

<高校生>
・11,000円:週1回30分×月4回
・22,000円:週1回60分×月4回

【講師ランク:S(東大、医学部など)】
<小学生>
・13,200円:週1回30分×月4回
・26,400円:週1回60分×月4回

<中学生>
・15,400円:週1回30分×月4回
・30,800円:週1回60分×月4回

<高校生>
・15,400円:週1回30分×月4回
・30,800円:週1回60分×月4回

※入会金は別途必要
サービスの特徴・教師はe-Liveの元教え子か、紹介のみ
・生徒1人につき講師・担当・副担当の3人がサポート
・オンライン自習室を利用可能
・季節講習、模試、受験期講座など用意
登録講師の規模・所属大学・講師人数:数十人以上
・主な所属大学:東京大学など
・社会人講師:在籍あり
オンライン授業の手段・システムはLiveOnを使用
・録画機能あり
サポート体制・使用機材の推奨品を無料レンタル・購入可能
受講コースの種類・小学生コース
・中学受験対策コース
・中学生コース
・高校受験対策コース
・高校生コース
・大学受験対策コース
・不登校コース
・海外子女コース
・プログラミングコース
キャンペーン/保証制度・会員の紹介でLIVEポイント1,000pt付与

9位:オンライン学習塾root

【基本情報まとめ】

コースごとの料金(税込)・18,000円:入学金

・10,000円:小・中学生 60分×月4回
・15,000円:小・中学生 90分×月4回
・14,000円:高校生 60分×月4回
・21,000円:高校生 90分×月4回

※別途管理費が発生
※必要な場合はテキスト代が発生
※必要な場合は機材レンタル代が発生
サービスの特徴・学習終了後に教師から保護者へ指導報告
登録講師の規模・所属大学・不明
オンライン授業の手段・Skypeを用いて教師とリアルタイムに通話
サポート体制・不登校、学習障がいの生徒も対応可能
受講コースの種類・小学生コース
・中学生コース
・高校生コース
キャンペーン/保証制度・機材レンタル無料貸し出しキャンペーン中

【おすすめTOP5に入らなかった理由】

オンライン学習塾rootは、家庭教師20年以上の実績をもつrootが開設したオンライン学習塾です。
学校で使用している教材で分からないところに対応したり、応用力を養えるよう宿題を提示してもらえます。
ただし、別途管理費用が発生するなど正確な受講料金が判断できないためTOP5から外れました。

❒オンライン学習塾rootの公式サイトを確認

10位:家庭教師ファースト

【基本情報まとめ】

コースごとの料金(税込)・10,395円:小学生 45分×月4回
・19,800円:小学生 90分×月4回
・11,220円:中学生 45分×月4回
・20,790円:中学生 90分×月4回
・12,540円:高校生/一貫校/中学受験A/英検A 45分×月4回
・24,420円:高校生/一貫校/中学受験A/英検A 90分×月4回
・14,850円:中学受験B/英検B 45分×月4回
・28,380円:中学受験B/英検B 90分×月4回
・16,500円:プレミアム/不登校/英会話 45分×月4回
・33,000円:プレミアム/不登校/英会話 90分×月4回
・19,800円:プロ<スタンダード> 45分×月4回
・39,600円:プロ<スタンダード> 90分×月4回

<兄弟同時指導の場合>
・5,197円:小学生 45分×月4回
・9,900円:小学生 90分×月4回
・5,610円:中学生 45分×月4回
・10,395円:中学生 90分×月4回
・6,270円:高校生 45分×月4回
・12,210円:高校生 90分×月4回

<管理費用>
・8,800円:維持費
・2,200円:同時指導追加分
サービスの特徴・英会話コースや受験、就活での面接対策も指導可能
・スポーツのプライベートレッスンも受けられる
登録講師の規模・所属大学・講師人数:約80,000人
・主な所属大学:東京大学、京都大学など
・社会人講師:在籍あり
オンライン授業の手段・スマホ、PCなどからLINE、Zoom、Skypeなどで受講可能
(PCの場合オンライン授業専用システムを使用)
サポート体制・初期設定やスタートアップをサポート
受講コースの種類・小学生コース
・中学生コース
・高校生コース
・プロ家庭教師コース
キャンペーン/保証制度・兄弟割引
・友達割引

【おすすめTOP5に入らなかった理由】

家庭教師ファーストでは、オンラインでも英会話やスポーツレッスンを受講できるところが魅力にあります。
教師も約8万人の中から希望条件を出してマッチングしてくれます。
ただ、管理費用として維持費が必要なところや、兄弟同時指導に追加料金が必要なところからTOP5を外れました。

❒家庭教師ファーストの公式サイトを確認

11位:家庭教師のガンバ

【基本情報まとめ】

コースごとの料金(税込)【小・中学生】
・12,800円:30分×月4回
・15,800円:30分×月8回
・14,300円:45分×月4回
・18,800円:45分×月8回
・15,800円:60分×月4回
・21,800円:60分×月8回
・18,800円:90分×月4回
・27,800円:90分×月8回

【高校生】
・16,400円:30分×月4回
・19,400円:30分×月8回
・17,900円:45分×月4回
・22,400円:45分×月8回
・19,400円:60分×月4回
・25,400円:60分×月8回
・22,400円:90分×月4回
・31,400円:90分×月8回
サービスの特徴・授業を録画して何度でも振り返り学習できる
・教師と一緒に予習復習計画帳で学習計画を立てる
・単元解説動画でつまずきを解消
登録講師の規模・所属大学・講師人数:約160,000人
・主な所属大学:早稲田大学など
・社会人講師:在籍あり
オンライン授業の手段・お手持ちのパソコンを使用
・ZoomまたはSkypeを用いて1対1で通話
サポート体制・LINE指導あり
受講コースの種類・小学生コース
・中学生コース
・高校生コース
キャンペーン/保証制度・返金保証
・2人同時指導で指導料約半額
・母子家庭応援プラン
・相性ピッタリ保証

【おすすめTOP5に入らなかった理由】

家庭教師のガンバ【オンライン】では、教師と生徒が一緒に目標までの学習計画を立てて、都度調整をしながら授業を進めています。
課題も提示され、つまずいた単元では解説動画を視聴してつまずきを解消しています。
ただ、管理費用やサポート費用を含めたプランは受講費用が高めなので、TOP5から外れてしまいました。

❒家庭教師のガンバの公式サイトを確認

12位:スタディサプリ

【基本情報まとめ】

コースごとの料金(税込)<小学生>
・21,780円:12ヵ月一括払いコース
・26,136円:毎月払いコース(年間)

<中学生>
・10,780円:個別指導コース
・21,780円:ベーシックコース

<高校生・大学受験講座>
・10,780円:合格特訓コース
・21,780円:ベーシックコース
サービスの特徴・小1~高3の範囲まで追加料金なしで戻り学習・先取り学習可能
登録講師の規模・所属大学・映像講義形式のため省略
オンライン授業の手段・お手持ちのスマホなどで専用アプリから映像講義を視聴
・専用アプリ内のドリルを解いて演習
サポート体制・保護者用管理ツール「まなレポ」で学習時間や正答率を確認
・オリジナルテキストのpdfはダウンロード無料
受講コースの種類・小学講座
・中学講座
・大学受験・高校講座
・合格特訓コース
・スタディサプリENGLIS
キャンペーン/保証制度・初回14日間無料体験

【おすすめTOP5に入らなかった理由】

スタディサプリでは映像講義の授業に限らず、中学~高校生の個別指導・合格特訓コースで担任コーチによる定期テスト・受験対策を指導してもらうことが可能です。
使い慣れたスマホやタブレットで学習でき、アプリも直感的な操作で利用者が多い人気のサービスですが、小学生は対応科目や範囲がまだ限られているためTOP5から外れました。

❒スタディサプリの公式サイトを確認

13位:オンライン東大家庭教師友の会

【基本情報まとめ】

コースごとの料金(税込)・19,800円:入会金

・3,850円~:授業フォロー/1時間
・4,400円~:受験指導/1時間
・4,400円~:附属・一貫校フォロー/1時間
・6,050円~:塾対応/1時間
・8,250円~:医学部生による指導/1時間
・6,050円~:英語に特化した指導/1時間
サービスの特徴・手元と顔のカメラで表情を見ながら生徒の書いている内容を確認
・生徒の学校に応じて指導カリキュラムを調整
登録講師の規模・所属大学・講師人数:15万名
・主な所属大学:東京大学、慶応など
・社会人講師:在籍なし
オンライン授業の手段・お手持ちのパソコンで独自システムを使いマンツーマン授業
・機材(ヘッドセット・WEBカメラ2台・クリップ)は無料貸し出し
サポート体制・指導報告書/月次報告書の記入
・必要な機材の無料貸出・スタートセットアップのレクチャー
受講コースの種類・低学年コース(小学生のみ)
・ベーシックコース
・プレミアムコース
・中学受験準備コース
・中学受験コース
・高校受験コース
・公立高校受験コース
・難関国私立受験コース(小中生のみ)
・プレミアム中学受験コース
・プレミアム高校受験コース
・大学受験準備コース
・大学受験コース
・AO・推薦対策コース
・プレミアム大学受験コース
・中高一貫校コース(中学生のみ)
・プレミアム中高一貫校コース(中学生のみ)
・中高一貫・内部進学コース(高校生のみ)
・プレミアム中高一貫・内部進学コース(高校生のみ)
・附属・一貫校コース
・プレミアム附属・一貫校コース
・塾対応コース
・プレミアム塾対応コース
・医学部コース(中高生のみ)
・プレミアム医学部コース(中高生のみ)
・帰国子女・英語特化コース
・プレミアム帰国子女・英語特化コース
キャンペーン/保証制度とくになし

【おすすめTOP5に入らなかった理由】

オンライン東大家庭教師友の会は東大生が有志でスタートしたオンライン家庭教師サービスで、難関大在籍の学生教師が多く登録されています。
難関校や医学部受験に特化したコースもあるのですが、選択したコースによっては受講費用が高額になってしまうことからTOP5を漏れてしまいました。

❒オンライン東大家庭教師友の会の公式サイトを確認

14位:まなぶてらす

【基本情報まとめ】

コースごとの料金(税込)【月額プラン】
・3,300円:3,200pt分(1,600pt×2回分)
・6,600円:6,400pt分(1,600pt×4回分)
などポイントを購入して受講時に消費

※その他単発ポイントプランも利用可能
サービスの特徴・そろばんなど習い事レッスンも受講可能
・教師は社会人中心に採用(採用率3割の難関)
登録講師の規模・所属大学・講師人数:200名程度
・主な所属大学:学生教師は在籍なし
・社会人講師:在籍あり
オンライン授業の手段・ZoomやSkypeを使用
・リアルタイムに先生と会話
サポート体制・オンライン自習室あり
・海外赴任中のレッスンも受講可能
受講コースの種類・小学生コース
・中学受験コース
・中学生コース
・高校受験コース
・高校生コース
・大学受験コース
・習い事コース(プログラミング、そろばん、アートなど)
キャンペーン/保証制度とくになし

【おすすめTOP5に入らなかった理由】

まなぶてらすでは、ポイントを購入して授業を受けたい先生の設定ポイントを消費していくという支払いシステムになります。
また、習い事コースでプログラミングやアートなど生徒の可能性を引き出す授業も受講できるところが人気です。
ただ、ポイント制が複雑で分かりづらい点や、生徒と親しみやすい学生教師が在籍していない点が懸念点となりTOP5を漏れてしまいました。

❒まなぶてらすの公式サイトを確認

安いオンライン家庭教師を選ぶポイント徹底比較

ここまでで、おすすめの安いオンライン家庭教師を14社紹介してきましたが「この中から選ぶとなるとイマイチ難しい…」と感じた方がいるでしょう。

スクロールできます
順位通信教育名大きな特徴
小学生~高校生まで学年が上がっても料金は変わらない
兄弟同時指導で指導料は無料
回数制で都合に合わせた料金設定ができる
約35,000人の難関大生・プロ講師が在籍
小学生ひとりでも始めやすい独自システム
教師の授業はすべてAIが判断・改善提案
全国33万人の登録教師からぴったり合う教師を厳選してくれる
持ち込み教材OKだから、赤本や学校のワークでも授業ができる
生徒1人ひとりの志望校や現状の学力に合わせたカリキュラムを展開
授業・テストの日程はカレンダーで直感的に分かりやすい
受講費用は比較的安価
持ち込み教材に対応してくれるから無駄な費用がかからない
独自システムがないから管理費用も不要
スマホやタブレットでも授業に参加できるから時間・場所を選ばない
コースが多くて自分に合った指導を受けやすい
1教科につき1テキスト無料で提供中
時間割制度でスケジュール管理を徹底
学習状況を分析して常にカリキュラムを見直し
オンラインでのプログラミング学習も可能
医学部受験対策も対応したコースあり
録画機能で授業の様子を後から復習に活用できる
オンライン自習室で集中力を持続
季節講習や模試もオンラインで開催
学習終了後に教師から保護者へ指導報告
不登校、学習障がいの生徒も対応可能
英会話コースや受験、就活での面接対策も指導可能
スポーツのプライベートレッスンも受けられる
授業を録画して何度でも振り返り学習できる
教師と一緒に予習復習計画帳で学習計画を立てる
単元解説動画でつまずきを解消
戻り学習・先取り学習ができる
保護者用管理ツール「まなレポ」で学習時間や正答率を確認
手元と顔のカメラで表情を見ながら生徒の書いている内容を確認
生徒の学校に応じて指導カリキュラムを調整
そろばんなど習い事レッスンも受講可能
教師は社会人中心に採用(採用率3割の難関)

そこで、ここからは基本情報を基に、安いオンライン家庭教師講座を選ぶ上で重要なポイントを比較していきます。

「料金」「キャンペーン/保証」「質問サービス」この3つのポイントごとに比較した結果を載せているので、参考にしてみてください!

選び方①料金を比較する

オンライン家庭教師で授業をスタートするには、授業用のパソコンやタブレットだけでなく、オンラインに必要なヘッドセットやWEBカメラも必要です。

これらの初期費用も発生することを考えると、受講料金が安いという面はオンライン家庭教師を選ぶ上で大きなポイントになります。

サービスによっては必要な機材を無料貸し出ししていたり、入会金が不要など家計にやさしいサービスもあります。

今回紹介した中だと、メガスタは比較的受講料金が安価でおすすめです。

選び方②キャンペーン/保証を比較する

受講費用が高いとしても、入学金や1か月分の月謝が無料になるキャンペーンなどがあるとオンライン家庭教師を始める後押しになりますよね。

また、生徒の成績が伸びない場合は返金保証制度を利用できると、生徒もプレッシャーなく授業に取り組めるでしょう。

今回紹介した中では、学研の家庭教師が入会金が0円になるなどのお得なキャンペーンを定期的に実施していておすすめです。

選び方③質問サービスを比較する

オンライン家庭教師は指定の時間帯に授業や生徒からの質問に対応することになりますが、授業外で生徒が問題を解けなくなった時、質問できるサービスがあるとサポート対応として評価できます。

また、生徒からの質問だけでなく、保護者から学習状況や進路に関する質問を受け付けてもらえると、授業外でもオンライン家庭教師への利用満足度が高まります。

今回の中だと、メガスタでは「いつでも質問サービス」や保護者へのフォロー電話をサービスとして行っているので、安心して授業に取り組めるでしょう。

【分析結果まとめ】安いオンライン家庭教師は利用すべきか?

オンライン家庭教師は、塾や通常の家庭教師などと比べると、オンラインで完結するため手軽で料金も安いことが大きな特徴です。

今回そんなオンライン家庭教師の調査を進めることで、次のようなメリット・デメリットが見えてきました。

メリット
・塾まで送り迎えをする必要なし
・部活動や習い事と両立しやすい
・教師を迎え入れる準備の必要がない
・子どもが好きな場所で学習できる

デメリット
・紙媒体教材の質疑応答が不便な場合も
・使用機器やインターネット環境を整える必要がある
・授業中の接続が悪くなり教師と会話がしづらくなる可能性がある

これらのメリット・デメリットを踏まえた上で、利用を考える場合は今回ご紹介したオンライン家庭教師をおすすめします。

とは言え、どの講座にするのか決めるのは自分自身です。

まずは各公式サイトをチェックしてみてください!

目次