宅建通信講座おすすめ比較ランキング【2024年度】人気11社を徹底比較

近年デジタルの発展により、人の仕事は失われつつあると言われています。しかし、今回紹介する宅建士は契約時などに対面する機会が多く、IT技術が発展しても宅建士の価値は下がることはないと考えられています。

宅建士は建物や住宅に関するプロであり、時代が変わっても必要不可欠な仕事です。実際に「宅建を取得することで就職が有利になる」という意見もよく耳にします。

その影響から、おすすめの宅建士通信講座について記事として取り上げているサイトも急増中です。

今回、当サイトでも「おすすめの宅建士通信講座」について取り上げるわけですが…

「通信講座でほんとに宅建に合格できるの?」
「通信講座がたくさんあるからどれを選んでいいかわからない」

といった意見が、当サイトにもよく寄せられます。

そこで、このページでは以下のポイントを押さえながら、わかりやすく比較した内容をまとめました。

・選び方① 受講価格で比較して選ぶ
・選び方② サポート体制で比較して選ぶ
・選び方③ 合格実績(合格率)で比較して選ぶ

「先に調査結果を見たい」という声も多いので、まずは「ランキング結果」から調査結果を報告していきたいと思います。

目次

【2024年度】宅建通信講座おすすめランキングTOP11

それでは早速、数ある宅建通信講座の中から筆者が厳選したサービスを紹介していきます。

おすすめランキング内でも、TOP5はとくに優れており、詳しく分析しているのでチェックしてみてください。

※当サイトでは、重要な情報のみを届けるため、各サービスの情報をできるだけ圧縮してご紹介しています。

実際に利用を検討する際は、最終確認として公式サイトをチェックしてみてください。

1位:アガルートと当サイトのコラボ”2024年合格祈願!!2024円還元”キャンペーン実施「アガルート」

出典:アガルート公式HP

特典内容:2月までに無料会員登録後、講座購入(アガルートの全宅建講座が対象)でAmazonギフト券2024円分をプレゼント
実施期間:1月1日(月)~2月29日(木)
 ※特典の詳しい受け取り方は後ほどご紹介⬇

【総合評価:97点】

評判・口コミ:20点/20点
➡問題集に要点がまとまっていて、くり返し解きながら合格力を高めた受講生が多数。2~4カ月の学習期間で合格した卒業生もいる。
料金の安さ:18点/20点
➡初心者や基礎知識から学びたい人に特化したコースを提供している。入門レベルの講義や視認性の高いフルカラー教材で理解を促進。
初心者おすすめ度:19点/20点
➡費用は平均的で各種割引制度や合格後の受講料キャッシュバックが使える。紙のテキストが不要なら比較的安く受講可能。
合格サポート力:20点/20点
➡講師に直接聞ける質問制度や毎月1回のホームルームで、合格まで徹底的にバックアップ。
合格実績:20点/20点
➡合格率を非公表としているスクールが多い中、例年合格率を公表している。令和5年度の合格率は64.8%で全国平均の3.77倍を達成。
企業の信頼性:20点/20点
➡法律会計事務所を運営する株式会社アガルートが提供している。士業や経理・会計などの転職サポートも展開する事業会社。

\2月中に無料会員登録しておかないと損!!/

特典の詳しい受け取り方はコチラ⬇

アガルートは、令和5年度の宅地建物取引士試験で全国平均の3.77倍である、合格率64.8%を達成した宅建対策の通信講座です。

「アガルート法律会計事務所」や士業向け転職エージェント「アガルートキャリア」を展開する、株式会社アガルートが運営しています。

法律会計事務所のノウハウを活用し、法律資格をはじめ各種難関資格の対策講座を開講。

初学者に配慮した講義やテキストを提供し、例年高い合格率を達成しています。

アガルートの口コミと評判を分析した結果

とにかくテキスト・過去問を繰り返し復習し、合計で7周しました。復習を地道に繰り返した結果、業法・その他・税法の3つの分野を満点でとることができたので、私の勉強法は間違ってなかったと確認できました。

引用:インタビュー映像・合格者アンケート|アガルート

講義が分かりやすそうだったことや価格が手頃な点から始めさせていただきましたが、実際やってみて民法などの法律知識が独学では比べ物にならないくらい分かりやすかったです(とくに工藤講師の解説が素晴らしい…)。

引用:インタビュー映像・合格者アンケート|アガルート

2022年度試験の合格体験談が公式サイトで公開されたので、学習スケジュールなど参考にしてみましょう。

【まとめると…】
メリット
・わかりやすい教材で短期間での合格を目指せる
・質問制度をはじめ手厚いサポートを利用できる
・レベルやテキストの有無をニーズに合わせ選択可能

デメリット
・累計講義時間がやや長く受講が大変かもしれない
・紙教材は在庫切れの可能性があり発送まで時間がかかる
・講義映像データはダウンロード不可で保存できない

\2月中に無料会員登録しておかないと損!!/

特典の詳しい受け取り方はコチラ⬇

比較してわかった!お得な内容

宅建試験を熟知した専門家が講義を担当します。各科目の知識、つまずきやすい点や狙いを定めるべき分野も理解しているため、強力なバックアップが可能です。

また受験期間中にフルカリキュラムは30回、ライトカリキュラムは10回まで無料で質問できる「質問制度」を用意。講義で理解できなかった点を納得するまで確認し、疑問・不安を解消できるサービスです。

毎月1回のホームルームでは、アンケート結果を踏まえ、受講生の勉強方法や学習のアドバイスを提供します。

合格までに抱くさまざまな悩みを解決しながら前進できるよう、手厚いフォロー体制を整えているのです。

コース名料金(税込)
入門総合カリキュラム¥71,280
入門総合カリキュラム/ライト¥54,780
演習総合カリキュラム/フル¥107,800
演習総合カリキュラム/ライト¥76,780

※キャンペーンは2024年7月14日(日)23:59まで

~アガルートとミツカル学びのタイアップ特典詳細~

特典内容:2月までに無料会員登録後、講座購入(アガルートの全宅建講座が対象)でAmazonギフト券2024円分をプレゼント!!

実施期間:1月1日(月)~2月29日(木)

>>当サイト限定キャンペーンの特典リンク

【キャンペーンの提供者】
・本キャンペーンは、株式会社イードと株式会社フォーイットが提供するキャンペーンです。
・本キャンペーンについてのお問合せは、Amazon・広告主ではお受けしておりません。
・お問い合わせにつきましては、キャンペーン運営事務局(info_campaign@for-it.co.jp)までお願いいたします。

【プライバシーボリシー】
・Amazonギフト券をお送りするため、お客様のメールアドレスは本サイトのリンク先の広告主より株式会社フォーイットに提供され管理されます。
・Amazonギフト券をお送りする以外の目的には使用いたしません。
株式会社フォーイットのプライバシーポリシーを確認

【Amazonギフト券の送付について】
・Amazonギフト券は、広告主より提供されたメールアドレスに株式会社フォーイットからお送りいたします。
・ご連絡は株式会社フォーイットのメールアドレスのドメインである(@for-it.co.jp)から送信されます。当該ドメインを受信できる設定を行ってください。
・メールアドレスの不備などで弊社からのメールを受信出来ない場合、特典が付与できない可能性がありますのでお気を付けください。
・Amazonギフト券の送付には、最大で2ヵ月ほど要する場合がございますのであらかじめご了承ください。

合格率64.8%を誇っている(全国平均より3.77倍高い)点は、個人的にかなり魅力的だと思ってます。

公式キャンペーンページhttps://www.agaroot.jp/takken
料金¥54,780~¥107,800
分割払い3・5・6・10・12・15・18・20・24回
カリキュラム・インプット講義・過去問解説講座とセレクト解説講義
・総まとめと確認の直前期対策講義
・模擬試験
講義時間数約67時間
教材テキスト※製本テキストありの場合
・テキスト2冊
・過去問題集1冊
・模擬試験 問題・解答各1冊
eラーニングあり
合格率/実績令和4年度:59.5%
令和5年度:64.8%
サポート体制・学習導入オリエンテーション
・質問制度
・毎月1回のホームルーム
・学習サポーター制度
キャンペーン・割引制度・再受講割引制度
・宅建試験再受験割引制度
・他校乗換割引制度
・ステップアップ割引制度
・家族割引制度
・合格特典「Amazonギフト券 10,000円分」or「全額返金」
運営会社株式会社アガルート

アガルートをおすすめできる人の特徴とは?

  1. 1回10分ほどの短い時間で講義映像を視聴できる
    ➡何から始めるべきかわからないため、とりあえずスキマ時間に講義の視聴を進め、少しずつ全体像をつかみたい方におすすめ
  2. 出題傾向がわかるため対策の優先順位を付けられる
    ➡過去問には出題傾向が掲載されている。確実に正解すべき問題や試験までに解けるようにしたい問題など、頻出度ごとに対策の優先順位を付けたい方におすすめ
  3. ほかの受講生の悩みと解決方法をチェックできる
    ➡受講生の悩み解決用動画が毎月配信される。同じ悩みを抱える受講生がいることを励みに、孤独を感じず勉強を進めたい方におすすめ

2位:フォーサイトは最短3ヶ月合格を狙える!合格率は全国平均の4.42倍を誇る

出典:フォーサイト公式HP

【総合評価:96点】

評判・口コミ:20点/20点
➡テキストと連動した動画がわかりやすい。テキストのわかりにくい箇所は動画で確認でき、無理なく合格点を目指せる。
料金の安さ:19点/20点
➡およそ6~7万円台の平均的な受講料で、分割払いが可能。セットで申し込むと割引が適用されてお得。
初心者おすすめ度:19点/20点
➡わかりやすさにこだわった紙の教材を使用可能。受講生同士が交流できる「eライブスタディ」もモチベーション維持におすすめ。
合格サポート力:19点/20点
➡紙のテキスト・講義・eラーニングという「合格に必要な教材」をすべてそろえている。メールを使ったサポート体制も整備。
合格実績:20点/20点
➡全国平均合格率の4.42倍である76.1%の合格実績を誇っている。万が一不合格なら受講料の全額返金が可能な点に品質への自信がうかがえる。
企業の信頼性:19点/20点
➡各種資格の通信・通学講座開講、書籍販売などの実績がある。2017年には累計受講者数19万人を突破。

フォーサイトは、全国平均合格率の4.42倍、76.1%の合格実績を誇っています。

高い合格率の鍵は、累計5万人以上の受講生への指導実績にもとづいて作られた、オリジナルカリキュラムです。

「合格点主義」を掲げ、最短3カ月で合格点の突破を目指せるよう工夫されています。

とくに「わかりやすい講義」は、2023年度の合格者を対象としたアンケートで、 82%の人が「非常に満足・満足」と回答。

自社スタジオで撮影されたクリアな講義映像を視聴し、テキストの不明点・難解な点を解消できます。

フォーサイトの口コミと評判を分析した結果

フォーサイトの講座は自らのレベルアップの結果が学習効果として表れ、楽しみながら勉強できる非常に有効な教材なので、チャレンジすることをおすすめします。

引用:87名の合格者インタビュー|フォーサイト

今まで勉強をやってこなくて、勉強のやり方がよく分からなかったのですが、フォーサイトには分かりやすいコンテンツがたくさんあります。勉強を続ければ、誰でも合格できると私は思っております。

引用:87名の合格者インタビュー|フォーサイト

【まとめると…】
メリット
・76.1%の高い合格実績を誇るカリキュラムで学べる
・講義はノイズが除去されたクリアな動画で学びやすい
・講義やeラーニングを組み合わせて知識の定着が可能

デメリット
・合格点突破が目標のため最低限の知識しか得られない
・メールでの質問はコースごとに回数制限がある
・DVDを希望する場合オプションを付ける必要がある

比較してわかった!お得な内容

ライブ配信動画を視聴しながら、その場で質問できる点が強みです。

eライブスタディに搭載されたチャット機能を使えば、理解できない点についてコメントし、講師に答えてもらえます

講義後に質問するより、不明点・疑問点をすぐに解消でき、効率的な学習が可能です。

ほかの受講生との交流もできるため、モチベーション維持に役立つでしょう。

コミュニケーションの楽しさや臨場感は、録画された映像を見るだけのサービスでは味わえない醍醐味です。

コース名料金(税込)
バリューセット1 2024年試験対策
(基礎+過去問講座)
¥59,800
バリューセット2 2024年試験対策
(基礎+過去問+直前対策講座)
¥64,800
バリューセット3 2024年試験対策
(基礎+過去問+直前対策+科目別答練+過去問一問一答演習)
通常セット:¥69,800
通常セット+DVDオプション:¥78,800

フォーサイトをおすすめできる人の特徴とは?

  1. 都合に合わせて紙の教材とデジタル教材を利用できる
    ➡自宅で勉強するときは紙の教材、外出先で勉強するときはスマホでデジタル教材を使うといった、使い分けをしたい方におすすめ
  2. 1コマ最大15分の動画で学習時間を確保しやすい
    ➡まとまった学習時間を確保できない分、通勤やランチの時間に倍速で動画を視聴し、累計学習時間の確保を目指したい方におすすめ
  3. 不動産に関する知識がない人も宅建の重要性から学べる
    ➡アパレルから不動産の業界へ転職したいが、宅建の重要性すらわからない。合格者の体験談を参考に、宅建の活用シーンを知ることから始めたい方におすすめ
料金¥59,800~¥78,800
分割払い18回
カリキュラム・基礎講座
・過去問講座
・直前対策講座
講義時間数講座ごとに異なる※各講座およそ55分~10時間
教材テキスト・ライブ講義
・オリジナル宅建マンガ「田畑はじめ」
・フォーサイトの「戦略立案編」
・フォーサイトの「入門講座」
・問題演習
・過去問練習用テキスト
・模擬試験
eラーニングあり
合格率/実績令和3年度:82%(合格者787名)
合格率:76.1%(全国平均合格率の4.42倍)
サポート体制・ライブ講義中のチャット質問機能
・メールでの質問受付
キャンペーン・割引制度・バリューセット申し込み者対象「オリジナル合格グッズ」プレゼント
・合格特典「Amazonギフトコード最大2,000円分」プレゼント
・全額返金保証制度 ※「バリューセット3」対象
・最大10,000円OFFの「ダブルライセンス制度」
・教育訓練給付制度で受講料の20%支給
・資料請求でバリューセットが10,000円割引
運営会社株式会社フォーサイト

\もう少し知りたい方は公式サイトをチェック☑/

⬇公式サイト⬇
https://www.foresight.jp

3位:STUDYing(スタディング)はスキマ時間もスマホ1つで学習を進められる【簡単30秒】無料登録で全講座10%OFFクーポンもらえる!

出典:スタディング

【総合評価:96点】

評判・口コミ:19点/20点
➡費用が安く、教材もダウンロードでき使いやすい。ほかの教材に手を出さなくても過去問をひと通り解ける。
料金の安さ:20点/20点
➡IT技術を活用して教室の運営費、講師の大量採用費など「合格と無関係の費用」を省き、低価格を実現。
初心者おすすめ度:20点/20点
➡知識がなくても理解できるよう配慮されたビデオ講座を用意。「復習モード」で間違えた問題が解けるまで練習できる。
合格サポート力:19点/20点
➡AIの実力診断テストでスコアが可視化され、日々の成果や課題を把握でき、モチベーションを保ちやすい。
合格実績:18点/20点
➡初受験で一発合格を果たした卒業生がいる。紙のテキストやノートは使わずに、オンライン教材だけを使った合格者も。
企業の信頼性:20点/20点
➡通信講座や社員教育クラウドサービスを提供するKIYOラーニング株式会社が運営元。上場企業で信頼度が高い。

\全講座10%OFFクーポンがもらえる!/

スタディングは会員登録しておくだけで、無料教材を受け取れるので、先に登録だけでもしておくと後悔せず済みそうです…!

スタディングは、上場実績のあるKIYOラーニング株式会社が提供する通信講座です。

ITを駆使したサービスが強みで、人件費や教室運営費を削減し、低価格での講座提供を実現。数万円かかるスクールも多い中、1万円台で学べる点が魅力です。

スタディングのオンライン教材だけで宅建に一発合格した卒業生もおり、順調に実績を伸ばしています。

STUDYingの口コミと評判を分析した結果

講座視聴、テキスト拝読、問題解読、を繰り返し、実は1度も紙のテキストやノート、ペンは使いませんでした

引用:合格者の声|スタディング

AI問題復習は秀逸です。これがなければおそらくダメだったんじゃないかというくらいです。

引用:合格者の声|スタディング

【まとめると…】
メリット
・ビデオ講座で紙教材を使うより効率的に学べる
・スマホやタブレットで何度でも過去問演習が可能
・通信講座の中では安い1万円台から学習できる

デメリット
・紙のテキストが欲しい場合は追加料金が必要
・録画した映像で学ぶため講師に質問ができない
・質問や相談などへのフォロー体制が手薄

比較してわかった!お得な内容

初心者でもわかるよう工夫されたビデオ講座と音声講座で、宅建合格に直結する知識を効率的に学べます。

通勤時間に学ぶ人も多いため、約32時間ある講座の1回分は40分程度に設定されています。通常の速度で視聴後、倍速の20分で視聴すれば復習時間の短縮が可能です。

分厚い紙の教材が必要なく、いつでもスマホやタブレットで問題演習・過去問練習ができます。

搭載機能も充実しており、間違えた問題を集中的に解いて、弱点克服に必要な対策に取り組めるサービスです。

コース名料金(税込)
宅建士合格コースミニマム[2024年度試験対応]¥14,960
宅建士合格コーススタンダード[2024年度試験対応]¥19,800
宅建士合格コースコンプリート[2024年度試験対応]¥23,430

料金は急に変更される可能性もあるので公式サイトで料金チェックしておくことを推奨しています

スタディングをおすすめできる人の特徴とは?

  1. AI機能のおかげでリアルな点数を把握できる
    ➡独学で知識が付いた自信があったのに落ちた経験があるため、現在の点数を算出して合格に何点足りないか把握したい方におすすめ
  2. ライフスタイルに合わせて自由なタイミングで学べる
    ➡育児をしながら宅建合格を目指しており、子どもを寝かしつけた後の時間を活用して10分からでも学習したい方におすすめ
  3. 大量の教材を買わなくても合格力を高められる
    ➡重要論点がまとまった問題集で過去問を何周も回せる。大量の教材を買って成果が出なかったため、限られた教材だけで的を絞った学習がしたい方におすすめ

\全講座10%OFFクーポンがもらえる!/

料金が高すぎるという場合も、分割払いを活用することでかなり安くスタディングを利用できるのでおすすめです。(ちなみにスタディングは通信講座の中でも、総額費用がかなり安いです)

料金(税込)¥14,960~¥23,430
分割払い12回から可能
カリキュラム・映像講義・問題演習・過去問練習
講義時間数約32時間※77講座
・スマート問題集77回
・セレクト過去問集30回
・13年分テーマ別過去問集48回
教材テキスト・基本講座(ビデオ/音声)
・スマート問題集(一問一答集/解説)
・セレクト過去問集(4選択肢一式問題/解説)
eラーニングあり
合格率/実績・2023年度合格者:1,036名(2023年12月時点で、合格者調査に協力した合格報告者の人数)
サポート体制・学習フロー&学習レポートの可視化など各種機能を搭載
・合格を目指す人と励まし合える「勉強仲間機能」あり
・学習内容に関する疑問を質問できる「学習Q&Aサービス」あり
キャンペーン・割引制度・無料お試し登録で10%OFFクーポンプレゼント
・合格お祝い制度
・スキルアップ割引制度
・学割(全講座対象20%OFFクーポンプレゼント)
・ガクチカ応援割引(全講座対象30%OFFクーポンプレゼント)
・更新版 再受講者割引申込
・法人・学校向け割引(5名以上の申し込みで人数に応じた割引率が適用)
運営会社KIYOラーニング株式会社

4位:クレアール|映像学習で時短学習したい方向け

出典:クレアール公式HP

【総合評価:93点】

評判・口コミ:18点/20点
➡口コミサイトの情報が少ないため、客観的な判断は難しい。公式サイトでは「回数無制限」で質問できる点が高評価。
料金の安さ:18点/20点
➡料金は平均的で、学習経験者の場合は2万円台で学ぶことも可能。キャンペーンが多くないため、お得に通えるチャンスは少ない印象がある。
初心者おすすめ度:20点/20点
➡初心者向け」「経験者向け」にコースが分かれているため、初心者はレベルに合った学習が可能。「基本講座」で必須の知識と論点を習得できる。
合格サポート力:20点/20点
➡「メール」「質問用紙」で何度でも質問ができる。即答してもらえ、最長でも1週間で悩みの解消が可能。
合格実績:18点/20点
➡合格実績は非公表だが、公式サイトや「教育訓練給付金制度講座」検索システムにて、合格者がいることが確認可能。
企業の信頼性:19点/20点
➡資格受験の指導歴が53年あり、いち早くeラーニングを導入。独自の「非常識合格法」が登録商標されたスクール。

クレアールは、20年の宅建士指導歴がある講師が、受講生の理解に軸を置いたわかりやすい講義を実施しています。

運営元の株式会社クレアールは、士業や簿記検定などの受験指導を担っていた「東京商科学院」が前身です。

当時の実績から数えて資格受験指導歴は53年にのぼります。長年培ったノウハウで初心者も合格できるよう、インプットとアウトプットを組み合わせたフルパックコースを提供します。

クレアールの口コミと評判を分析した結果

WEBテストに点数や正誤の履歴が残っているので、自分の苦手分野を客観的に判断し、繰り返し演習することができました。

引用:2021年合格体験記|クレアール

プロの先生の分かり易い講義を聞くことができるので、ただ暗記するだけでなく根本的に早く理解ができる。

引用:2021年合格体験記|クレアール

【まとめると…】
メリット
・基本講座と演習課題で知識を定着させられる
・メール・質問用紙で気軽に何度でも質問ができる
・講義や模擬試験の解説もベテランの講師が担当

デメリット
・テキストが2色刷りのため読みにくいかもしれない
・宅建講座の口コミが少なく情報を比較検討しにくい
・キャンペーンや割引制度が少ない&わかりにくい

比較してわかった!お得な内容

質問に回数制限を設けている他社が多いですが、クレアールは回数無制限で何度でも質問できる点がお得です。

メールと質問用紙で質問できるため、利用しやすい方法で気軽に質問することが可能。

また答案練習によるアウトプットでは、一般的なカリキュラムより2~3倍多くの問題を解くため、お得に実践力を磨けます。

コース名料金(税込)
2024年合格目標 完全合格パーフェクトコース¥59,800
2024・25年合格目標 完全合格セーフティコース¥71,600
2024年合格目標 上級パーフェクトコース¥26,800
2024年合格目標 基本講座¥50,000
2024年合格目標 実力アップ演習講座¥20,000
2024年合格目標 総合模擬試験&解説講義¥10,000
2024年合格目標 公開模擬試験¥3,000
2024年合格目標 重要論点総まとめ講座¥5,000

クレアールをおすすめできる人の特徴とは?

  1. 2年間のサポートを受けられるコースがある
    ➡1年で合格できたら未受講分の受講料を返金する2年間のコースを用意。長期サポートを受けつつも、返金をモチベーションに早期合格を目指したい方におすすめ
  2. 添削や質問への反応がスピーディー
    ➡添削や質問には講師が迅速に対応しており、遅くとも1週間で疑問が解消される。多忙なためすばやく不安をなくし、学習を先に進めたい方におすすめ
  3. シンプルな教材を好む人は理解しやすい
    ➡テキストが2色刷りでわかりにくいかもしれないが、シンプルな色の方が内容が頭に入る人もいる。挿絵やフルカラーが強みの教材では逆に集中できない方におすすめ
料金初心者向けの「2024年合格目標 完全合格パーフェクトコース」は¥59,800
※その他上級者向けコースやオプションは料金表に記載
分割払い可能
カリキュラム「2024年合格目標 完全合格パーフェクトコース」の場合
・基本講義
・実力アップ演習講義
・法改正講義
・総合模擬試験問題集&解説講義
・重要論点総まとめ講義
・公開模擬試験
講義時間数総学習時間121時間/全211単元
教材テキスト・テキストブック
・過去問題集
eラーニングあり
合格率/実績令和2年度:26.3%
※教育訓練給付金制度の利用者のみを対象に「教育訓練給付金制度講座」検索システムにて調査した結果であり、全受講生の結果ではない
サポート体制・メールと質問用紙での回数無制限の質問受付サービス
・予約制のカウンセリングを実施
・紙教材のPDF化
キャンペーン・割引制度・一般教育訓練給付金制度で20%支給
・8,000円がもらえる「合格お祝い金制度」
・期間限定割引(2024年2月29日まで)
運営会社株式会社クレアール

\もう少し知りたい方は公式サイトをチェック☑/

⬇公式サイト⬇
https://www.crear-ac.co.jp

5位:資格スクール大栄|スキのないフォロー体制で合格を目指す

出典:資格スクール大栄

【総合評価:89点】

評判・口コミ:18点/20点
➡通学者向けのスクールを展開しており、自習室での勉強がはかどる。一方で料金が高額すぎる点はデメリット。
料金の安さ:18点/20点
➡正確な料金の情報は問い合わせ時に確認が必要。情報サイトを確認すると22万円との記載があり、かなり高額になる可能性が高い。
初心者おすすめ度:19点/20点
➡学習面のフォロー体制が手厚いため、学習方法を一から学びたい人がニーズを満たせる。スタッフの伴走で、孤独を感じず前進できる。
合格サポート力:19点/20点
➡専任キャリアナビゲーターが1人ひとりの合格をバックアップ。弱点を分析しながら定期的なカウンセリングでサポートしてもらえる。
合格実績:16点/20点
➡合格率は公表されていないが、通学講座を含めて例年合格者を輩出。学習スケジュールの作成といった手厚いサポートで合格した人もいる。
企業の信頼性:19点/20点
➡運営元は資格スクールと語学スクールを展開し、社会人に学びの場を提供している。キャリアアップに向けた学習姿勢も徹底サポート。

資格スクール 大栄は、通信講座を提供しつつ、通学に適した全国のターミナル駅付近に直営校を50以上展開しています。

大きな強みは専任キャリアナビゲーターの手厚いフォローを受けられることです。

事前に行うモチベーション診断で、挫折しやすいポイントを把握し、個別に適した学習スケジュールを作成します。

eラーニングやLINEでのやり取りなどITツールを活用したサービスと、人による直接的なサポートで合格を目指せる通信講座です。

資格スクール大栄の口コミと評判を分析した結果

自分のペースで進めたい方にはおすすめです。 質問もWebで可能なので、対面講義じゃなくても困ることはありません。予約やキャンセルもWebでできますし、スクールの皆さんもいつも気にかけてくれ、資格を取ったその後のライフプランも含めて相談にのってくれます。

引用:受講生レビュー|資格スクール 大栄

【まとめると…】
メリット
・キャリアナビゲーターと専門講師が伴走してくれる
・事前の診断によって挫折防止対策ができる
・オンラインでも専門講師に1対1で質問が可能

デメリット
・料金がかなり高額で金銭面での負担が大きい
・お得なキャンペーンは主に通学生向け
・スタッフとのLINEでのやり取りが面倒な人は不向き

比較してわかった!お得な内容

キャリアナビゲーターは年間15,000人以上をサポートしている、資格相談のプロフェッショナルです。

挫折しそうなときはメッセージアプリで連絡すれば、親身に相談に乗ってくれます。

また大栄では学習内容を「忘れる」のが当たり前という認識で、定着しやすい学習法の提案と定期的なカウンセリングを実施。

スマホ1つで復習ができる機能を提供し、合格に必要なポイントは、専門講師や受講生たちと共有し合える体制を整えています。

講師とキャリアナビゲーターが連携し、時には受講生同士で支え合いながら合格に向けて突き進むのです。

資格スクール大栄をおすすめできる人の特徴とは?

  1. 集中力がない人も学習を継続しやすい環境
    ➡集中力がない上に飽きやすい性格のため、中だるみのタイミングが来た時、スタッフからの声かけが欲しい方におすすめ
  2. 資格取得後を見据えたキャリアプランを作れる
    ➡資格取得のサポートを受けつつ、就活やキャリアプランに関する悩みを聞いてもらい、具体的な将来像を描きたい大学生におすすめ
  3. 希望に合わせて教室通学も検討できる
    ➡全国に直営校が50拠点以上あり、通学講座も視野に入れられるため、通信講座とどちらにするか検討したい方におすすめ
料金要問い合わせ
分割払い要問い合わせ
カリキュラム・約1週間での全体像の把握
・約5分での合格ポイントのチェック
・応用問題演習
・約4,300問の問題演習
・予想模擬試験6回分
講義時間数要問い合わせ
教材テキスト・講義映像
・テキスト
eラーニングあり
合格率/実績令和3年度:26.7%
※教育訓練給付金制度の利用者のみを対象に「教育訓練給付金制度講座」検索システムにて調査した結果であり、全受講生の結果ではない
サポート体制・受講生同士での交流
・学習環境
・専任キャリアナビゲーターによるカウンセリング
キャンペーン・割引制度・Web問い合わせ者限定クーポン(2023年2月27日まで)
・ご家族・ご友人紹介制度で20%OFF
・学生割引制度で10%OFF
・教育訓練給付金制度で20%支給
運営会社株式会社リンクアカデミー

\もう少し知りたい方は公式サイトをチェック☑/

⬇公式サイト⬇
https://www.daiei-ed.co.jp/takken/

6位:資格のキャリカレ|長期的なサポートをしてもらいたい方におすすめ

出典:資格のキャリカレ公式HP
注目できる特徴

①不合格なら全額返金
②合格すれば2講座目を無料で受講可能
③リーズナブルな受講料

【調査コメント】

無理なく学びたい方におすすめしたいのが資格のキャリカレです。3ヶ月といった短期間で、合格に必要な知識を効率よく身につけることが出来ます。

他社にはない時短学習を実現することができています。ですが、アガルートでもスピードカリキュラムを組んでいて、そのうえ合格実績で見ると圧倒的にアガルートの方がいいので、短期間かつ効果的に学習したいという方はアガルートの方が良いでしょう。

料金(税込)39,600円
合格率非公開
主な教材やテキストオリジナル教材・動画教材

\もう少し知りたい方は公式サイトをチェック☑/

⬇公式サイト⬇
https://www.c-c-j.com

7位:資格スクエア|短期一発合格を狙うなら資格スクエア

出典:資格スクエア公式HP
注目できる特徴

①合格に必要なところだけを学ぶ
②スマホやPCで効率よく勉強
③法律の専門家から学べる

【調査コメント】

日本でも最難関の司法試験・予備試験でも多数の合格者を輩出している資格スクエアは法律特有の難しさも知っているため、法律関連の教え方には定評があります!

法律に疎い方や難しいイメージを抱えていて一歩踏み出せない方には非常におすすめできる通信講座です。

料金(税込)33,000円
合格率非公開
主な教材やテキストオリジナル教材・動画教材

\もう少し知りたい方は公式サイトをチェック☑/

⬇公式サイト⬇
https://www.shikaku-square.com

8位:L・A|初学者・経験者問わずしっかりとした事前準備を備えたい方に

出典:L・A公式HP
注目できる特徴

①平均合格率の約2倍の合格率
②合格すれば受講料半額返金
③受験指導10年超えの専門講師が講義を担当

【調査コメント】

合格すれば受講料の半額が返金されるので、モチベーションを長く維持させることが可能です。モチベーションの保ち方が苦手という方にはおすすめできる通信講座です。

料金(税込)45,000円
合格率33%
主な教材やテキストオリジナル教材・動画教材

\もう少し知りたい方は公式サイトをチェック☑/

⬇公式サイト⬇
https://www.la-school.co.jp

9位:スタケン|合格する力をリーズナブルに手に入れたいなら

出典:スタケン公式HP
注目できる特徴

①オンライン宅建講座支持率No1
②無駄なコストを排除し低価格・高品質を実現
③予測模試で過去問ではカバーできない部分をチャレンジ

【調査コメント】

スタケンでは場所や時間を選ばずいつでもどこでも宅建学習を行うことができます。

勉強に苦手意識がある方でも取り組みやすいコンテンツを多数用意しており、他社では体験できない独自のサービスを試すことができます。

料金(税込)14,800円
合格率非公開
主な教材やテキストオリジナル教材・動画教材

\もう少し知りたい方は公式サイトをチェック☑/

⬇公式サイト⬇
https://owners-age.com

10位:日建学院|効率よく正しい学習方法を身につけたいなら 

出典:日建学院公式HP
注目できる特徴

①考え抜かれた学習サイクル
②不安を自信に変える熱いサポート
③業界最強の講師陣と最高品質の映像講義

【調査コメント】

合格を近づけるための講義ではなく「合格するため」の講義を大切にし、回り道をせず最短距離で学習を可能にする講義を考案しています。

料金(税込)30,000円〜
合格率非公開
主な教材やテキストオリジナル教材・動画教材

\もう少し知りたい方は公式サイトをチェック☑/

⬇公式サイト⬇
https://www.ksknet.co.jp

11位:TAC|戦略的カリキュラムで学ぶなら

出典:資格の学校TAC公式HP
注目できる特徴

①試験対策のエキスパート「頼れる講師陣」
②短期間合格を可能にした戦略的カリキュラム
③長年の合格ノウハウが詰まったオリジナル教材

【調査コメント】

長年の指導歴によって蓄積されたノウハウが至る所に反映されているとともに、試験の出題傾向を徹底的に分析し、より効果的で効率的に学習を進めていけるように考え抜かれた教材がTACにはあります。

料金(税込)79,000円〜
合格率非公開
主な教材やテキストオリジナル教材・動画教材

\もう少し知りたい方は公式サイトをチェック☑/

⬇公式サイト⬇
https://www.tac-school.co.jp

【徹底比較】宅建士向け通信講座の比較ポイント

宅建士通信講座のおすすめランキングの紹介を終えたところで「この中からどうやって自分に合ったサービスを選ぶの?」と感じた方もいるでしょう。

そこで、ここではランキング評価を別として、3つのポイントにおいて比較を行い、自分に合った選び方を紹介していきます。

選び方① 受講価格で比較して選ぶ

スクロールできます
通信講座名価格学習期間
フォーサイト59,800円〜最短3ヶ月
ユーキャン58,000円最短3ヶ月
STUDYing19,800円1年〜
アガルート49,800円1年〜
クレアール26,800円1年〜

ここで紹介した通信講座は動画を中心とした教材が多いです。それにただの動画教材ではなく、効率よく学ぶコツ、長年蓄積されたノウハウ等が詰まったものとなっています。

さらに映像授業の品質にもこだわっており、見るだけで内容が掴めるものが多くなっています。低価格で学びたいという方にはおすすめな通信講座です。

各講座をそれぞれ比較してみると「STUDYing」が一番安いです。19,800円から受講できるということもあり、価格で見ると一番おすすめだといえるでしょう。

選び方② サポート体制で比較して選ぶ

スクロールできます
通信講座名サポート体制
アガルート安心の学習導入オリエンテーションや講師に何度も質問できる制度、毎月1回のホームルームの実施などを行なっています。
キャリアカレッジジャパンわからないことは何度でも質問が可能。わかりやすく丁寧に回答してもらえ、スマホから気軽に質問が可能です。
L・A24時間WEB質問受付。学習を進めるにあたってわからないところが出てきた場合はすぐに質問が可能。講師が直接回答するので安心。
アガルート安心の学習導入オリエンテーションや講師に何度も質問できる制度、毎月1回のホームルームの実施などを行なっています。

学習を進めていく上で、わからないことや疑問に思ったことは必ず出てきます。そこをわからないままにするのではなく、フォローアップ制度などを上手に使い疑問を解消していきましょう。

上記の表で紹介した通信講座ではそんな制度が充実しているので、サポート体制を重視して通信講座を選びたいと考えている方は是非参考にしてみてください。

選び方③ 合格率・合格者で比較して選ぶ

スクロールできます
通信講座名合格率または合格人数
アガルート令和4年度:59.5%
令和5年度:64.8%
フォーサイト令和3年度:82%(合格者787名)
合格率:76.1%(全国平均合格率の4.42倍)
スタディング2023年度合格者:1,036名
(2023年12月時点で、合格者調査に協力した合格報告者の人数)
クレアール合格率33%
資格スクール大栄令和3年度:26.7%
※教育訓練給付金制度の利用者のみを対象に「教育訓練給付金制度講座」検索システムにて調査した結果であり、全受講生の結果ではない

やはり講座選びで最も重要なのが合格率や合格者数ではないでしょうか。合格率と合格者数はその教材と通信講座の質を表す数字なので、基本合格率が高いところを選べば問題はないかもしれません。

しかし、教材の合う合わないもありますので、一度資料請求等をして自身と教材の適合性なども確認してみるべきだと言えます。

そもそも宅建士とは?おすすめできない人の特徴も深掘り

まず、宅建士について詳しく理解できている方も少ないのではないでしょうか。宅建士とは不動産取引で欠かすことのできない職業で、ITが発展してもなくなることのない仕事だと言われています。

国家資格なので難易度も高いため、資格取得をおすすめする人としない人も出てきます。
ここからは資格取得をおすすめできる人の特徴とおすすめできない人の特徴について触れていきたいと思います。

ちなみに「宅建を取得すると、どれくらいの年収上がるのか?」という疑問を持っている方もいますが、詳しくは「宅建取得で年収どれくらい稼げる?年齢・男女別にデータ比較」で確認してみてください。

【分析結果】資格取得をおすすめできる人の特徴

おすすめできる特徴① 正確な仕事ができる人

不動産の重要事項説明や契約書への署名押印など、契約に重要となる文章を担当することになるので注意を払って仕事をしなければいけません。

おすすめできる特徴② 社交的でコミュニケーションが好きな人

宅建士は不動産事項の説明以外に、不動産を増やしたり実地調査に行ったりなど社外の人との会話が多くあります。そのためコミュニケーション能力が求められます。

おすすめできる特徴③ 一般人が休みの人でも働ける方

不動産は平日に比べて休日の方が忙しい傾向にあります。ですので、契約時に必ず必要になる宅建士は休みの日でも出勤しなければいけない場面が多いのです。

おすすめできる特徴④ 不動産に対する興味関心がある方

不動産に対する興味や関心がないと宅建士の仕事は務まりません。さまざまな法律がありその法律をもとに仕事を進めなければいけないので興味がなければつとまらないと言えます。

おすすめできる特徴⑤ 慎重な人

宅建士となって不動産取引を行うことになると、「重要事項説明書」と呼ばれる書類を作成し、対象物件に対する多くの法律や権利関係に対する責任を負うことになります。関係する法律や権利条項は多種多様で、物件の所属自治体や周辺状況によって各物件の特徴が大きく変わってくることになります。そのため、依頼者が不利益を被らないように多くのリスクを考慮し慎重にアドバイスをしなければなりません。

【分析結果】資格取得をおすすめできない人の特徴

おすすめできない人の特徴① おおざっぱな性格の人

宅建士は注意深く仕事を進めなければいけません。おおざっぱな人だと説明事項の見落としやお客さんとの意見の相違のもとになるのであまりおすすめできません。

おおすすめできない人の特徴② コミュニケーションが苦手

宅建士はたくさんの人とコミュニケーションを取らなければいけない仕事です。仕事柄コミュニケーションが必須スキルなので苦手な人にはあまりおすすめできない仕事であると言えます。

おすすめできない人の特徴③ 土日は休みたいと考えている方

ほかの業種と比べて休日に働かなければいけない場面が多いです。

宅建資格は独学で合格できる?

結論「難しい」と言えます。「宅建の資格所得が難しい」理由に関しては、別ページでも解説していますが、ここでも軽く解説していきますので、参考にしてみてください。

難しい理由① スケジュール管理を自分でやらないといけない

宅建士の資格は1年に1度しか実施されません。もし短期での合格を目指したい方は緻密なスケジュール管理を行い学習を進めていかなければいけないのです。
幼い頃に夏休みの宿題を休みの日3日前に終わらせるという方には独学は難しいです。

難しい理由② 情報収集に限界がある

初学者は情報収集に限界があるので大変です。

法改正の情報、出題傾向、学習の進め方などさまざまな情報を収集しなければいけません。とくに法改正の情報は自分で掴むのは難しいです。

毎年数多くの法律が改正されているため、ピンポイントの情報を収集するのは至難の業です。

難しい理由③ 試験は年に1度しかない

宅建士の試験は1年に1度しか開催されません。

スクールや通信講座に通っている方は緻密に設計されたスケジュールで学習を進めていくため何の不安もなく受験することができます。

しかし、独学者は自身のスケジュール管理と学習管理を行なっているため直前になって不安に陥る方も多いです。1年に1度ということは再受験は来年になるので、そもそも勉強が苦手という方には独学はあまりおすすめできません。

宅建士の合格率や試験内容について

宅建士の試験は4肢択一式のマークシート式です。計50問で1問1点となります。記述問題はありません。出題科目は4科目に分かれており「宅建業法」「権利関係(民放)」「法令上の制限」「税・その他」となっています。

合格率・難易度について

スクロールできます
実施年度申込者数受験者数合格者数
令和5年度289,096233,27640,025
令和4年度283,856226,04838,525
令和3年度[12月]39,81424,9653,892
令和3年度[10月]256,704209,74937,579
令和2年度[12月]55,12135,2614,610
令和2年度[10月]204,163168,98929,728
令和元年度276,019220,79737,481
平成30年度265,444213,99333,360
平成29年度258,511209,35432,644
平成28年度245,742198,46330,589
平成27年度243,199194,92630,028

宅建士の合格率は例年10〜20%前後です。国家資格の中でも難題に分類されています。受験資格の制限などはなく、誰でも受けることが可能です。受験者数の中でも「とりあえず受けてみよう」という軽い気持ちで受験される方も多いそうです。

不動産業界に参入したいと考えている方は即戦力として起用されるので取っておくと不動産業界の中でも有利な立ち位置に立つことができます。

勉強時間について

宅建合格に必要な時間数は意外にも短いのです。

スクロールできます
資格名必要時間数
宅建士200時間〜300時間

単純計算で1日2時間〜3時間程度勉強に充てた場合、100〜150日程度必要となるため、3ヶ月〜半年勉強に充てることになります。意外にも時間数が短く感じられるため難易度も低いと感じられるかもしれません。

しかし、例年合格率は10〜20%なので決して簡単な資格とは言えません。

【2024年最新】宅建士試験の試験日程と申込日

2024年(令和6年度)の宅建士試験の日程と申込日の予想は以下の通りです。

※まだ正式な試験日が確定していないので、確定し次第、正しい日程と申込日を更新します。

スクロールできます
項目詳細
試験案内の配布令和6年7月1日〜7月29日
受験申込の受付令和6年7月1日〜29日(インターネットは17日まで)
試験日令和6年10月20日 13時から15時まで
合格発表令和6年12月初旬

【受験資格】
宅建士に受験資格はありません。受験する上で年齢・性別・国籍といった受験制限がないので、未成年でも受験することができます。

【申込みまでの流れ】
申込日の確認

申込

受験

まとめ

このページでは、数ある宅建講座の中から厳選したサービスと、その選び方などを紹介しました。

そのほかにも、基礎的な知識などを伝えたので、話が混ざってしまった方もいるでしょう。なので、最後にもう一度ランキングをまとめておきます。

スクロールできます
総合評価特徴
アガルート97高い合格率と試験合格特典が充実!モチベーション維持に!
フォーサイト96最短3ヶ月で合格を目指せる!さらに不合格なら全額返金
STUDYing96合格お祝い金制度有り!業界最安値を実現。
クレアール93クレアール学習メソッドといった特殊な学習方法がある。合格サポートなども充実
資格スクール大栄89出題傾向を絞ったオリジナルテキストを使用。短期合格も目指せる!

【6位以下】
・キャリアカレッジジャパン
他社に比べて口コミ数が少なく、有力な受講者の情報があまり集まらなかった。
・資格スクエア
受講者サポートがTOP5に比べて手薄
・L・A
DVDなどの教材になるため、機材がないと受講が難しい
・東京スタケン
サポート体制が手薄
・日建学院
他社に比べてサポート体制が手薄
・TAC
受講料が他社に比べて割高

ランキング部分に戻る

また、とにかく安く学びたい初心者の方におすすめなのは「STUDYing」。初期費用0円(税込)、月額支払い1,784円(税込)から学べるため、おすすめです。

まずは各公式サイトをチェックして、資料請求もしてみてください。

※資料請求は「BrushUP学び(https://www.brush-up.jp)」というサイトであれば、一括請求できます。

目次