英会話教室

【最短2日】短期集中で学べる英会話教室BEST10|2021年度の調査内容を比較

「英会話スクールに通う」「教材を買う」「独学で勉強する」など、短期間で英会話を学ぶ方法はいくつかあると思いますが…

ミツカル英会話では、短期集中で英会話力をつけたい場合「英会話スクール」をオススメします。

理由としては「短期間で英会話力をつけるためには、必要な部分のみを効率的に学習していく必要があるため」です。

通常はコツコツと勉強していくところを「短期間で学びたい」と考えるだけの理由が、このページを見ている方にはあると思います。

どうしても短期間で英語を学びたいと考える方に向けて、このページでは短期間で英語力を付けられる英会話スクールについて、ご紹介していきます。

短期集中で英会話を学んだ方が良い人の条件とは?

【おすすめする人の特徴】
  • 英語を使う明確な目的がある
  • 半年以内に一定以上の英会話力を必要としている
  • お金をかけても大丈夫

「仕事で海外へ行く」「海外の企業とやり取りする」「海外へ留学する」など明確な目的がある場合はお金をかけてでも、英会話力をしっかりとつける必要があります。

さらに、半年以内に英会話力を必要とする場合など、短期間で集中的に英語を学習することが重要です。

お金は多少かかってしまいますが、このページではできるだけ安く短期間で英会話を習得するためのコツもお届けしていくので、安心してください。

【おすすめしない人の特徴】
  • 急いではいないが短期間で学習したい
  • 将来的に英語を話せたら良いと考えている
  • お金はあまりかけられない

逆に、直近でしっかりとした英会話力が必要でない場合は、短期間での英語学習はあまりオススメできません。

本来、英語学習はコツコツと重ねていくものなので、短期間で学習するとなると自然と挫折率は上がってしまうためです。また、通常の英会話学習法に比べて料金も大きくかかってしまいます。

とは言え「ある程度のレベルまで一気に学習したい」という方も、中にはいらっしゃいます。このページでは、そんな方にもおすすめできるスクールをご紹介しているので、この先も続けて目を通してみてください。

最短2日で英語を話せるようになる方法「英会話合宿プログラム」

当ページでは、最速で英語力を鍛えるための方法として「英会話合宿プログラム」をおすすめしています。

英会話合宿プログラムとは、名前の通り泊まり込みで英語を学習できるプログラムです。

次のようなメリット・デメリットがあるので、把握しておきましょう。

メリット

  • 成長スピードがとにかく早い
  • 強制的に英語漬けの環境に身を置ける
  • 自信を持って英語を話せるようになる

デメリット

  • 料金がとにかく高い
  • 単語などはプログラム終了後、追って勉強する必要あり

今回は、国内で一番おすすめできる英会話合宿プログラム「イングリッシュブートキャンプ」を紹介します。

最短2日で英語を学べる「イングリッシュブートキャンプ」とは?

イングリッシュブートキャンプは「2日間(20時間)で喋れる英語レベルに到達する」短期集中プログラムです。

開催場所とスケジュールが限定されてはいるものの、超短期間で英会話力を鍛えあげられます。

ある程度の基礎英語力が必須ではあるものの、英会話に感じる恐怖症や緊張を取り除くことができ、自信を持って楽しく英語を話せるようになることでしょう。

【基本情報】
料金(税込)¥107,800
開講場所二子玉川ベース(二子玉川駅徒歩5分)
開催スケジュール1ヶ月5回

イングリッシュブートキャンプの詳細を見る

理由①全額返金制度がある

イングリッシュブートキャンプでは、プログラム全体の1/3までに申請することで、全額返金される制度が設けられています。

なので、実際に申し込んでプログラムを受けてみて「なんか微妙だ…」と感じた場合は、すぐに申請して返金してもらえればOKです。

公式サイトには「プログラム効果に絶対の自信があるからこそ全てのお客さまに、安心して英会話の第一歩を踏み出していただきたい」という旨が記載されています。

少し高い料金ではありますが、返金制度もあるのでチャレンジしてみても良いでしょう。

理由②「英会話の壁」を効率的に壊せる

実践的な英会話では、単語や文法以前に「異文化の壁」「心理的な障壁」「瞬間的な表現の壁」この3つの壁があると言われています。

要するに、基本的な単語や文法を覚えていても、上記3つの壁によって上手く話すことができないということです。

イングリッシュブートキャンプでは、基礎的な知識の学習だけでなく、英会話における3つの壁を壊すことにフォーカスしています。

理由③英語に関するテストスコアもアップする

公式サイトにも掲載されている通り、イングリッシュブートキャンプの受講者から数多くのスコアアップの報告が寄せられています。

イングリッシュブートキャンプの調査によると、200点満点のTOEIC Speaking Testでは、受講前と受講後では平均31.25ポイントの増加が見られました。

半年以上の長期プログラムを受けても、一桁ポイントの増加が一般的とされている中、30ポイント超えの増加は驚愕の実績と言えます。

短期間で英会話を学ぶためのコツ

紹介内容
  • 1)自分の目的や予算から教室のタイプを選ぶ
  • 2)オンラインあるいはオフライン!自分の生活スタイルに合った形式を選ぶ
  • 3)料金の安さを比較する

英会話合宿プログラムはあくまで「実践で上手く英会話を使う」ためのカリキュラムです。ここからは、より濃く深く英会話を短期間で学んでいくためのコツをお伝えしていきます。

1)自分の目的や予算から教室のタイプを選ぶ

短期集中で英会話を学べるスクールには、大きく「コーチング英会話」「短期間カリキュラムに対応している英会話教室」2つのタイプがあります。

2つの違い

コーチング英語→短期間で一気に英会話力の向上を目的として運営されているスクール

英会話教室→さまざまなコースがあるが、短期間で英語を学習するためのコースが用意されている

「仕事の都合で、どうしても半年以内に英会話を習得したい」など急いでいる場合は、コーチング英語を選ぶ必要があります。費用はかなり高いですが、短期間でより確実に成果を出すことが可能です。

逆に、半年~一年ほどの時間がある場合は、英会話教室で短期間向けカリキュラムの受講がオススメです。

コーチング英語に比べると、費用も安く、短期間で詰め込む必要がないため挫折する可能性も低くなります。

2)オンラインあるいはオフライン!自分の生活スタイルに合った形式を選ぶ

コーチング英語・英会話教室どちらのタイプでも、2つのレッスン受講方法があります。(オフライン=通学)

基本的には、オフラインレッスンの方がより実践的で成果は出やすいと言われますが、通学によってストレスが増加しやすいという懸念点があるのも事実です。

英会話教室では、そもそもストレスになるほどのレッスン量ではないため、オフラインが多めになっています。(感染症の影響でオンライン対応も進んでいます)

逆に、コーチング英語では「週1~2回のオフラインレッスン+オンラインレッスン毎日」といった形式が多いです。

オフラインレッスンの方がより実践的で成果は出やすいですが、毎日の通学は負担を増加させてしまいます。

そのため、オフラインをできるだけ抑えながら、オンラインで継続的にレッスンを実施してくれます。

スクールによっては、オンラインのみ・オフラインのみといった場合もあるので、気になる場合は必ずチェックしておきましょう。

3)料金の安さを比較する

先ほども言ったとおり、コーチング英語と英会話教室では必要な費用がかなり異なります。

また、上記にまとめてある通り、同タイプのスクールでもカリキュラムによって料金に大きな差があることも多いです。

料金が高い方が、必ずしも優れているとまでは言いません。しかし、基本的には料金が高ければ、それほど内容が詰まっていると考えて問題ありません。

とは言え、人それぞれに予算がありますし、自分に合った内容を選ぶことが大切です。予算を元に、料金は必ず比較するようにしましょう。

【高評価】短期集中で学べる英会話教室BEST10

それでは、短期間で英会話を学べる教室BEST10を紹介していきます。

冒頭にも言ったとおり、2タイプのスクールがあるため、それぞれ以下のような順番でお届けします。

1~5:短期間にも対応する英会話教室
6~10:コーチング英語

コーチング英語のみをチェックしたい場合は、次のボタンをタップすれば6つ目まで読み飛ばせます。

【BEST10】を表示する
  • 24時間オンライン予約できる
  • パーソナルモチベーション診断を実施している
  • レッスン内容が自動的に記録されている
  • さまざまな分野に対応している
  • 7つのレベルに分けられたカリキュラム
  • 毎日英語に触れられる副教材が充実
  • 通う人に合わせた5つのプランがある
  • さまざまなバックグラウンドを持つ講師が所属
  • レッスンを保証する制度が設けられている
  • ビジネス英会話に特化している
  • ビジネスシーンで使える実用的な英語を学べる
  • 目的と期限に合わせて学習プランを作成してくれる
  • 目的に合わせた27種類のコースが用意されている
  • 旅行や留学に強いカリキュラムが多い
  • 全国どこの教室でも受講可能
  • 科学的に証明されたカリキュラムを採用
  • スケジュール管理が徹底されている
  • カウンセリングを日々実施している
  • 実践的なコミュニケーション・ストラテジーが充実
  • 保証制度が充実している
  • キャンペーンで最大40万円引き
  • 第二言語習得研究に基づくカリキュラムを採用
  • TOEICスコア200以上アップなど多数の実績がある
  • 習慣化を徹底サポートしてもらえる
  • 初対面のコミュニケーションに特化している
  • コンサルタントが自習を徹底サポートしてくれる
  • 気軽にコミュニケーションを取りやすい
  • アウトプット重視型プログラムを採用している
  • 英語脳を養成するトレーニングを実施
  • 質と量にこだわった実践スピーキングを導入

1)2ヶ月~「ロゼッタストーン・ラーニングセンター」

【基本情報】
学教室タイプ英会話教室
受講タイプ通学・オンライン
料金(税込)※料金例

ビジネス英会話
40分×全40回(2ヶ月):¥322,300
日常英会話
40分×全32回(2ヶ月):¥253,440

入会金
¥33,000

対応時間10:00~21:00(教室によって異なる)
対応地域日本全国対応(80教室以上)

ロゼッタストーン・ラーニングセンターの詳細を見る

理由①24時間オンラインで予約できる

ロゼッタストーン・ラーニングセンターでは、24時間オンラインでレッスンを予約可能です。早朝から夜までどの時間帯もOK。

予約は直前まで、キャンセルは前日18時まで受付可能です。

また「パワーレビュー」と呼ばれる自主学習をサポートするオリジナルシステムも搭載。レッスンの復習を中心に、オンラインでいつでもどこでも学習できます。

理由②パーソナルモチベーション診断を実施している

短期的に集中してレッスンを進めていくと、どうしても途中で挫折してしまうケースがあります。

そのため、ロゼッタストーン・ラーニングセンターでは、生徒一人ひとりの目標達成に向けて診断と分析を行っています。

また、短期間で英語を習得するという目標に対しては誰もが不安を抱くものです。不安は学習の効率を下げてしまうデメリットもあります。

なので、正確な診断と分析を活用し、不安なども取り除きながら最適な学習カリキュラムを提案してもらうことが大切です。

理由③レッスン内容が自動的に記録されている

ロゼッタストーン・ラーニングセンターでは、レッスンで学んだ内容を「音声」と「テキスト」で復習できます。

レッスン内容は全て録音されており、さらに講師がオンラインノートに内容をまとめてくれているため便利です。

そのため、レッスン中はメモなどを取る必要は一切なく、レッスンに集中できます。

加えて、簡単に復習することができ、レッスンの効果を最大化することが可能です。短期間で英語力を定着させるためには、反復した復習が必須になります。

2)4~12ヶ月「シェーン英会話」

【基本情報】
学教室タイプ英会話教室
受講タイプ通学
料金(税込)回数制 個人レッスン
40分×20回(4ヶ月):¥143,000
40分×40回(8ヶ月):¥264,000
40分×80回(12ヶ月):¥484,000入会金
高校生~大人:¥22,000
2才~中学生:¥16,500スクール管理費
¥1,650/月
対応時間10:00~22:00(教室によって異なる)
対応地域【※関東のみ】渋谷、新宿、池袋、上野、銀座、八重洲、六本木、横浜

シェーン英会話の詳細を見る

理由①さまざまな分野に対応している

ビジネス英語・TOEIC・IELTSなど、さまざまなカリキュラムに対応していることが特徴です。

加えて、看護師・キャビンクルー・ホテルスタッフなど幅広い分野に対応しており、職業・業界別の英語レッスンを受けられます。

業界ならではの用語やマナーが存在するため、仕事で実践的な英語を使うという方にはぴったりです。

理由②7つのレベルに分けられたカリキュラム

シェーン英会話では「基礎・初級・準中級・中級・準上級・上級」7つのレベルに分けられ、最適なカリキュラムが組まれています。

公式サイトにも掲載されていますが、きっちりと明確な基準が設けられており、自分がどのレベルなのか参考にすることも可能です。

また、レッスン内容も「Introduction→Listening→Language focus→Practice→Sounding natural→Time to Talk」の流れで細かく構成されています。

理由③毎日英語に触れられる教材が充実

シェーン英会話では、オンライン教材をはじめとした、毎日英語に触れることのできる教材が充実しています。

自宅にいる時や移動中の電車などで、手軽に復習・予習できる教材です。短期間で英会話力を向上させるために復習は重要になります。

また、毎レッスン終了後には、効率的にレッスン内容を復習できるように作成された課題を受け取ることも可能です。

3)2ヶ月~「Gaba」

出典:Gaba
【基本情報】
学教室タイプ英会話教室
受講タイプ通学
料金プラン※料金例

短期集中レギュラープラン
40分×30回(2ヶ月):¥214,500
短期集中デイタイムプラン
40分×30回(2ヶ月):¥183,150
短期集中U-25プラン
40分×30回(2ヶ月):¥204,600
短期集中Gaba campusプラン
40分×30回(2ヶ月):¥161,700
短期集中Gaba teensプラン
40分×30回(2ヶ月):¥161,700

入会金
¥33,000

対応時間7:00~21:55(教室によって異なる)
対応地域日本全国対応(55教室以上)

Gabaの詳細を見る

理由①通う人に合わせた5つのプランがある

Gabaでは「レギュラー、デイタイム、25歳以下向け、大学・専門学生向け、中学・高校生向け」と5つのプランが用意されています。

それぞれが社会人・主婦・学生・留学目的など、さまざまな立場の人に向けた最適なプランとして用意されているのです。

また、ビジネス英語・日常英会話など、学ぶ目的によってもカリキュラムが最適化されているため非常に柔軟なレッスン受講ができます。

理由②さまざまなバックグラウンドを持つ講師が所属

Gabaでは、ビジネス経験などが豊富な講師をレッスンごとに指名して予約することができます。

所属講師は、採用率およそ2%の狭き門を突破したプロフェッショナルが勢揃いです。

また、採用後も認定プログラムを修了した者のみが実際にレッスンを行うことができます。

加えて、担任制ではないので「相性が合わない」などの心配もなく、プロフェッショナルの中から自由に講師を選ぶことが可能です。

理由③レッスンを保証する制度が設けられている

Gabaでは、質の良いレッスンを常に提供し続けるために「レッスンクオリティ保証制度」が設けられています。

レッスンを受けて満足しなかった場合は、運営に申請することでレッスンポイントが返還されます。その返還されたポイントで、再度レッスンを受け直すことが可能です。

また、講師側は常に「ポイント返還される」というプレッシャーを背負うことで、毎レッスン本気で取り組みます。

4)1ヶ月~「ベルリッツ」

【基本情報】
学教室タイプ英会話教室
受講タイプ通学・オンライン
料金プランマンツーマン(40分/回):¥6,600~

入会金
¥0(キャンペーン中)

対応時間7:45~21:00(教室によって異なる)
対応地域東京、神奈川、埼玉、千葉、宮城、愛知、静岡、大阪、京都、兵庫、広島、岡山、福岡

ベルリッツの詳細を見る

理由①ビジネス英会話に特化している

ベルリッツは、仕事で英語を使う方を対象にカリキュラムが整えられています。

ビジネス英語にカリキュラムが絞られているため、非常にスピーディーに学習を進めることが可能です。

例えば「2週間後のプレゼンや1ヶ月後の海外出張までに英会話力を鍛えたい…」といった、急を要する場合でも対応できます。

理由②ビジネスシーンで使える実用的な英語を学べる

ベルリッツで学べる英語は、以下のようなシーン・業界・業種でのカスタマイズにも対応しています。

シーン:「海外赴任(帯同)」「海外出張」「会議」「メール」「Web会議」「転職/就職」「接客/顧客対応」

業種:「金融」「商社」「コンサル/会計」「サービス/小売」「建設/自動車」「医師/医療」「ITシステム」

職種:「営業」「マーケティング」「財務/経理」「人事/総務」「事務」「接客」「会計」

自分が関係する業界もしくは職業に絞って、必要な英会話のみを学んでいくことで、より効率的に実践的な英語を学んでいくことが可能です。

理由③目的と期限に合わせて学習プランを作成してくれる

ベルリッツには、講師とは別に日本人カウンセラーが在籍しています。

カウンセラーが生徒一人ひとりの目的と期限に合わせた学習プランを提案することで、より効率的に英会話学習進めることが可能です。

また、プラン内容は担当する講師全員に共有され、レッスン担当時にはしっかりと目的を把握した状態でレッスンを進められます。

5)1ヶ月~「NOVA」

出典:NOVA
【基本情報】
学教室タイプ英会話教室
受講タイプ通学・オンライン
料金プランマンツーマン(40分/回):¥5,500~

入会金:無料

対応時間10:00~22:00(教室によって異なる)
対応地域日本全国対応(270教室以上)

NOVAの詳細を見る

理由①目的に合わせた27種類のコースが用意されている

NOVAでは、アクセントやイディオム、実践的な英会話など目的に合わせた27種類のコースが用意されています。

かなり基礎的なカリキュラムから用意されており、それぞれ自分にとって必要なコースのみ申し込むことが可能です。

初心者の方でも安心して0から英会話レッスンに取り組めます。

理由②旅行や留学に強いカリキュラムが多い

NOVAのカリキュラムは、ビジネス英語にも対応していますが、とくに旅行や留学に関するカリキュラムに強いことが特徴です。

出国~帰国まで海外旅行や留学で困らないために、空港・観光・ショッピングなどシーン別に、シミュレーションした結果をレッスンとしてまとめています。

また、日本人がつまずきやすい英文法も事前にピックアップされており、効率的に英語学習を進められます。

理由③全国どこの教室でも受講可能

NOVAでは、全国に270以上ある教室どこでもレッスンを受講することが可能です。

短期間での英会話レッスン詰め込みとなると、仕事の都合などで同じ教室に通うことが厳しいこともあるでしょう。そんなときに、どこの教室でもレッスンを受けられると非常に便利でしょう。

また、生徒一人ひとりのレッスン状況などは電子カルテ上で一括管理されているため、レッスン情報の引き継ぎなども問題なく行われています。

6)2~6ヶ月「PROGRIT」

出典:PROGRIT
【基本情報】
学教室タイプコーチング英語
受講タイプ通学・オンライン
料金(税込)2ヶ月プラン:¥360,800
3ヶ月プラン:¥514,800
6ヶ月プラン:¥983,400

入会金
¥55,000

対応時間9:30~21:00(教室によって異なる)
対応地域東京・神奈川・愛知・大阪

PROGRITの詳細を見る

理由①科学的に証明されたカリキュラムを採用

短期間で集中的に英会話力を伸ばすためには、正しい学習を行うことが最も近道です。

一般的に提唱されている多くの学習法は、個人が経験から編み出した方法であり科学的に効果が実証されていません。

そんな中、PROGRITでは英会話における課題を解決するために「応用言語学第二言語習得論」と呼ばれる科学的な学習法をベースにしています。この学習を採用することで、一人ひとりに対して最適なカリキュラムを設計することが可能です。

主な流れとしては、まず課題チェックテストとヒアリングを実施し、現状の英語カの分析を行います。

分析結果によって判明した課題に対して「なぜできないか?」を深堀りし、課題をより明確化してカリキュラムが組まれていきます。

理由②スケジュール管理が徹底されている

PROGRITでは、独自のシステムを採用しており、毎日の学習スケジュールが徹底管理されています。

毎日のスケジュールを細かく設定することで、効率を最大化して学習を進行することが可能です。

また、進捗状況に応じて、どのようなカリキュラムや学習方法を採用すれば、最も英語力が伸びるのかを科学的に分析し、最適なカリキュラムを提案してくれます。

理由③カウンセリングを日々実施している

PROGRITでは毎週、教室あるいはオンラインで面談カウンセリングが実施されています。加えて、チャットを使って積極的に毎日コミュニケーションを取ります。

主な面談内容としては、進捗状況や現在ある課題の解決方法のヒアリングが中心です。

この面談を通して短期的な目標だけではなく、長期的な目標を明確にしながらカリキュラムに組み込んでいきます。

また、学習の継続状況によって、新たな教材・学習内容の提案はもちろんのこと、生活習慣の見直しまで提案してくれます。

7)~12ヶ月「トライズ」

出典:トライズ
【基本情報】
学教室タイプコーチング英語
受講タイプ通学・オンライン
料金(税込)12ヶ月プラン(総額¥1,212,819)
入会金 :¥ 50,000
コンサルティング費:¥185,000
月額受講料:¥85,273
対応時間10:00~21:15(教室によって異なる)
対応地域東京・神奈川・愛知・大阪(10教室以上)

トライズの詳細を見る

理由①実践的なコミュニケーション・ストラテジーを習得できる

トライズでは、文法や発音を学ぶことだけでなく、ディスカッションを通じて英語のコミュニケーション・ストラテジーを習得できます。

ネイティブ講師による実践的なレッスンを年間144回行うことで、自然と英会話力を培えるカリキュラムとなっているのです。

ちなみに、コミュニケーション・ストラテジーとは、相手に言いたいことが伝わらないときに、別の方法で伝えるための技術のことを指します。

ネイティブではない者にとっては、必須スキルと言っていいほど重要なスキルです。

たとえ、一般的な英語力を持っていなかったとしても、コミュニケーション・ストラテジーを培うことで、より確実に自分の意見を相手に伝えられるようになります。

理由②保証制度が充実している

トライズは、保証が非常に充実しているスクールとして知られています。主に、次のような保証制度が設けられています。

  • 全額返金保証
    受講開始後、1ヶ月までの間は無条件で全額返金してもらえる
  • 途中解約保証
    受講開始から1ヶ月を経過した後、途中解約する場合、残りの期間の受講料から解約手数料(「5万円or残額20%」どちらか安い方)を除いた金額が返金してもらえる
  • 無料延長保証
    カリキュラム通りに学習したにも関わらず、英語力が全く伸びなかった場合は「12ヶ月一括払い→最大3ヶ月」「6ヶ月一括払い→1ヶ月」受講期間を延長できる

自社のサービスに自信があるからこそ、これほど大胆な保証制度を設けることができるのでしょう。

理由③キャンペーンで最大40万円の大きな割引あり

現在、受講料の総額から最大40万円割引されるキャンペーンが開催されています。

【キャンペーン内容】

  • 12ヶ月一括もしくは分割払い
    受講料総額から40万円割引
  • 6ヶ月一括もしくは分割払い
    受講料総額から5万円割引

また、無料体験を予約するだけで、今すぐ「Versant ID」を無料で受け取ることができ、Versantスピーキングテストなどを受講可能です。

ちなみに、Versantスピーキングテストとは、大手グローバル企業やアメリカ国防総省などで導入されている英会話テストのことを指します。

自宅で15分程度で手軽に受験することができて「語彙力・文法力・流暢さ・発音」の4技能を診断できます。

8)3~6ヶ月「STRAIL」

出典:STRAIL
【基本情報】
学教室タイプコーチング英語
受講タイプ通学・オンライン
料金(税込)3ヶ月プラン:280,500
6ヶ月プラン:561,000

入会金:¥55,000

対応時間9:30~22:00(教室によって異なる)
対応地域東京・横浜・埼玉・梅田・京都・神戸

STRAILの詳細を見る

理由①第二言語習得研究に基づくカリキュラムを採用

STRAILにおける、英語コーチングの基本は「的確な課題発見」と「最適な解決アプローチ」です。

医者が症状から原因を突き止めて治療をするように、STRAILでは専門コンサルタントが課題を発見し、その課題を解決するための適切なトレーニングを提案してくれます。

これらの手法は「第二言語習得」にもとづいて行われているのです。

英語学習を効率化するためには、教材一つでも最適なものを選ぶことで成果に影響してきます。塵も積もれば山となります。

理由②TOEICスコア200以上アップなど、多数の実績がある

STRAILの公式サイトには、TOEICを受けた12名以上の受講生のインタビューが掲載されています。

STRAIL受講前のスコアと受講後のスコアが掲載されており、最高でスコアが320アップしています。

TOEICを受けたことがある方であれば、わかるかもしれませんが、短期間でこれだけ大幅にスコアアップするのはとても難しいことです。

理由③習慣化を徹底サポートしてもらえる

英語学習において、継続することは重要です。しかし、実際はわかっていてもなかなか継続できるものではありません。

そこでSTRAILでは、誰でも学習を継続できるように習慣化の技術を研究しています。

日本における行動科学マネジメントの第一人者である”石田淳氏”のチームとともに、独自の習慣化カリキュラムを導入しています。

ちなみに、石田氏はベストセラー「続ける技術」の著者でもあります。

9)2~4ヶ月「スパルタ英会話」

【基本情報】
学教室タイプコーチング英語
受講タイプ通学・オンライン
料金(税込)2ヶ月プラン:¥184,800/月
3ヶ月プラン:¥179,667/月
4ヶ月プラン:¥168,500/月

入会金:¥55,000

対応時間10:00~22:00(教室によって異なる)
対応地域新宿御苑校、銀座校、自由が丘校、梅田校

スパルタ英会話の詳細を見る

理由①初対面のコミュニケーションに特化している

スパルタ英会話では、初対面のコミュニケーションに特化した「短期集中の日常英会話カリキュラム」を導入しています。

目指すゴールは、英語を使ったコミュニケーションを通じて海外の方と仲良くなれるようになること。

通常の英会話では「中学英文法はなんとなく覚えている」程度でも問題ありませんが、スパルタ英会話ではより細かい部分も、丁寧に修正していきます。

英会話における曖昧さを無くし、達成感を感じられるようカリキュラムが組まれています。

理由②コンサルタントが自習を徹底サポートしてくれる

スパルタ英会話では、コンサルタントと講師が連携して徹底的なサポートを行ってくれます。

ただ単語やイディオムを暗記するだけでは、英会話において大きな成果を出せません。口を動かし、音を覚える自習方法がベストです。

そんな自習を一人で進めるのは難しいため、コンサルタントのサポートがとても助かります。また、コンサルタントが定期的に自習の成果をチェックしてくれるので安心です。

理由③気軽にコミュニケーションを取りやすい

生徒と講師及びコンサルタントは「Slack」というツールで、コミュニケーションを取れます。

多くの企業でも使われている非常に使いやすいツールなので、ネット関係が苦手な方でも簡単に使うことが可能です。

日々の進捗報告から自宅での学習方法、何気ない質問まで気軽に聞いてOK。

また、モチベーションが下がった時なども相談できるので、学習環境や習慣のことなども相談してみましょう。

10)2~4ヶ月「RIZAP ENGLISH」

出典:RIZAP ENGLISH
【基本情報】
学教室タイプコーチング英語
受講タイプ通学・オンライン
料金プラン2ヶ月(16 回)プラン:¥437,800
3ヶ月(24 回)プラン:¥580,800
4ヶ月(32 回)プラン:¥723,800

入会金:¥55,000

対応時間10:00~:2100(教室によって異なる)
対応地域【東京のみ】銀座、渋谷、池袋、新宿、秋葉原など

RIZAP ENGLISHの詳細を見る

理由①アウトプット重視型プログラムを採用している

短期間で英会話スキルを習得するためには、アウトプット量が重要だと言われています。

実際に、RIZAP ENGRIShが実施した「ビジネス英語習得のために最も時間を使った学習方法」についての調査によると、63.7%がアウトプット重視のプログラムを受けていました。(2020年3月19日〜22日実施)

そのため、RIZAP ENGLISHでは具体的にどのようにアウトプットすれば効率がよいのかを追求し、カリキュラムに組み込んでいます。

具体的なアウトプット方法を生徒自身も理解することで、自習の際もアウトプットを意識しながら進めることが可能です。

理由②英語脳を養成するトレーニングを実施

当サイトの別記事でも触れていますが、日本人とネイティブでは英会話時の脳内フローが異なります。

そのため、飛躍的に英会話力を上達させるためには、いわゆる「英語脳」に切り替えることが大切です。RIZAP ENGLISHでは、よりスムーズな英会話力を鍛えるために英語脳を養うためのトレーニングを行っています。

具体的には「6STEPS」「クイックレスポンス」「実践スピーキング」と呼ばれる3つの養成トレーニングを取り入れています。

ちなみに「6STEPS」とは、「ディクテーション・スラッシュリーディング・オーバーラッピング・意味音読・シャドーイング、・リピーティング」の6つで構成されるトレーニングのことです。

理由③質と量にこだわった実践スピーキングを導入

RIZAP ENGLISHでは、24時間いつでもスピーキングレッスンを実施できる体制が整えられています。しかも、スピーキング相手は優秀なネイティブ講師。

ただ単に実践的な英会話に慣れるだけでなく、細かい発音にこだわって英会話力を鍛えれます。

また、より最適なレッスン内容にするため、ネイティブ講師は「準備→実践→復習」と3つのステップに渡ってサイクルを回しています。より効率的に英会話力を身につけることが可能です。

【Q&A】よくある質問集

ー質問リストー
  • Q1)短期集中で英会話を学んだ方が良い人とは?
  • Q2)なぜ短期間で英語を話せるようになるの?
  • Q3)短期間で英語を話せるようになるための一番良い方法は?
  • Q4)通常、英会話の習得にはどのくらいの時間がかかりますか?

最後に短期間で英会話を学ぶ場合に、よくある質問を4つまとめたので見ておきましょう。

Q1)短期集中で英会話を学んだ方が良い人とは?

短期間で英会話を学ぶ方はさまざまですが、主に仕事関係で必要な方にオススメします。

  • ビジネスで英語が必要な人
  • 昇進に英会話スキルが必要な人
  • 直近でTOEICなどで高スコアを獲得する必要がある人

短期間で英会話を学ぶ場合、通常に比べて費用も負担も大きくかかります。そのため、明確な目的がない場合は、あまりオススメできません。

逆に、短期間で確実な成果を求めている方には強くおすすめします。

Q2)なぜ短期間で英語を話せるようになるの?

まず第一に「サポート体制」が、通常の英会話とは異なります。

多くの場合、講師とは別でカウンセラーが付いてくれ、カリキュラムを組む以外にも自習などのサポートも行ってくれます。

また、それ以外にも以下のような理由があるのです。

  • 通常よりレッスン量が圧倒的に多い
  • カリキュラムが効率化されている
  • 自習教材が充実している

大きな負担がかかってはしまうものの、短期間で英会話を上達させるための要素が詰まっています。

Q3)短期間で英語を話せるようになるための一番良い方法は?

お金・時間をかけてもいい場合は、やはり「コーチング英語」が一番オススメです。

カリキュラム面、サポート面どちらを見ても、コストに見合うだけの成果は出せるように考え抜かれているためです。

また、一部のコーチング英語では「レッスン保証」が設けられているため、一度お金を支払えば成果が出るまでやり遂げられます。

Q4)通常、英会話の習得にはどのくらいの時間がかかりますか?

同志社大学教授の「稲垣 俊史」氏の論文では、日本人が英語を習得するためには2,500時間が必要とされています。

また、アメリカ国務省付属機関「FSI」の調査では、英語を母語とする人が、日本語を習得するためには2,200時間という結論に。

逆に、日本語話者が英語を習得するためにも、同様の時間が必要だと考えられています。

よって、通常の英会話学習では「2,200~2,500時間」の時間が必要です。

ちなみに日本の学校教育においては約1,200時間ほどの学習を行っているため、大人が学習する場合は残りの1,000~1,200時間ほどになります。

論文出典:How Long Does It Take for Japanese Speakers to Learn English?

最後に伝えたいこと

このページでは、短期間で英会話を学ぶ方法からメリット・デメリットまで幅広くお届けしました。

どうしても短期間で英会話を学びたい場合は、やはり英会話教室あるいはコーチング英語を強くオススメします。

また、どちらも無料で体験レッスンを受けられます。実際、いくつかの無料体験レッスンを受けただけでも、英会話は少し上達している方もいるほどです。

逆に、無料体験レッスンを活用しないと損と言えるほどなので、ぜひチェックしてみてください。