リセマム6周年

流行語大賞は「ゲゲゲの~」、「AKB48」や「~なう。」もトップテンに

趣味・娯楽 その他

年間大賞は「ゲゲゲの~」に。トップテン、特別賞も公式サイトに発表された 年間大賞は「ゲゲゲの~」に。トップテン、特別賞も公式サイトに発表された
  • 年間大賞は「ゲゲゲの~」に。トップテン、特別賞も公式サイトに発表された 年間大賞は「ゲゲゲの~」に。トップテン、特別賞も公式サイトに発表された
  • それぞれの用語の解説も掲載されている それぞれの用語の解説も掲載されている
 「ユーキャン新語・流行語大賞」が今日発表。「ゲゲゲの~」が年間大賞に選ばれ、今年を代表する流行語となった。AKB48やTwitter起源の「~なう。」もトップテンに選ばれた。年間大賞、トップテンは「ユーキャン新語・流行語大賞」公式サイトで発表されている。

 「ゲゲゲの~」は漫画家水木しげるの妻、武良布枝による自伝「ゲゲゲの女房」から。NHKでドラマ化され、人気を博したことからこの言葉が年間大賞に選ばれたようだ。

 トップテンに選ばれたのは、「いい質問ですねえ!」、「イクメン」、「AKB48」、「女子会」、「脱小沢」、「食べるラー油」、「ととのいました」、「~なう。」、「無縁社会」。また、斎藤佑樹(早大野球部主将)の「何か持っていると言われ続けてきました。今日何を持っているのか確信しました・・・それは仲間です」が特別賞に選ばれた。

■ユーキャン新語・流行語大賞2010
・年間大賞&トップテン
「ゲゲゲの~」
・トップテン
「いい質問ですねえ!」
「イクメン」
「AKB48」
「女子会」
「脱小沢」
「食べるラー油」
「ととのいました」
「~なう」
「無縁社会」
・特別賞
「何か持っていると言われ続けてきました。今日何を持っているのか確信しました・・・それは仲間です」
《関口賢@RBBTODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)