リセマム6周年

【センター試験】平均高め…平成23年度受験者数・平均点を公表

教育・受験 受験

平成23年度センター試験志願者数および受験者数等
  • 平成23年度センター試験志願者数および受験者数等
  • 平成23年度センター試験(本試験)平均点等一覧
 大学入試センターはホームページにて2月3日、平成23年度センター試験の志願者数および受験者数と、センター試験(本試験)平均点等の一覧を公開した。

 資料によると、今年の志願者数は558,984人で前年度より5,616人、1.0%の増加となっている。実際の受験者数は、527,793人で受験率は94.42%となり、前年度より0.34%高くなっている。

 受験教科選択率については、国語が95.8%、外国語(筆記)が98.7%、数学Iが73.2%など。国語の平均点は200点満点で111.29点(100点満点換算で55.64点)、英語は122.78点(100点満点換算で61.39点)、数学I・Aは65.95点、数学II・Bで52.46点などとなっている(いずれも100点満点)。

 各教科の平均点を前年度と比較してみると、国語で3.67点、英語で4.64点、数学I・Aで16.99点それぞれ高くなっているが、数学II・Bでは4.66点低くなっている。

 なお、大学入試センターでは、今回の試験において得点調整は行わないと1月21日に発表している。
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)