リセマム6周年

【高校受験】新潟県、公立高校の志願者数を発表…全日制平均1.11倍

教育・受験 受験

平成23年度新潟県公立高等学校一般選抜志願者数一覧
  • 平成23年度新潟県公立高等学校一般選抜志願者数一覧
  • 平成23年度新潟県公立高等学校一般選抜志願者数一覧
 新潟県は2月22日、平成23年度公立高等学校入学者選抜(一般選抜)の志願者数について公開した。

 同県の公立高校の入学者選抜(一般選抜)は2月18日〜22日の間に出願の受け付けが行われており、すでに締め切られている。

 公開された資料によると、県内の公立高校の一般募集人員13,595人に対する志願者数は15,022人で、倍率は1.10倍。全日制に限った場合は1.11倍(募集12,760人、志願14,270人)となっている。

 学科別では、普通科が1.12倍(募集8,215人、志願9,262人)、農業が1.38倍(募集574人、志願797人)、工業が1.01倍(募集1,224人、志願1,244人)、商業が1.12倍(募集748人、志願841人)、家庭が1.35倍(募集107人、志願145人)などとなっている。

 普通科のうち倍率が高いのは、市立万代の2.16倍(募集140人、志願303人)、新潟南・理数コース1.86倍(募集22人、志願41人)、新潟西の1.78倍(募集150人、志願267人)など。

 専門学科では、新潟商業・総合ビジネス2.16倍(募集85人、志願184人)、長岡農業・食品科学が2.05倍(募集20人、志願41人)、新津工業・工業マイスター1.79倍(募集29人、志願52人)などが高倍率となっている。

 なお、志願者が一般選抜の募集人数を上回る学科・コース等については志願先の変更をすることができ、2月25日〜3月2日までの志願変更期間を経て、3月9日に学力検査を行い、11日に合格発表の予定となっている。
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)