リセマム6周年

首都圏の塾にも地震による影響、子どもの安全を第一に考えて対応

教育・受験 学校・塾・予備校

日能研 重要なお知らせ
  • 日能研 重要なお知らせ
  • SAPIX小学部 お知らせ
  • 栄光ゼミナール 塾生、保護者の皆さまへ
  • 四谷大塚
 首都圏の各塾では、今回の地震の発生を受け、それぞれの対応と今後の予定の連絡などについてホームページで情報を掲載している。 

 SAPIXでは、首都圏の教室において小学部・中学部とも3月18日までに実施予定だった授業はすべて休講とする。休講となった授業の振り替えや補習など代替案を検討しており、3月18日11時にホームページ上で告知するという。なお、入試分析会はすべて中止となっている。休講時間が長くなるため、授業再開までの期間における各教科の学習の進め方のアドバイスをマイページ上に掲載しているという。

 栄光ゼミナールでは、塾生や保護者および教職員の安全を第一に考え、首都圏のすべての教室の3学期授業を終了とするという。春期講習以降の指導については現在検討中だが、今後の余震、計画停電の実施状況等から、塾生の通塾の安全を最優先に判断するとして、決定次第、教室より各家庭に連絡をするという。なお、指導未了となった授業については、4月以降の振り替え指導を予定している。

 日能研では、3月16日は首都圏の教室の学びの場(授業)を通常通り実施するとしている。ただし、地域によっては地震による交通機関や停電の影響、余震の懸念も考えられるため、通塾については子どもの安全を最優先に対応するようにとしている。今後の対応は、状況の変化に応じてホームページで確認のこととしている。

 四谷大塚は本日3月16日の授業について、南浦和校を除き他19校は通常通り実施する。ただし、地域によっては交通機関等に地震の影響が懸念されるため、通塾については子どもの安全を第一に考えて対応するようにとしている。通塾生には「予習ナビ」で自宅のパソコンから授業をできるようにしている。また、「新5・6年生(公開)組分けテスト」は、中止するとしている。なお、会員の「週テスト」は予定通り実施するが、YTnet提携塾における実施については通っている塾に問い合わせのこととなっている。
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)