リセマム6周年

学研、被災地の子どもに向け「遊び」を紹介する電子BOOKを無償配布

デジタル生活 その他

保育おたすけハンドブック いつでもどこでも編
  • 保育おたすけハンドブック いつでもどこでも編
  • 保育おたすけハンドブック いつでもどこでも編
 学研ホールディングスは3月25日、避難生活が続く子どもたちのため電子書籍「保育おたすけハンドブック いつでもどこでも編」を無料配布すると発表した。

 同書は学習研究社発行の保育者向け書籍「保育おたすけハンドブック」より、特別な道具を使わずに楽しめる遊びを紹介した部分を抜粋したもの。同社が運営するiPhone&iPad向け電子書店アプリ「学研電子ストア」内で無料公開するほか、PDF版を同社のホームページからダウンロードできるようにしている。

 同書は「わらべうた」や「じゃんけんあそび」「おにごっご」など、手や体を動かしたり、ふれあったりしなががら道具がなくてもできる遊び18点をイラスト入りで解説したもの。保育の経験がなくてもすぐに子ども達と楽しむことができるもので、ボランティア活動にも役立ててほしいとしている。

 同社では、長引く避難所生活の中で疲れてしまった子どもたちの心が「遊び」を通じて少しでも癒されること望んでいるという。

 なお、「保育おたすけハンドブック いつでもどこでも編」をiPhone&iPadでの閲覧する場合は、あらかじめ学研グループが発行している書籍などを閲覧するためのアプリ「学研電子ストア」(無料)をインストールする必要がある。
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)