リセマム6周年

文科省の震災「子どもの学び支援」サイトは機能しているのか?

教育・受験 学校・塾・予備校

東日本大震災 子どもの学び支援ポータルサイト
  • 東日本大震災 子どもの学び支援ポータルサイト
  • 支援の実現状況一覧
 文部科学省が4月1日に開設した「東日本大震災 子どもの学び支援ポータルサイト」では、被災児童・生徒などへの支援が円滑に行われることを目的に、被災地・被災者からの支援の要請と、被災地・被災者への支援の提案のマッチングが行える仕組みを提供している。

 開設直後から、「支援の提案」は多く寄せられていたものの、「要請の登録」は多いとはいえない状況であった。それでも被災地の学校・教育委員会などで徐々に整理が行われてきたためか、現在は、双方で活用されてきている。

 同サイトでは「支援の実現状況」も紹介されており、それによると文房具、机、椅子、スポーツ用品、ランドセル等の支援が実現している。「支援の要請情報データベース」には現在、宮城県、福島県、岩手県の幼稚園、小学校、中学校、高等学校、図書館、教育委員会、養護学校などからの要請が登録されている。

 宮城県の公立高等学校や県立中学校の多くが、本日4月21日に始業式を迎えた。今後も円滑な支援を実現し、子どもたちが一日も早く平常の学校生活に戻れるためにも、さらなるサイト活用に期待したい。
《田村麻里子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)