リセマム6周年

プラレールショップ直営店、東京キャラクターストリート内にOPEN5/20

趣味・娯楽 その他

プラレールショップ東京店
  • プラレールショップ東京店
  • プラレールショップ東京店/トミカショップ東京店
  • E233系京葉線
  • 925形ドクターイエロー
 タカラトミーは「プラレール」の第1号店となる直営専門店「プラレールショップ東京店」を5月20日、東京駅一番街東京キャラクターストリート内にオープンする。

 「プラレール」は、レールの上でモーターを積んだ車両が走る玩具として、1959年、日本のおもちゃ産業が、金属玩具から新素材のプラスチック製玩具へ大きな転換期を迎えた時代に誕生した。青いレールを自由につないで線路をレイアウトし、3両編成の列車を走らせるのが基本の遊び方。発売当時から現在までレールの規格は統一されている。同社によれば現在までに累計で約900種類以上、約1億3,600万個を販売しているという。

 プラレールショップ東京店のオープンにともない、2005年より営業中のミニカー玩具「トミカ」の直営専門店「トミカショップ」も同店の隣に移転し、電車と車をトータルで楽しむことができるようになるという。

 プラレールショップは、おもちゃ以外にも生活雑貨やお菓子・子ども服など、プラレールに関する商品を幅広く揃えた専門店として展開する。扱うアイテム数はライセンス商品を含め500点以上の品揃えで、「楽しさ」や「機能」「生活シーン」を感じてもらえる店舗を目指すとしている。

 5月20日の2店舗同時オープンに際し、プラレールの車両2種類とトミカの車両1種類をオープン記念商品として販売する予定。店内では、有料イベントコーナー「プラレールランド」を設け、さまざまなミニイベントを実施する。オープンから1ヶ月間は好きな車両を3つ選んで1編成を作る「ボクだけのプラレール」、7月はプラレールの車両を制限時間内に釣り上げて遊ぶ「プラレールつり」を実施する。

 ジオラマコーナーでは、旬な商品を使用したレイアウトを展示し、レールをつないで広がるプラレールの世界が楽しめる。また、店内の商品棚などにも車両が走行するスペースを設け、音や動きで変化のある売場を演出するという。さらに、商品だけでなく、実車の情報やストーリーなどの情報発信基地としての役割も果たすとしている。

◆プラレールショップ東京店
オープン:5月20日(金)
場所:東京駅一番街 東京キャラクターストリート
営業時間:10:00〜20:30(年中無休、元旦のみ休業)
【プラレールショップオープン記念商品】
 オリジナルプラレール3両単品
 価格:各2,310円
 車種:E233系京葉線/925形ドクターイエロー
【トミカショップ移転オープン記念商品】
 ショップオリジナルトミカ 三菱ふそう エアロスター エコ ハイブリッド
 価格:525円
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)