リセマム6周年

九大、H24年度に予定していた理学部数学科「女性枠」を取り止め

教育・受験 学校・塾・予備校

理学部数学科の入学者選抜ごとの募集人員(変更前)
  • 理学部数学科の入学者選抜ごとの募集人員(変更前)
  • 理学部数学科の入学者選抜ごとの募集人員(変更後)
  • 実施教科・科目および配点(変更なし)
 九州大学は5月19日、理学部数学科における平成24年度一般入試(後期日程)の変更について発表した。

 同大学では平成22年3月に、理学部数学科においては、優秀な女子学生の獲得に向けた取組として平成24年度入試から、一般入試の後期日程における募集人員の一部(5人)を女性枠に設定した入試を実施することについて公表していた。同学科の女性枠入試の導入は、数学分野で女子学生の志願者の増加を図り、社会における女性研究者の比率の増加に繋がることが男女共同参画社会形成のための措置であると考えていたためとしている。

 ところが女性枠の導入公表後、「女性枠入試は法の下の平等の観点から問題があるのではないか」との意見があり、女性枠入試を実施した場合の社会的影響や入学した学生の精神的負担等を総合的に判断した結果、理学部数学科における一般入試後期日程の「女性枠(5人)」を取り止めることとしたという。なお、変更後の平成24年度入試「一般枠B」における実施教科・科目等は、以前に公表していた「女性枠」と同様の内容となっている。

 同大学では、理学部数学科の女性枠を目指していた高校生等や高校等の関係者には、多大なご迷惑をかけたことを、深くお詫びするとしている。また今後とも、男女共同参画の推進や女性研究者増加の推進などに努めるとともに、理学部数学科においては女性の志願者増を図るべく、引き続き努力を行っていくとしている。
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)