リセマム6周年

サピックス小学部、「さぴあ作文コンクール」作品募集

教育・受験 その他

さぴあ作文コンクール
  • さぴあ作文コンクール
  • さぴあ作文コンクール
 サピックス小学部は5月28日、小学生を対象とした作文コンクール「さぴあ作文コンクール」の開催について発表した。

 同コンクールは、「感じてほしい、考えてほしい」をテーマに、小学生が読書を通じて見識を広げ、感じたことや考えたことを自分のことばで表現する楽しさを味わってもらうことを目的に、毎年開催しているもの。これまでも、戦争と平和、命、生きることなど、さまざまなテーマの本を課題図書として取り上げてきており、応募作品には子どもならではの新鮮な感性や考えが見られるという。

 15回目となる今回のコンクールの課題図書は、低学年向けが「はじめてのゆうき」(小峰書店刊)。やさしくて気の弱い主人公が初めて勇気を出す物語で、子どもらしいピュアな心の葛藤を描かれているという。

 高学年向けの課題図書は、「氷の海を追ってきたクロ」(学研教育出版刊)。敗戦後、捕虜としてシベリアで強制労働に就いていた日本人が帰国する際に、「船を追って岸壁から氷の海に飛び込んだ黒い犬」のエピソードを作者が取材し書き上げたノンフィクションだという。

 これらの課題図書を読んで「感じたこと、考えたこと」を、800字程度の作文にまとめて応募する。作品の提出締切は9月10日。受賞者については11月に表彰式が行われるほか、応募者全員に参加賞も用意されているという。

◆さぴあ作文コンクール
参加資格:小学1〜6年生(サピックス生・プリバート生・ピグマキッズくらぶの会員ならびに一般の小学生対象)
提出と締切:9月10日(土)までに、各校舎の受付に提出、または郵送にて
 [郵送先]
  〒151-8559 東京都渋谷区代々木1-29-1 代々木ゼミナール本部ビル内
  サピックス小学部「サピア作文コンクール」係
結果発表:「さぴあ」11月号(予定)誌上
表彰式:11月13日(日)予定
※応募受付用紙はホームページよりダウンロード可能
《田崎 恭子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)