リセマム6周年

自治体サイトの使いやすさ、千葉・栃木・山梨が上位

デジタル生活 行政

Webユーザビリティランキング2011<自治体サイト編> Webユーザビリティランキング2011<自治体サイト編>
  • Webユーザビリティランキング2011<自治体サイト編> Webユーザビリティランキング2011<自治体サイト編>
  • 「千葉県」サイト 「千葉県」サイト
  • 「栃木県」サイト 「栃木県」サイト
  • 「山梨県」サイト 「山梨県」サイト
 トライベック・ストラテジーは6日、全都道府県47サイトのユーザビリティ(使い勝手や安全性など)を評価した「Webユーザビリティランキング2011<自治体サイト編>」の結果を公表した。

 高速インターネット回線の普及や、スマートフォンの普及を初めとするデバイス環境の変化により、地方自治体でも、ウェブサイトを活用した情報配信、各種申請受付への対応が進んでいる。今回の調査は2011年1月から2月末にかけて、全都道府県47サイト(メインサイトを中心に同一ドメイン内のサイト)を対象に診断を実施したとのこと。トライベック・ストラテジーのユーザビリティ診断プログラムを用いて、「アクセス性」、「サイト全体の明快性」、「ナビゲーションの使いやすさ」、「コンテンツの適切性」、「ヘルプ・安全性」の5評価軸、全96項目について評価したとのこと。その結果、使い勝手の良さで上位となったのは1位「千葉県」、2位「栃木県」、3位「山梨県」だった。

 1位の千葉県は、2010年7月29日より順次サイトリニューアルを実施しており、レイアウトやデザインが全ページ統一された。また利用者のWebサイト内の回遊を補助するナビゲーションを設置したことにより、高評価を得た。2位の栃木県も、2011年2月1日にリニューアルしており、高水準のユーザビリティ基準を達成したが、千葉県に僅差で第2位になった。ちなみに、自治体サイト全体に見られた傾向として、全体的にユーザビリティが低く、至るところで利用者の利便性に対する配慮が欠けているところが散見されたとのこと。

自治体サイト、使いやすさ1位は「千葉」……トライベック調べ

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)