教育ICT用語

全国の子どもたちへ元気を届ける「宇宙子どもワークショップ2011」

教育・受験 その他

宇宙子どもワークショップ2011
  • 宇宙子どもワークショップ2011
  • 日本水ロケットコンテスト2011
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)らが組織する「宇宙子どもワークショップ2011」実行委員会は、6月10日に公式サイトをオープンし、ワークショッププログラムをスタートした。

 「宇宙子どもワークショップ2011」は、JAXA、日本宇宙少年団(YAC)本部、特定非営利法人子ども・宇宙・未来の会(KU-MA)、ディスカバリー・ジャパンが中心となり、「日本の子どもに笑顔を届ける」活動を行うプロジェクト。宇宙や航空をテーマにしたワークショップを通じ、科学の楽しさや不思議さに触れ、好奇心、モノづくり(匠の心)、科学的思考、チームワークなどを育んでいくことを目的としているという。

 また、「東日本大震災後の日本の子どもを元気にする」ことを目的に掲げ、これからの日本の復興と世界をリードするような次世代を担う青少年育成へ貢献していくとしている。

 東日本各地で宇宙をテーマにした体験プログラム「宇宙子どもワークショップキャラバン」のほか、全国各地で予選が行われる「水ロケットコンテスト2011」や「宇宙子どもワークショップ全国大会」の開催が決定しており、すでに第一弾の活動として、宮城県仙台市と青森県三沢市で活動をスタートさせている。

 今後も、各地で行われる水ロケットコンテストの予選会や、さまざまな体験ブログラム、講演会などを開催予定。プログラム内容については決定次第、公式サイトにて、随時告知をしていくという。
《前田 有香》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)