リセマム6周年

富士通が電子書籍サービス開始…30万点超、章単位で購入可

デジタル生活 その他

「BooksV」トップ画面イメージ  「BooksV」トップ画面イメージ
  • 「BooksV」トップ画面イメージ  「BooksV」トップ画面イメージ
  • 「BooksVオープニングキャンペーン」で無料利用できる書籍(一部) 「BooksVオープニングキャンペーン」で無料利用できる書籍(一部)
 富士通は22日、電子書籍サービス「BooksV(ブックスブイ)」をオープンした。PC、スマートフォン、タブレット端末などさまざまな機器に対応し、自宅のPCで購入したコンテンツを外出時にスマートフォンで閲覧するといった利用も可能。

 大日本印刷の関連会社であるモバイルブック・ジェーピーとのパートナーシップをはじめ、富士通グループのジー・サーチ、富士通エフ・オー・エムのFOM出版からコンテンツ提供を受け、文芸、生活、HowToなど、30万点を超えるコンテンツを揃えた。週刊ダイヤモンドや週刊東洋経済、日経ビジネスといったビジネス系雑誌や市場レポート、調査報告書などを、欲しい記事・章単位で購入可能。

 対応機器は、Windows 7/Vista/XPなどを搭載したPC、Android搭載のスマートフォンやタブレット型端末(Androidへの対応は2011年度上期中を予定)。また、個人向けパソコン「FMVシリーズ」の2011年夏モデル全機種にBooksVトップページをリンクしたデスクトップアイコン(はじめよう電子書籍)が設置されているとのこと。

 利用にはID登録が必要。富士通のPCユーザーの会員組織「AzbyClub(アズビィクラブ)」が発行する「AzbyClubユーザー名」もしくは、ニフティが発行する「@nifty ID」「@niftyユーザー名」を持っていれば、すぐ利用することもできる。購入代金の支払いには、@nifty決済を利用する。

 サービスのオープンを記念して、富士通エフ・オー・エムのFOM出版が提供する、PC操作解説や資格試験対策などの書籍20点を、本日より7月10日まで無料で提供する「BooksVオープニングキャンペーン」も実施中。

富士通、電子書籍サービス「BooksV(ブックスブイ)」オープン

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】[PR]

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)