リセマム6周年

オーストラリアで学ぶ教育関係者向けインターンシップ

教育・受験 その他

オーストラリア・メルボルンにて 教育関係者向けインターンシップ開始
  • オーストラリア・メルボルンにて 教育関係者向けインターンシップ開始
  • 募集概要
 留学支援事業を行うテンプ総合研究所(ICC国際交流委員会)は6月22日、教育関係業務に関心のある18歳以上の人を対象としたインターンシップの実施について発表した。

 同インターンシップは、オーストラリア・メルボルンの高校・小学校において、英語教員として必要な授業進行や意識を学ぶというもの。OECDの2007年の調査によると、オーストラリアは世界一の学位取得率を誇る教育大国であるという。

 同国では、多民族国家を背景に、多様な言語を貴重な資源と考え、小学校から第2外国語を学ぶ「LOTE教育(Language Other Than English)」が行われおり、教育現場では個人の進度や理解を尊重し、生徒同士が協力し助け合いながら勉強するシステムが成り立ってのだいるという。机を並べ、教員の話を聞く日本的なスタイルではなく、グループワークやフィールドワークを通じて自主的に考えながら学ぶこのスタイルを体感することは、学術面や専門性はもちろん、生徒個人の自己開発という点でも大切なスキルを身につけることができるとしている。

 同社によると、1995年に日本の民間会社としてはじめてビクトリア州教育省と学生募集の包括契約を結び、同州の中学・高校・大学に1,000名を超える日本人学生を紹介した実績などの協力関係により、今回のプログラムが実現したという。

 研修予定校は、ロービル高校・ワンターナ高校・フォレストヒル高校・フェアヒルズ高校、ハンティングデール小学校などが予定されており、募集人数は10〜15名程度となっている。

◆ICC国際交流委員会 教育関係者向けインターシップ
対象:教育関係業務に関心のある18歳以上の人(学生・社会人問わない)
研修地:オーストラリア・メルボルン
研修期間:8月22日(月)~9月19日(月)の約4週間
募集人数:10~15名
申込締切日:1次締切 7月1日(金)/2次締切 7月15日(金)
費用:394,000円(インターンシップ手配・渡航手続き・オリエンテーション・ホームステイ・現地サポート・空港送迎含む)
研修予定校:ロービル高校、ワンターナ高校、フォレストヒル高校、フェアヒルズ高校、ハンティングデール小学校
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)