リセマム6周年

全国各地でイベント「第53回教育・文化週間」11/1より

教育・受験 その他

第53回教育・文化週間
  • 第53回教育・文化週間
  • 教育・文化週間
 文部科学省は「教育・文化週間」の全国各地の行事一覧についてホームページで公表している。

 教育・文化週間は、11月3日の「文化の日」を中心に11月1日から7日の1週間、教育・文化に関する行事を全国的に開催することにより、教育・文化に親しんでもらうために、昭和34年より毎年実施している。期間中には全国各地で、さまざまな体験活動や公開講座、美術館・博物館の無料開放などのイベントが開催される。文科省のホームページでは全国各地で開催予定の「教育・文化週間」の関連行事を、都道府県ごとに一覧表としてまとめたPDFを公開している。

 たとえば東京都では、大学をはじめとする各学校の公開講座や文化行事、美術館・音楽ホールでの催し物など約450件が関連行事として紹介されている。また、教育・文化に関する功労者等の表彰も行われる。

 京都では、国内最大の文化・芸術の祭典として、第66回文化庁芸術祭を実施するほか、「第26回国民文化祭・京都2011」を開催する。10月29日〜11月6日に全国各地からさまざまな文化活動に親しんでいる個人や団体が集まり、音楽・舞踊から地域独自の伝統文化や生活文化まで京都府内の全市町村で約70のイベントを開催する。

 また、教育・文化週間の一環として、文化財保護強調週間(毎年11月1日~7日)も実施される。この期間中には、文化財に親しむことを目的として、文化財所有者並びに都道府県及び市町村の教育委員会の協力のもと、歴史的建造物や美術工芸品の公開、史跡めぐり、伝統芸能発表会などのさまざまな行事が開催される。
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)