リセマム6周年

おうし座流星群の極大、南群が11/4-6・北群が11/13ごろ

趣味・娯楽 その他

国立天文台
  • 国立天文台
  • AstroArts
 11月上旬、おうし座流星群が活動中だ。国立天文台のWebサイトによると、おうし座流星群は、11月上旬を中心に、10月末から11月中旬くらいまで流れる。火球と呼ばれる明るい流星が多く、偶然目にすることも多いという。また、放射点が南と北に分かれていて、それぞれ南群、北群と呼ばれ、極大は、南群の方が早く、約一週間遅れて北群となる。ゆるやかな極大なので、11月前半を通して、この流星群を目にするチャンスがあるという。

 他の流星群のようにはっきりとした極大日時はないが、南群は11月6日(AstroArtsでは4日)、北群は11月13日前後が極大のころとしている。なお、2012年や2015年頃に火球が増えると予想されている。
《編集部》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)