リセマム6周年

しし座流星群、見頃の11/17の条件は?

教育・受験 その他

ウェザーニュース しし座流星群
  • ウェザーニュース しし座流星群
 しし座流星群が11月17日(木)深夜から18日(金)早朝に見頃を迎える。ピークが18日の日中のため、17日深夜からが観測のチャンスとなる。

 「ウェザーニュース」では、17日の20時〜25時の全国7か所から流星の模様を「SOL!VE24」でライブ中継する。「SOL!VE24」は、無料のソラマドアプリをダウンロードすることで、無料で視聴できる。

 ウェザーニュースによると、17日夜は全国的に流星観測に期待ができるという。特に北日本の太平洋側や、関東から中国四国の条件がよいと予報されている。また、北日本の日本海側や九州でも「チャンスあり」とされており、広いエリアで夜空の流星を肉眼で楽しめそうだ。しし座は深夜12時ごろに東の空からのぼりはじめ、夜明け前に頭上高くのぼる。

 しし座流星群は10年前の2001年に大出現して話題となった。最近では出現数が落ちているが、火球のような大物に出会えるチャンスがあるという。また、母彗星のテンペル・タットル彗星は約33年周期で地球に接近し、次の接近は2031年と予想されている。
《編集部》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)