リセマム6周年

神奈川県、H23公立中学校卒業予定者の進学希望率は96.1%

教育・受験 その他

公立中学校卒業予定者の進路希望状況(総括表)
  • 公立中学校卒業予定者の進路希望状況(総括表)
  • 卒業予定者及び高等学校等進学希望者数並びに進学希望率及び就職希望率の推移
  • 高等学校(本科)課程別進学希望状況
  • 高等学校(本科)課程別進学希望状況の推移
  • 旧学区を越えて高等学校(全日制・普通科)への進学を希望する生徒の割合の推移
  • 県内公立・県内私立・県外国公立・県外私立別高等学校(全日制)進学希望状況の推移
 神奈川県は11月29日、「平成23年度 公立中学校卒業予定者の進路希望調査」の結果をとりまとめてホームページに公開した。

 同調査は、神奈川県内の公立中学校414校(分校2校を含む)の中学3年生67,854人が対象。高等学校本科および別科、中等教育学校後期課程、高等専門学校、専修学校、就職などの進路希望者数を調査している。調査期日は10月20日。

 平成24年3月に県内の公立中学校を卒業する予定者総数67,854人のうち、10月20日時点での高等学校等進学希望者数は65,175人、全体に占める割合は96.1%で前年度より0.2ポイント上昇している。

 高等学校(定時制、通信制)への進学希望率はそれぞれ低下しており、高等学校(全日制)への進学希望者が増加している傾向が伺えるとしている。

 また、旧学区を越えて、高等学校(全日制・普通科)への進学を希望する生徒の割合は43.7%(前年度比1.7ポイント上昇)となり、学区が撤廃された平成17年度入学生を対象とした平成16年度調査以来、7年連続して上昇している。
《前田 有香》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)