リセマム6周年

幼稚園からバイリンガル教育…台湾の教育現場に学ぶ

教育・受験 その他

台湾の教育現場から学ぶ 台湾政府の協力による英語研修
 台湾では現在、ほとんどの市立の幼稚園ではバイリンガル教育を行っており、台湾の小学校では英語は必須科目となっている。

 台湾の教育省では英語を今後の重要な教科と位置づけ、試験や棒暗記といった教え方ではなく、より効果的な指導をすべきと主張している。

 台湾政府は今後さらにネイティブスピーカーとのコミュニケーション出来る機会を増やすべきだとして、英語の授業は台湾人が文法を、ネイティブが会話を教えるようにと提案している。

 今回の研修、視察については台北駐日経済文化代表處文化部の林 默章氏の手配で、現地での視察研修を行う予定だという。

【実施要項】
旅行期間:2012年3月26日(月)〜3月29日(木)4日間
費用:138,000円
協賛:全国英語教育研究団体連合会、教育家庭新聞社
協力:台北駐日経済文化代表文化部
企画:海外文化センター
旅行実施:ベストワールド株式会社
《キンジロー》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)