ReseMom Editors' Choice 2015

【大学受験2013】代ゼミ、2012年度医学部入試の合格最低点など公表

教育・受験 受験

2012年度医学部合格者の成績(国公立)
  • 2012年度医学部合格者の成績(国公立)
  • 2012年度医学部合格者の成績(私立)
 代々木ゼミナールは12月27日、2012年度の医学部合格者の成績を公表した。国公立大学は東京大学や東京医科歯科大学など50校、私立大学は慶應義塾大学や関西医科大学など21校について合格最低点や平均点などが掲載されている。

 合格者の成績一覧では、国公立大学の医学部入試における「満点」「最高点」「平均点」「最低点」などについて判明分を掲載。私立大学は、「配点」「最低点」「(合格最低点に対する)得点率」を掲載している。

 東京大学(理三)は、第1次選抜が900点満点で、合格者の最高点が889点(得点率98.7%)、最低点が706点(同78.4%)、平均点が812.92点(同90.3%)。

 東京医科歯科大学は、センター試験と2次試験の合計が540点満点で、合格者の最高点が433点、平均点が390.33点(得点率72.3%)、最低点が368.4点(同68.2%)。

 慶應義塾大学(一般)は、配点が500点で、合格者の最低点が271点(得点率54.2%)となった。
《工藤めぐみ》
  • 2012年度医学部合格者の成績(国公立)
  • 2012年度医学部合格者の成績(私立)

編集部おすすめの記事

特集

page top