1. トップ>
  2. 教育・受験>
  3. 受験
【高校受験2013】都立高校の志望予定調査…倍率最高は国際高校2.54倍

【高校受験2013】都立高校の志望予定調査…倍率最高は国際高校2.54倍

2013年1月9日(水) 10時57分
公立中学校卒業予定者全体の志望状況の画像

公立中学校卒業予定者全体の志望状況

志望倍率の高い学校の画像

志望倍率の高い学校

志望倍率の低い学校の画像

志望倍率の低い学校

 東京都教育委員会は1月8日、2013年度都立高校全日制等志望予定(第1志望)調査の結果を発表した。志望倍率がもっとも高い学校は、国際高校・国際(一般)学科で2.54倍となった。

 2013年3月の中学校卒業予定者数は75,842人。このうち都立全日制高校・高等専門 学校の志望予定者数は54,197人で、卒業予定者数の71.46%を占める。全日制の国立 ・私立・他県公立の志望予定者数は15,535人で20.48%を占める。そのほか、定時制が3.54%、通信制が0.07%、特別支援学校が1.3%、専修・各種学校が0.63%、就職希望者が0.37%となった。

 志望倍率の高い学校(普通科)は、男子が1位「戸山高校」2.37倍、2位「武蔵野北高校」2.3倍、3位「駒場高校」2.25倍、4位「小金井北高校」2.12倍、5位「日比谷高校」1.95倍。女子が1位「武蔵野北高校」「小金井北高校」2.3倍、3位「三田高校」2.29倍、4位「鷺宮高校」2.2倍、5位「広尾高校」2.17倍となった。

 志望率の高い学校(専門学科)は、「国際高校・国際(一般)」2.54倍、2位「工芸高校・デザイン」2.34倍、3位「総合芸術高校・舞台表現」2.28倍、4位「農業高校・食品科学」「墨田工業高校・自動車」2.2倍となった。

 一方、志望倍率の低い学校(普通科)は、男子が1位「八潮高校」0.62倍、2位「羽村高校」0.66倍、3位「板橋高校」0.68倍、4位「青井高校」0.72倍、5位「武蔵高校」0.77倍。女子が1位「大泉高校」0.59倍、2位「羽村高校」0.74倍、3位「紅葉川高校」0.77倍、4位「武蔵高校」0.82倍、5位「山崎高校」0.86倍となった。

 東京都教育委員会のホームページに掲載されている配布資料には、各学校の募集人員や志望予定者数、倍率が一覧表にまとめられている。
《工藤めぐみ》

編集部のおすすめニュース

東京都教委が2013年度から高校に指導教諭を導入

 東京都教育委員会は、専門性や指導力に優れた教員の力を活用し、教員全体の意欲や学習指導力の向上を目指すため、2013年度から都立高校に「指導教諭」を設置する。小中学校でも、2014年度からの導入を目指す。

【2012年末企画】今年の重大ニュース…<高校受験>篇

 長野県公立高校入試の数学の問題が難しすぎるとして長野県教職員組合が県教育委員会に抗議声明を発表し、ネットでも大きな話題となった。宮城や茨城は、推薦入試の廃止を決定した。

東京都「指導部要覧」公表…ICT活用推進校公募やいじめ対策など

 東京都教育委員会は11月28日、2012年度の指導部要覧を公表した。教育計画や安全教育、情報教育、生活指導など、都教委の事業について趣旨や内容が掲載されている。

東京都立高校の大学進学率、過去最高の51.1%

 都立高校の大学進学率は、過去最高の51.1%となったことが、東京都教育委員会が10月31日公表した「2012年度公立学校統計調査報告書」より明らかになった。

【高校受験2013】都内私立・都立高校の面接質問項目と作文課題…過去問公開

 新教育研究協会が運営する新教育School Guide Webは10月31日、都立高校および都内私立高校の「2012年度 面接質問項目および作文課題」の一覧資料を公開した。掲載情報は、同協会が各高校に対して行ったアンケー…

関連トピックス

RSS

PR

特集・連載

注目トピックス