教育ICT用語

【高校受験2013】秋田県公立高校入試の問題および正答公開

教育・受験 受験

学科得別志願状況
  • 学科得別志願状況
  • 高志望倍率の学校(全日制)
  • 正答、英語(一部)
  • 正答、国語(一部)
  • 正答、数学(一部)
  • 正答、理科(一部)
  • 正答、社会(一部)
 秋田県の公立高校入試では、3月5日の8:50より一般選抜が実施され、15:15に最終科目の社会を終えた。全日制の倍率は1.03倍となっており、前年度の1.08倍よりやや低下した。

 学校別に最終志願倍率を見ると、金足農業の1.66倍がもっとも高く、前年度の1.16倍を大きく上回った。そのほか、秋田工業(1.52倍)、新星(1.37倍)、秋田商業(1.36倍)などの倍率が高かったようだ。

 なお、5日に実施された入試の問題、解答、採点基準などは秋田県のホームページに掲載されており、解答用紙とともに確認することができる。なお、学力検査後、志願先高校にて面接が実施され、合格発表は3月12日に各学校にて行われる。その後、合格者の数が募集定員に満たない学科において2次募集を行うという。
《湯浅大資》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック