教育ICT用語

【中学受験2014】SAPIX小学部 上位校偏差値<2014年入試>

教育・受験 受験

中学受験(イメージ写真)
  • 中学受験(イメージ写真)
  • SAPIX小学部 2014年度 男子 予想偏差値
  • SAPIX小学部 2014年度 女子 予想偏差値
 震災や不況の影響などで中学受験者数が減少傾向にあるといわれてきたが、2013年度入試では、開成、灘ともにここ数年で最高の出願者数を記録し、難関校人気は健在のようだ。また午後入試を導入する学校も増え、受験機会の増加により出願数は増加傾向にある。

 難関私立中学に高い合格実績を誇るSAPIX(サピックス)小学部は、来年の入試に向けた2014年中学入試 予想偏差値(合格率80%)を集計した。

 リセマムでは、サピックス小学部(日本入試センター)より情報提供を受け、男子女子別に、学校名・入試日・偏差値を、偏差値順にまとめた。

 2011年11月掲載の「2012年度版」、2012年3月掲載の「2013年度版」をあわせてみていくと、男子校では筑波大学附属駒場が72(2012年度)から71(2013年度)、70(2014年度)と変化しているものの、最上位をキープ。女子では、2012年度には渋幕、桜蔭、慶應湘南藤沢(SFC)、慶應中等部が62でトップに並んでいたが、2013年度には桜蔭と慶應中等部が63に上昇。2014年度では慶應中等部のみが63の最上位となっている。多少の上下はあるものの、最上位層の顔ぶれに大きな変化はない。

 サピックス小学部では塾生の学力が相対的に高いことから、他の塾や模擬試験に比べ、全体に偏差値が低めに出ている。また上位層が厚く、特に上位校の難易度が参考になるとの判断から、偏差値50以上の学校のみを掲載した。

 リセマムではこのほかにも、中学受験関連記事などを掲載しているので、あわせて参考にしていただきたい。

【PR】リセマム姉妹サイト塾探し.comで【中学受験塾】資料請求

《田村麻里子》

編集部おすすめの記事

特集

page top