教育ICT用語

学研、「楽天いどうとしょかん」に子ども向けデジタルコンテンツを無償提供

教育・受験 学習

10分で読める伝記
  • 10分で読める伝記
  • 飛べないピンク・ドラゴン
  • 楽天いどうとしょかん
 学研ホールディングスと学研教育出版は、楽天が福島県内を巡回させている「楽天いどうとしょかん」の貸出用電子ブックリーダー「kobo Touch」向けに、有料デジタルコンテンツの無償提供を開始すると発表。

 「楽天いどうとしょかん」は、2012年12月の開始から福島の多くの子どもたちが利用してきたという。特に図鑑や科学に関する本など、調べ学習関連の本の利用頻度が高いようだ。一方で、紙の本とともに貸出用に用意している電子ブックリーダー「kobo Touch」は、大人向けのコンテンツが中心だったため、利用者の多くが大人という状況にあったという。

 学研のコンテンツが新たに加わった電子ブックリーダーは、4月25日の運行より貸出開始となる。学研は、楽天の「楽天いどうとしょかん」に関する取り組みや、利用する子どもたちにより多くの読書機会を提供したいという趣旨に賛同し、有料デジタルコンテンツの無償提供を決定。「10分で読める伝記」シリーズや「トリシアは魔法のお医者さん!」シリーズの「飛べないピンク・ドラゴン」など、学研が提供するデジタルコンテンツの中で子どもたちに人気が高く、学習効果も期待できる7点のコンテンツを提供する。

 学研では、有料コンテンツの無償提供によって、子ども向けコンテンツの充実を図り、今後、より多くの子どもたちに貸出用電子ブックリーダーを利用してほしいとしている。
《水野こずえ》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)