教育ICT用語

北米航空宇宙防衛司令部、サンタ追跡サイトオープン

趣味・娯楽 その他

サンタクロース追跡サイト
  • サンタクロース追跡サイト
  • そりに関する技術データ
  • サンタクロースの村
  • NORAD HQ
 毎年恒例となっている北アメリカ航空宇宙防衛司令部(NORAD)のサンタクロース追跡サイトがオープンした。12月24日に実施されるNORADサンタ追跡プログラムでは、サンタの位置を追跡できるほか、サンタの写真や動画を見ることができる。

 NORADのサンタ追跡は、1955年にNORADの前身である中央防衛航空軍基地(CONAD)が始めたのがきっかけ。コロラド・ スプリングスに拠点を置くシアーズ ・ローバック社が子ども向けに「サンタへの直通電話」を開設した際、誤ってCONADの司令長官の電話番号を広告に掲載。子ども達からの電話を受けた当時の司令官ハリー・シャウプ大佐が、サンタの現在地を順次伝えたことからこの伝統が生まれたという。インターネットが普及してからは、公式サイトでサンタ追跡の状況を伝えている。

 サンタ追跡サイトでは、サンタにまつわる話や音楽、動画、ゲームを楽しむことができる。NORAD HQには、サンタの秘密ファイルとしてサンタを追跡する理由や追跡方法、そりに関する技術データなどが詳細に記されている。

 毎年12月24日になると、サンタとトナカイ達は北極を朝早くに出発して西向きに移動する。しかし、サンタの飛行経路は天候に左右されるため、まったく予測がつかない。NORADはサンタの出発を助ける妖精スタッフと連絡を取り合って出発時刻を確認しているが、飛行経路は出発後にサンタが決定するため、いつどこからあなたの家に来るか予想することができないという。

 12月24日のクリスマスイブには、NORADのジェット戦闘機から撮ったサンタの写真や、宇宙空間に配置したNORADのサンタカメラで撮った世界中を飛び回るサンタの動画をサンタ追跡サイトで見ることができる。また電話や電子メールでNORADの人からサンタの位置を教えてもらうこともできる。

《工藤めぐみ》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック