教育ICT用語

IBM、今後5年間で人々の生活を変える5つのイノベーションを発表

教育・受験 その他

5つのイノベーション
  • 5つのイノベーション
  • 教育分野
  • 教育分野
  • IBM 5 in 5
 IBMは12月18日、今後5年間で人々の働き方、生活、関わり方を変える可能性を持った一連のイノベーションを発表した。今後5年間であらゆるものが学習する時代になるという。

 このイノベーションの発表「IBM 5 in 5」は、今年で8回目となる。今年は、「クラスルームが生徒について学ぶ」「地元での買い物がオンラインに勝る」「健康維持にDNAを活用する」「デジタルの番人がオンライン・ユーザーを保護する」「都市が市民の生活を支援する」の5つが予測された。

 教育分野について、Barro-Leeの調査によると、世界全体でほぼ3人に2人の成人が高校に相当する教育を受けていない。IBMは将来、幼稚園から高校、さらには就職まで、一人ひとりに合ったカリキュラムを提供できるようになると予測。今後5年間で、適性検査だけでなく、テストの点数、出席状況、eラーニング・プラットフォーム上での生徒のふるまいといった時系列データを用いて、各生徒について理解を深められるようになる。そして、つまづきを予測し、生徒が個々の学習スタイルで課題克服できるようになるという。

 IBMではすでに教育分野の研究を進めており、米国のグィネット郡公立学校で、生徒の学習傾向の類似性を見いだし、成績と学習上のニーズを予測することによって、具体的な内容と効果的な指導方法を調整し、同学区の17万人の生徒一人ひとりの成績を改善させようとしている。
《工藤めぐみ》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)