教育ICT用語

Google社員に聞く、子どものネット利用の注意点と対策

デジタル生活 インターネット

グーグルのプロダクト マネージャー、バウ・ケンジ氏
  • グーグルのプロダクト マネージャー、バウ・ケンジ氏
  • セーフサーチをオンにしてロックをすると、検索結果画面右上にはバルーンのイラストが表示される
  • YouTubeセーフモードは、各ページの最下部、フッターで設定が可能だ
  • 監視対象ユーザーを作成後のChrome
  • 管理者に許可されていないサイトを開こうとする表示される画面
  • 監視対象ユーザーの閲覧履歴の確認や設定をするダッシュボード
 子どもたちは、生まれたときから身の回りにパソコンや携帯電話があり、インターネットという言葉を知らないうちから、動画やインタラクティブなコンテンツを楽しんだり、何でも手軽に調べられることが、当たり前のこととして、インターネットに親しんできている。

 保護者は、お子さんが熱心に見ているパソコン画面に、見てほしくないような絵や写真が表示されていてドキッとした経験が、一度はあるのではないだろうか。そこにはさまざまな危険が潜んでいることを、知らない子どもは多い。そして私たち大人も、急速に変化を続けるインターネットの世界を、十分に理解しているとは言い難い。

 そこで、インターネットを知り尽くしたグーグル(Google)社員で、かつ小学生のお子さんをおもちのバウ・ケンジ氏に、子どものネット利用の注意点と対策を聞いた。親子で過ごす時間がたっぷりとある年末年始に、インターネット利用について今一度、考えるきっかけにしていただきたい。

◆子どもを守るためのツールとサービス

 Googleでは、インターネットの安全を守るために年間数億ドルを投資し、毎日増え続けるウェブサイトの安全性の調査や、安全に利用するための便利なツールやサービス、情報の提供など、さまざまな取組みを行っている。その詳細は、「オンラインでの安全性とセキュリティを確保する」というページで説明されているが、その中から、子どもを守るためのツールとサービスを紹介しよう。

・セーフサーチ
 アダルトコンテンツを含むサイトを選別してフィルタリングし、露骨な性描写を含む動画や画像、不適切なコンテンツにリンクされている可能性のある検索結果が表示されないようにする機能。設定を解除するには、パスワード入力を要求するようにセーフサーチロックも行える。ロックすると、検索結果ページの右上にカラフルなボールが表示され、少し離れたところからでも、セーフサーチがロックされているかどうかが確認できるようになっている。

・YouTubeのセーフモード
 セーフサーチとは別に、YouTubeにあるセーフモードは、成人向けコンテンツを含む動画や年齢制限のある動画が、動画検索、関連動画、再生リスト、番組、映画に表示されないようにする。YouTubeサイトの各ページのフッター部分で、簡単にオンにすることができる。こちらも、勝手に設定を解除されないようにロックしておくことが可能だ。

・監視対象ユーザー(ベータ)の作成
 さらに、子どものウェブ上の動作を監視・制限する強力なツールもある。Googleアカウントをもつユーザーが管理者となって、Google Chromeでの操作を監視するユーザーを作成し、閲覧履歴を確認したり、特定のサイトへのアクセスをブロックしたり、許可していないサイトへのアクセスのリクエストに対し、その都度、承認または拒否することなどができる。監視対象ユーザーごとの履歴確認や詳細な設定は、ダッシュボードという画面で行える。ユーザーを作成するだけで、セーフサーチは既定でオンになるのだが、すべてのサイトが表示可能になっているため、アクセスできるサイトをホワイトリスト方式で指定することが必要だ。少々手間がかかるが、きちんとリストアップして設定しておきたい。

 いずれも無料で利用できるので、気軽に試してみてはいかがだろうか。
《鈴木良子》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)