1. トップ>
  2. 教育・受験>
  3. 受験
【中学受験2014】川崎市立初の中高一貫校、川崎高校付属中学出願倍率7.33倍

【中学受験2014】川崎市立初の中高一貫校、川崎高校付属中学出願倍率7.33倍

2014年1月16日(木) 17時15分
2014年度川崎市立川崎高等学校附属中学校入学者の募集における志願者数集計結果の画像

2014年度川崎市立川崎高等学校附属中学校入学者の募集における志願者数集計結果

2014年度横浜市立南高等学校附属中学校入学者の募集における志願者数集計結果の画像

2014年度横浜市立南高等学校附属中学校入学者の募集における志願者数集計結果

 川崎市教育委員会は1月15日、川崎市立初となる中高一貫校の市立川崎高等学校付属中学校の志願者数を発表した。募集定員120人のところ志願者数は879人にのぼり、出願倍率は7.33倍となった。

 また、横浜市教育委員会も同日に市立南高等学校附属中学校の志願者も発表した。募集定員160人のところ志願者数1,338人。出願倍率は8.36倍となり、前年度の9.96倍から1.6ポイント下がった。男女別の内訳は男子632人、女子706人。

 今後の日程としては、川崎高等学校付属中学は2月3日(月)に検査を実施し、会場が市立川崎高等学校と市立橘高等学校の2校の予定だったが、市立橘高等学校のみとなる。また、南高等学校付属中学は同じく2月3日(月)に検査を実施し、会場は南高等学校附属中学校とパシフィコ横浜の2か所で実施となる。

 合格発表は2校とも2月10日(月)を予定している。
《田邊良恵》

編集部のおすすめニュース

【中学受験2014】神奈川県立中学の出願倍率…相模原7.9倍、平塚5.5倍

 神奈川県教育委員会は1月15日、県立中等教育学校の出願状況を発表した。県内に2校ある県立中高一貫校の平均出願倍率は6.69倍で、前年度の7.47倍と比べてやや低下した。

【中学受験2014】最難関志向の高まり、攻めの受験…2014年の関西入試

 センター試験と同じ1月18日には関西の私立中学校で入試が解禁され、中学入試もいよいよ本格化する。今年の関西中学入試について、難関中学に多くの合格者を送り出してきた、個別指導教室SS-1代表の小川大介氏に聞…

【中学受験2014】四谷大塚、1/14入試「浦和明の星女子」の早くも解答速報公開

 四谷大塚は1月14日、特設Webページ「2014年度入試 中学入試解答速報」にて、浦和明の星女子中学校の解答速報を公開した。同校の入試データによると、第1回試験は募集人数120人に対し、応募者数が1,768人で、応募…

【中学受験2014】出願速報、筑駒最終は前年7%減の755人…抽選なし

 四谷大塚は、中学受験の出願倍率速報と入試結果を公表した。1月10日の速報によると、筑波大附属駒場の最終出願者数は前年比59人減の755人で、出願倍率は6.3倍、抽選は実施しない。栄光学園の初日出願者数は前年同…

【中学受験2014】埼玉で中学入試スタート…開智や栄東など20校

 埼玉県内の中学校で1月10日、中学入試が開始され、首都圏の中学受験もいよいよ本番を迎えた。多くの学校が1月12日までに1回目の試験を実施する。

関連トピックス

RSS

PR

特集・連載

注目トピックス