リセマム6周年

阪急電車×立命館大、学生の映像作品を大型ビジョンで放映

教育・受験 その他

コンテストグランプリ作品
  • コンテストグランプリ作品
  • 立命館大学
 阪急電鉄と立命館大学映像学部は、初の産学連携企画として、同学部生を対象に行った「『ゆめ・まち・みらい』アート&コミュニケーションコンテスト」の優秀作品を、8月21日~9月6日の期間、阪急梅田駅の「梅田ツインビジョン」で放映する。

 この取組みは、多くの人が集まる梅田駅にある梅田ツインビジョンを活用し、学生に広く自分の作品を披露する機会を提供することで、今後の学びの動機づけを図ることを目指して行われた企画。次世代の育成に取り組む阪急電鉄の思いと、若き映像クリエイターの育成に向けて実践的な教育の場を増やしたい立命館大学映像学部の思いが一致し実現したという。

 コンテストでは、「ゆめ・まち・みらい」と「笑顔」をテーマに15秒もしくは30秒のオリジナル短編映像作品を募集、1・2年生も含めた参加者約100名、21本の作品応募があり、企画力や発想力を重視した学内選考を経て優秀作品7作が選定されたという。

 グランプリに選ばれたのは1年生の作品「ゆめをのせ、まちへ、みらいへ」。京都、大阪の街並みとそこに暮らすひとたちの夢を紙ヒコーキにのせ、それぞれの未来にむかって飛ばしていく、という作品だ。グランプリをはじめとした優秀作品7作は、8月21日より阪急梅田駅1階中央コンコースの大型デジタルサイネージ「梅田ツインビジョン(300インチ×2基)」で放映される。

◆『ゆめ・まち・みらい』アート&コミュニケーションコンテスト 優秀作品放映
期間:2015年8月21日(金)~9月6日(日)
時間:5:00~24:00
 ※通常のプログラムに加え、優秀作品を放映
場所:阪急梅田駅1階中央コンコース「梅田ツインビジョン」
《畑山望》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)