教育ICT用語

子どもの習い事2015ランキング、今習っている1位は?

教育・受験 未就学児

今、習っている習い事ランキング
  • 今、習っている習い事ランキング
  • 今後、習わせたい習い事ランキング
  • 子ども1人あたりの習い事数と金額
  • 習い事費用の負担感、捻出方法
 リクルートライフスタイルは9月25日、2015年子どもの習い事ランキングを発表。今、習っている習い事の1位は「水泳」、今後、習わせたい習い事の1位は「英語・英会話」であることがわかった。1か月あたりの習い事費用は平均1万3,661円。

 調査は、習い事をしている子どもを持つ全国の女性を対象に実施。2015年8月21日~24日の調査期間で、927人(未就学児の母、小学校低学年の母、小学校高学年の母:それぞれ309人)から回答を得た。

 今、習っている習い事ランキングは、1位「水泳」43.7%、2位「英語・英会話」27.4%、3位「ピアノ」20.9%。水泳と英語・英会話は2014年と変わらない順位だった。2014年3位の「学習塾・幼児教室」は5位に下がった。「水泳」はいずれの世代でも1位となっており、小学校低学年では53.7%となった。未就学児では「体操」が24.6%で3位になっている。

 今後、習わせたい習い事ランキングは、1位「英語・英会話」50.7%、2位「書道」36.1%、3位「水泳」35.1%。その後は、4位「そろばん」28.7%(昨年6位)、5位「学習塾・幼児教室」28.6%(2014年4位)が続いた。小学校高学年では、2014年に12位だった「テニス」が7位に上昇し、全体でも初のトップ10入り。人気選手の活躍が影響しているという。

 1か月あたりの習い事費用は平均1万3,661円で、2014年より1,786円減少した。一方、1人あたりの習い事平均数は1.95個(昨年1.87個)と増加し、習い事1つあたりの平均費用は6,990円(同8,260円)だった。年齢があがるほど習い事の数や費用が増える傾向にあり、小学校高学年の習い事数は平均2.17個、習い事費用は平均1万7,414円。

 習い事費用の負担感については、毎月の習い事平均費用が減少したものの、負担に感じる層がやや増加(昨年比2.8ポイント増)。51.5%が「やや負担」、9.2%が「非常に負担」と回答している。費用の捻出方法を聞くと、「外食費」「ママお小遣い」「美容費」「被服費」が上位となった。
《黄金崎綾乃》

編集部おすすめの記事

特集

page top