教育ICT用語

【高校受験2016】大阪府公立高「実施要項」を公開…自己申告書テーマ決定

教育・受験 中学生

大阪府公立高校進学フェアでの資料(一部)
  • 大阪府公立高校進学フェアでの資料(一部)
  • 大阪府公立高校進学フェアでの資料(一部)
  • 大阪府公立高校進学フェアでの資料(一部)
  • 平成28年度一般入学者選抜実施校(一部)
 大阪府教育委員会は10月16日、「平成28年度大阪府公立高等学校入学者選抜実施要項」を公開した。学力検査等の時間割や配点、選抜に際して必要な事項などを記したもので、志願者全員が提出する自己申告書のテーマも記載している。

 選抜実施要項は、1月に公表した「平成28年度大阪府公立高等学校入学者選抜方針」に基づいて定めたもの。今回、新しく決定したおもな内容は、一般選抜の出願期日の延長。一般選抜(全日制)の出願期日は、これまで2日間だったが3日間に延び、3月3日~4日各午前9時~午後4時、7日午前9時~午後2時までとなる。定時制も全日制同日の3日間とし、出願時間は1日、2日目は午後3時~午後7時、3日目は午後3時~午後5時に変更となった。

 さらに、志願者全員(中国等帰国生徒および外国人生徒入学者選抜の志願者を除く)が出願時に提出する自己申告書のテーマが決定した。自己申告書は、生徒を多面的に評価することから導入されたもの。テーマは、「あなたは、中学校等の生活(あるいはこれまでの人生)でどんな経験をし、何を学びましたか。また、それを高等学校でどのように生かしたいと思いますか。できるだけ具体的に記述してください」。原則として志願者の自筆とし、アドミッションポリシー(求める生徒像)に基づく選抜をする際の資料などとなる。

 また、面接を実施する特別入学者選抜の対象となる高校は、布施北高校、成城高校、西成高校、長吉高校、箕面東高校、岬高校、桃谷高校、市立中央高校の8校。学力検査で府教育委員会が定める基準に達した生徒から面接の評価、自己申告書、調査書中の活動や行動記録を資料として、高校のアドミッションポリシーに適合する者から順に合格するもの。

 詳細はWebサイトで公開しており、募集人員について11月中旬に公表する予定。平成28年度大阪府公立高校の一般入学者選抜(全日制)の学力検査は3月10日、合格は3月18日に発表する。
《田中志実》

編集部おすすめの記事

特集

page top