教育ICT用語

落合シェフやつきぢ3代目に学ぶ「こども食堂」、イタリアンや和食に挑戦1/11

趣味・娯楽 小学生

 土屋環境教育振興財団は2016年1月11日、ららぽーと豊洲内のABCクッキングスタジオで、小学4年生~6年生を対象とした料理教室「こども食堂」を開催する。特別講師に、落合務氏と田村隆氏を招き、イタリアンと和食のおもてなし料理を学ぶ。

 土屋環境教育振興財団が実施する「こども食堂」は、「旬」が曖昧になってきた今、野菜の旬を学び、旬の食材を使った料理を作り、旬に食べる大切さ、誰かのために作る楽しさを使えることを目的としている。

 特別講師にラ・ベットラ・ダ・オチアイの落合務氏と、つきぢ田村の三代目主人 田村隆氏を迎え、イタリアンと和食のおもてなし料理を学ぶ。当日のようすはラジオ番組「J-WAVE HOLIDAY SPECIAL」にて生中継され、八百屋 瑞花の矢嶋文子氏から学ぶ、「野菜の旬の見分け方」は大人も必聴だという。

 「こども食堂」の参加対象は小学4年生~6年生まで。午前の部(午前10時から)にイタリアン、午後の部(午後3時から)に和食の教室が開催される。1コースあたり約4時間を予定しているが、延びる場合もある。参加費は無料。

 申込みは12月20日まで、FAXもしくはメールで受け付けている。定員は各コース30名だが、希望者が多い場合は抽選となる。保護者は、子どもが作った料理を一緒に食べることができる。

◆こども食堂
対象年齢:小学4年生~6年生
日程:2016年1月11日(月・祝)
時間:イタリアン/午前の部10:00~、和食/午後の部15:00~
定員:60名(イタリアン30名、和食30名ずつ)
場所:ららぽーと豊洲内ABCクッキングスタジオ
費用:無料
応募期間:2015年12月10日(木)~12月20日(日)24:00
応募方法:FAXもしくはメールにて受付
※希望者が多い場合は抽選となる
※1コースあたり約4時間を予定しているが、延びる場合もある
《外岡紘代》

編集部おすすめの記事

特集

page top