教育ICT用語

【話題】受験生応援川柳にエール続々、企業や公式キャラも参加

デジタル生活 その他

【話題】受験生応援川柳にエール続々、企業や公式キャラも参加(画像はイメージ)
  • 【話題】受験生応援川柳にエール続々、企業や公式キャラも参加(画像はイメージ)
  • 第1回「受験川柳」優秀賞
  • 第1回「受験川柳」高校生特別賞
  • 受賞作品9句がしおりに
 1月16日のセンター試験を前に、今年の受験生や過去に受験生だった大学生、社会人らがTwitterで「受験生応援川柳」をつぶやいている。1月13日午後2時現在、川柳にはさらに一般企業や塾講師も参加し始め、受験生に対する応援ムードが高まり始めた。

 「受験生応援川柳」をつぶやいているのは、1月16・17日にセンター試験を受験する受験生のほか、過去に受験生だった頃を振り返り受験生を励まそうとする大学生や社会人。なかには「反面教師」としてアドバイスできれば、と意気込むユーザーの応援メッセージも見られる。

 1月13日正午よりつぶやきが増加し始め、午後2時時点では東急グループや井村屋、コイケヤのキャンペーンアカウントも川柳に参加。さらに、富士急ハイランドや専門学校の公式キャラも応援に乗り出した。「なによりも 大切なのは 自身なり」(コイケヤキャンペーン)「頑張って 努力は必ず 報われる」(東急グループ公式)など、受験に臨む生徒たちを力いっぱい励まそうとする意気が伝わってくる。

 「受験生応援川柳」の発起人は、1月12日午後7時26分に「川柳で応援でもいかがでしょう」と呼びかけた森田アルミ工業。このつぶやきに参加するには、自らのツイートにハッシュタグで「受験生応援川柳」を加え、投稿する。五七五に心を込め、受験生に応援を届けてみてはいかがだろうか。

 なお、赤本でお馴染みの教学社が発表した第1回「受験川柳」の優秀賞は「人生を 決める小さな 選択肢」(作・とんがりトマト)だった。第2回の受験川柳は現在、教学社Webサイト「受験川柳」で9月15日まで作品を募集している。

◆受験生応援川柳に対するネットユーザーのコメント
「勉強した!努力した!だから自分は受かるんだ!という自信が大切です(コイケヤキャンペーン公式アカウント)」「(お米は)試験中でも腹もちがいいビオ(新潟農業・バイオ専門学校のアビオちゃん)」「受験生の皆さんがんばれ!(サン宝石)」「頑張ってください。ピンクも応援するわ。風邪ひかないように…ね(ドドンパ・ピンク@富士急公式)」
《佐藤亜希》

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!メルマガ登録はこちらをクリック