リセマム6周年

【センター試験2016】(2日目)理科1の難易度…化学基礎は難化・地学基礎は易化

教育・受験 高校生

大学入試センター
  • 大学入試センター
  • 予備校別 難易度「理科1」
 大学入試センター試験2日目の1教科目に実施された理科1(物理基礎/化学基礎/生物基礎/地学基礎)について、東進、ベネッセ・駿台、河合塾、代々木ゼミナール、城南予備校の大手予備校が速報した難易度をまとめた。昨年と比較分析している。

◆物理基礎
 代々木ゼミナールがやや易化としているのに対し、城南予備校がやや難化と評価がわかれた。代々木ゼミナールは「教科書レベルの基本問題が中心の出題」、城南予備校は「受験生にとって取り組みにくい問題が出題された」などと分析した。

◆化学基礎
 すべての予備校が難化もしくはやや難化とした。難化とした代々木ゼミナールは「計算問題が増加し、知識問題・計算問題ともに考察力を必要とする問題が増加した」、東進は「教科書の内容が偏りなく出題された」「解答に要する時間が増加した」などと分析した。

◆生物基礎
 城南予備校がやや難化とし、他は昨年並みと分析。城南予備校はやや難化の理由として「考察問題の出題があったことと、計算問題に手間取る可能性があったこと」をあげる。

◆地学基礎
 すべての予備校が易化もしくはやや易化と分析。すべての設問で選択肢が4つとなり、正答を絞りやすかったようだ。東進は「2015年の追試に似ている」、代々木ゼミナールは「知識は教科書の内容で十分対応できる」などと分析している。

 詳細については、各予備校のWebサイトで確認いただきたい。
《田村麻里子》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)