リセマム6周年

日本ハム、キッザニア東京に新パビリオン「ソーセージ工房」出展

趣味・娯楽 その他

キッザニア東京・新パビリオン「ソーセージ工房」
  • キッザニア東京・新パビリオン「ソーセージ工房」
  • キッザニア東京
 日本ハムは、キッザニア甲子園の人気パビリオン「ソーセージ工房」を新たにキッザニア東京に出展すると発表した。オープンは3月17日。子どもたちは専門の機械を使用して本格的なソーセージ作りを体験できる。

 「ソーセージ工房」は、日本ハムが2014年3月にキッザニア甲子園にオープンした人気のパビリオン。子どもたちはソーセージ職人となり、ひき肉にスパイスや塩を混ぜたあと、「スタッファー」という専用の機械を使用して羊腸に肉を詰める製法で本格的なソーセージ作りの仕事に挑戦する。

 また「ソーセージ工房」パビリオンに併設して、日本ハムのあらびきウインナーを使用したホットドッグやブランド国産鶏肉を原料としたメニューを販売する実売店「シャウエッセン」も展開。食べる楽しさも味わうことのできるパビリオンとなっている。

 日本ハムでは、「食べること、楽しもう!」をスローガンに工場見学や小・中学校でのウインナー手作り体験教室など五感を通した食育活動を積極的に推進しており、今回のキッザニア東京への出展についても、子どもたちにソーセージを作るという体験を通して「食」に対する興味を高め、食べることの楽しさや食べ物を大切にする気持ちを育んでもらいたいとしている。

◆キッザニア東京「ソーセージ工房」パビリオン
スポンサー:日本ハム
オープン:3月17日(木)
定員:6名/1回
所要時間:約30分
《畑山望》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)